チラシ印刷のイイチラシTOP > データ入稿 > 入稿チェックリスト

入稿チェックリスト

お客様にもっとご満足いただける印刷物をつくるため、入稿チェックリストを用意しました。入稿前にご一読していただけると幸いです。

プリントアウト用のチェックリストもご用意しております。どうぞ、ご利用ください。
「入稿用チェックリスト」
>初心者の方にも分かりやすい解説つきの「データ入稿チェックシート」

入稿用チェックリスト

  • 入稿メディア・印刷発注書・出力見本(カンプ)がそろっている
    データの取り違えを防ぐため、「印刷発注書」にはかならず「使用ソフトのバージョン」と「出力ファイル名」を記入してください。
  • 入稿メディアの中に必要データがそろっている
    入稿データに漏れがあると、再入稿となります。ご注意ください。
  • 入稿メディアに不要なデータは入っていないか?
    ラフデータや使用しない画像などが入っていないか、確認してください。誤ったデータを印刷してしまう恐れがあります。
  • データは所定のサイズで作られているか?また、原寸で作られているか?
    データを所定のサイズ/原寸で作らないと、「仕上がりの余白が広くなる」「断裁時に必要な部分が切れる」ことがあります。
  • 塗り足しは3mm以上作成されているか?(正寸の場合)
    塗り足しは、断裁時に発生するズレを補正します。重要な文字は仕上り線から3~5mm内側に収めてください。
  • 画像や文字が絵柄サイズを超えていないか?(輪転サイズの場合)
    輪転サイズでは印刷可能範囲と用紙サイズが異なります。ご注意ください。
  • ファイル名の長さは適当か?特殊文字を使用していないか?
    ファイル名が長すぎると、「文字化け」や「リンク落ち」といったトラブルの原因となります。①②㈱などの特殊文字も使用しないでください。
  • RGB、スポットカラー(特色)のオブジェクトが残っていないか?
    印刷は「CMYK」の4色で表現されます。それ以外の色が混入すると5色・6色扱いになり、印刷できない可能性があります。
    1色や2色の場合、指定以外の色があるとその部分だけ印刷されない可能性があります。スポットカラー(特色)を使用する場合は必ずお知らせください。
  • 0.3pt未満の罫線を使っていないか?
    細すぎる線は表現できない可能性があります。0.3pt以上の罫線を使ってください。
  • 罫線の「塗り」に色を指定していないか?(かならず「線」に色を指定してください。)
    かならず「罫線」に色を指定してください。「塗り」に色指定した線は画面上では「線」のように見えますが、オフセット印刷では出力できません。
  • フォントはすべて「アウトライン化」されているか?
    アウトライン化されていないフォントは文字化けしてしまいます。アウトライン化するときはすべてのロックを解除し、表示した状態でおこなってください。
  • 画像のフォーマットは適正か?
    適正フォーマット
    □ モード→CMYK
    □ 画像解像度→300~350dpi推奨
    □ 保存形式→eps(配置画像「psd」データは統合してください)もしくはtiff
  • 不要なオーバープリントのチェックや孤立点は残っていないか?
    「スミ」以外に意図的なオーバープリントをかけたいときは、場所がわかるようにご指示をお願いします。
  • バックアップデータは保存されているか?
    入稿データはかならずバックアップをとってください。作業上のトラブルでデータが破損した場合の保証はいたしかねます。
  • CSのバージョン設定はあっているか
    CS4以上で制作されている方はCS3以下にバージョンを落として保存してください。
  • データは圧縮されているか?(メールやFTPで入稿する場合)
    圧縮されていないデータは、転送時に破損する可能性が高くなります。データ圧縮はかならずおこなってください。

初心者チェックリスト

ファイル名について

拡張子はかならずつける

ファイル名のドットからうしろの部分が、拡張子です。拡張子は、そのファイルがどんなソフト/アプリケーションをもちいて作られたかを特定する大事な手がかりとなります。データの破損を防ぐためにもかならずつけてください。以下に、「イイチラシ」が推奨している拡張子を掲載します。

■推奨拡張子
拡張子 読み方 備考
.ai えーあい Adobe Illustratorの拡張子
.eps いーぴーえす DTPで幅広く使われている拡張子
.tif てぃふ 画像データの拡張子
.pdf ぴーでぃーえふ 多くの環境で同様の状態で使える拡張子
.psd ぴーえすでぃー Adobe Photoshopの拡張子
記号を使わない

システムに依存する文字や、記号は使用しないでください。文字化けの原因となり、作業が停止してしまう恐れがあります。

(例)「 ; / : * ? " < > |」など半角記号や、半角カタカナ、ローマ数字、丸数字など

15文字以内に収める(拡張子を除く)

ファイル名は、全角15文字以内/半角英語30文字以内にとどめてください。WindowsとMacintosh間でのデータ移動のとき、ファイル名が表示されない、文字化けしてしまう、などの問題がおこる可能性があります。

画像について

画像はeps、tiff、psd形式で配置する

データ破損と使用ソフト判別のため、規定のeps、tiff、psd形式で画像を配置してください。
※jpegやpict形式は使えません。

画像を統合して1枚にしてください
psdは統合し透明部分をなくす
緑枠のボタンを押すとメニューが表示されます。次に赤枠の「画像統合」を選択してください。レイヤーが1枚になっていれば、作業完了です。
←フォトショップレイヤー(左図参照)
画像をCMYK形式に変更

RGB画像は使わないようにしましょう。RGBはPCのモニターでもちいられる色表現方法です。一方、印刷のときに使用される色表現方法をCMYKといいます。2つの色表現方法には差異があるため、モニター上で想定した色合いとは異なる印刷物ができる可能性があります。

RGB
RGB
赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の3つの光を混ぜて色を表現する。
CMYK
CMYK
シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、キー・プレート(Key Plate)の4色を混ぜて色を表現する。

イラストレーターについて

文字はすべてアウトライン化する

文字データをパスでできたオブジェクト(図形)の形に変えることを「アウトライン化」といいます。文字化けを防ぐために、必ずおこなってください。なお、一度データをアウトライン化すると元に戻すことはできません。バックアップを事前にとっておきましょう。

アウトライン化の手順
  1. 制作が終わったデータを保存する。
    メニュー「編集」から「すべてを選択」する
  2. メニュー「文字」から「アウトライン作成」を選ぶ
  3. すべての文字がアウトライン化される
  4. メニュー「ファイル」から「別名で保存」を選ぶ
  5. 別の名前をつけて「保存」をクリックする
上下左右に3mm余分に塗り足しをつける(化粧断裁の場合)

断裁するとき、ズレて余白部分が露出しないように「塗り足し」という作業をおこないます。
印刷物の内容は塗り足しの内側に納めるようにしてください。
例:B4サイズは257×364mmなので塗り足しつきで263×370mmです

塗り足し
断裁に誤差が出ても紙の色(余白)が出ません
絵柄サイズ内にデザインを収める(袋断裁の場合)

たとえば、B4サイズは257×364mmが絵柄限界寸法です。絵柄外のデザインは印刷されないので、かならず寸法を守ってください。

絵柄限界寸法よりはみ出た部分は印刷されません
袋断裁
イラストレーターの不要なレイヤーを統合する

レイヤーの誤操作を防ぐため、不要なレイヤーは統合しましょう。また、出力しないレイヤーは削除してください。

レイヤーの統合
レイヤーの統合
緑枠のボタンを押すとメニューが表示されます。
赤枠の「すべてのレイヤーを結合」」を選択してください。レイヤーが1枚になれば作業完了です。
印刷範囲外のオブジェクトは削除する

トンボを含めた総サイズ外の不要なオブジェクトを削除してください。トンボとは、印刷されたアートワークの裁断位置を示すものです。印刷機は、トンボをデータ読み込みの基準としています。不要なオブジェクトがあるとずれた状態で読みこまれ、印刷物のズレにつながる場合があります。

PDF、jpegなど全体がわかる見本を必ず添付してください。

データチェック用のPDFやjpegなどを添付してください。ただし、データチェックは文字化けなどの確認であり、校正ではありません。明らかな不具合が見受けられるときはご連絡差し上げますが、色味についてはデータ通りに印刷いたします。

どんな内容でもお気軽にご相談ください!

お問い合わせフォームはこちらから
お見積りフォームはこちらから

お急ぎの方はお電話でのお問い合わせも承っております。

0120-93-4747

受付時間:平日 10:00~18:30 / 土日祝 定休日

  • 受付担当:岩村
    受付担当:岩村

    印刷に未経験のお客さまにも、安心してご利用いただけるよう、丁寧でわかりやすい接客を心がけております。お気軽にお問い合わせください。

  • 受付担当:岡本
    受付担当:岡本

    デザイン制作から印刷まで、スタッフ全員一丸となってご対応させていただきます。印刷のご注文がございましたら何なりとお声かけください。

  • 60秒で送信完了!かんたん入力 お気軽にお問い合せください。
  • 印刷ご希望の方はまずお見積りを! 無料見積依頼

  • 初めての方へ
  • 法人の方へ

サイト内検索

かんたんチラシ料金計算機

サイズ
A3サイズ
  • A3サイズ(297×420mm)
  • A4サイズ(210×297mm)
  • A5サイズ(148×210mm)
  • A6サイズ(105×148mm)
  • A7サイズ(74×105mm)
  • B3サイズ(364×515mm)
  • B4サイズ(270×380mm)
  • B5サイズ(190×270mm)
用紙種類
コート紙
  • コート紙
    光沢があり一般的なチラシとしてオススメです。
  • マットコート紙
    光沢を抑え写真を綺麗に見せます。
  • 上質紙
    ボールペンや鉛筆などで書き込みやすく、
    FAXやコピー用紙として用いられることもあります。
  • 微塗工紙
    コート紙と上質紙の中間に位置する紙厚の薄い用紙です。
用紙厚さ
53kg
  • 48kg
  • 53kg
    コピー用紙よりも薄く、報告書等の冊子の本文用に使います
  • 58kg
  • 65.5kg
  • 67kg
  • 70kg
    一般的なコピー用紙と同じ厚さです。
  • 90kg
    チラシやカタログとして少し厚みのある用紙です。
  • 110kg
    パンフレットとして一般的な暑さです。
  • 135kg
    冊子の表紙など厚さが必要な時に。
色数
表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:白黒
  • 表:カラー 裏:なし
  • 表:白黒 裏:白黒
  • 表:白黒 裏:なし
部数
小計

イイチラシガイド

  • 注文の流れ
  • チラシ納期目安表

イイチラシグループサイト

  • イイフライヤー
  • 不動産チラシ.com
  • 塾チラシ.com
  • イイパンフ
  • ライズプリント
  • ライズカード

営業日カレンダー