セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ >
  3. 【飲食店チラシの作成】カフェ/居酒屋の集客をアップするポイント3つ

【飲食店チラシの作成】カフェ/居酒屋の集客をアップするポイント3つ

お客が並んでいるカフェ

カフェや居酒屋など飲食店のチラシは〇〇が命!!飲食店チラシならではのポイントがあるのです。「チラシを打てば効果が出る」と安易に考えてはいけません。効果につながるチラシ作成が必要なのです。

>>イイチラシなら飲食店でのチラシ製作も実績豊富!無料相談はこちらから!

飲食店チラシには飲食店ならではの作成ポイントがあります

どの業種でも言えることですが、チラシ・広告を打てば必ず集客につながるわけではありません。効果的な広告でなければ、お客さんに「行ってみよう」と思ってもらえないのです。

多くの経営者の方が、チラシ作成や集客に頭を悩ませているとか… お店のカラーに合ったチラシや気持ちを前面に押し出したチラシも良いですが、お客さんの心理を捉えて、心をつかむチラシの作り方が望ましいでしょう。

お客様が「行ってみたい!」と思えるチラシの3つのルール

1. 掲載する情報を絞る

シンプルな飲食店のチラシ

たくさんの情報を載せたくなるのですが、情報量が多すぎるとゴチャゴチャした印象になってしまいます。

特に居酒屋の場合は、掲載したい情報量が多くなりやすいので、キャンペーンの内容に絞ったり、忘年会シーズンは宴会の情報に絞るなど、集客したいターゲットに合わせた情報に絞ることが必要でしょう。
情報が多すぎてゴチャゴチャしてしまうと、最も伝えたいことがぼやけてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、カフェなどのお客さんにおしゃれなイメージを持ってもらいたい飲食店は、チラシのデザインもおしゃれである必要があります。用紙選びにおいても、安っぽくならないようにする必要もあるでしょう。
ゴチャゴチャさせず、おしゃれに的確な情報を伝えることが大切です。

2. ターゲットを明確にする

忘年会向けチラシを見て笑顔の男性

魅力的だと感じる情報は、その年代や年齢によって違います。カフェならばwifi環境の有無やゆったりくつろげる雰囲気、といったことがターゲットにとって魅力的な情報と言えます。
まずは、ターゲットを絞りターゲットが飲食店に対して、どんなことを求めているのかを研究することが必要になります。

ターゲットが求めていることがわかれば、先に紹介した情報の絞り込みも確実なものになるでしょう。

3. 食べたい・飲みたいと思われる写真

ステーキ

やはり飲食店の広告は、おいしそうな写真が必須でしょう。飲食店を選ぶポイントとして、お客さんは店の雰囲気も考慮しますが、やはり食べ物・飲み物が美味しいお店を選ぶでしょう。

お店のメニューは、そのお店の看板とも言えますから、写真撮影は手を抜いてはいけないポイントです。料理の美味しさを、文字で表現することは難しいですが、美味しそうな写真があればそれは解決できるでしょう。
料理の写真は光や構図が大切になりますし、撮影は簡単ではありません。そのため、料理の写真だけプロに依頼するお店も少なくないようです。

飲食店のチラシ印刷に関する主な悩み4つ

自作で効果が出るのか?

自作チラシかプロに頼むかで悩んでいる女性

チラシの作成を自分で行うか、プロに依頼するのかで迷う方が多いです。もちろん、プロに依頼した方が、楽ですし完成度の高いものに仕上がる可能性が高いでしょう。
最近は、手書きのチラシが注目されていますが、センスのない手書きチラシは逆効果の可能性もあるでしょう。また、広告費に費用をかけているかどうかで、信頼性の有無を判断するお客さんもいるのも実状でしょう。

自作チラシは、費用を抑えられるというメリットもあります。顧客の心理を捉えたチラシであれば、費用を抑えて高い効果を出すことも可能でしょう。

チラシのデザインと印刷は別の会社に依頼した方が良いのか

イイチラシデザイン実績

チラシのデザインと印刷を同じ会社に依頼した方が、費用を抑えられる場合が多いでしょう。しかし、プロのデザイナーが全ての印刷会社に所属しているとは限りません。
また、デザイナーによって得意ジャンルもありますから、飲食店のチラシデザインを得意としているデザイナーがいるか、デザインの実績などを確認して考慮することが必要でしょう。

イイチラシには、20人以上のデザイナーが在籍していますので、自分の希望に合ったデザインを依頼することが可能です。

どの用紙が良いのかわからない

どんなにデザインが良くても、用紙の質によってお客さんが受ける印象は違ってきます。
コート紙は発色が鮮やかなので、再現性が高く、料理の写真を掲載する飲食店チラシにも多く使われている用紙です。また、マットコート紙は発色の鮮やかさはコート紙に劣りますが、高級・上品といったイメージを与えることができるでしょう。
コピー用紙としても使用されている上質紙は、発色など他の用紙に劣りますが費用を抑えることが可能です。

費用面はもちろん、お店のイメージ広告のデザイン(料理写真)などを考慮して、用紙を選ぶことが大切でしょう。

クーポン券をつけるかどうか迷っている

クーポン券で喜ぶ女性

クーポン券をつけることで、集客効果はグンと高くなります。しかし、チラシ(クーポン)を配布した時はお客さんがたくさん来ても、クーポンの期限が切れるとお客さんの数が減ってしまう可能性も否定できません。

新規オープンやリニューアルでクーポンを配布することは良いかもしれませんが、毎回クーポンを配布しなければお客さんが来てくれないのでは困りものです。
クーポンがなくても、リピートされるお店の体制作りが必要になるでしょう。