スミベタとリッチブラック(Illustrator)

0120-93-4747 受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝
仕様から相談したい方
無料相談
仕様がお決まりの方
無料見積り

スミベタとリッチブラック

スミベタ、リッチブラック、4色ベタの違い

パソコンのモニタで見ても違いが分かりませんが、印刷をするとインクの量が異なるためそれぞれ違った黒色に表現されます。CMYKカラーでデータを作成する際、4色をかけあわせて作成した黒色を「リッチブラック」と呼びます。
スミベタよりも一般的にリッチブラックの方が、美しくしっとりした締まりある黒に仕上がると言われています。ただしリッチブラックは乾きにくく、裏写りが発生しやすくなるという特性があり、納期が延びる可能性があります。

スミベタ(K100%)
リッチブラック
4色ベタの

スミベタ(K100%)とリッチブラックの使い分け

スミベタ(K100%)とリッチブラックはそれぞれの特徴を活かし、用途によって使い分けます。細い文字や線にリッチブラックを指定すると、見当ズレ(版ズレ)が発生した際に文字がぼやけ読みにくくなることがあります。
弊社でのデータチェック対象外となりますのでご注意ください。

4スミベタ(K100%)とリッチブラックの使い分け

スミベタ(K100%)で作成されたオブジェクトについて

K100%のオブジェクトは、オーバープリントされます。

スミベタ(K100%)で作成されたオブジェクトについて

こちらの現象を避けるため、黒色を表現させる際は以下の対応をお願いいたします。
データチェックの対象外となりますのでご注意ください。

1.K99%にする
2.K100%+他のインクを1%どれか加える
3.リッチブラックにする

Adobe Illustrator データ入稿ガイド

どんな内容でもお気軽に
ご相談ください!

  • お急ぎの方はお電話ください。

    0120-93-4747

    受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝

  • 仕様を決めるところから相談したい方は

    無料相談
  • 仕様がお決まりの方は

    無料見積り
PAGE TOP