チラシ印刷のイイチラシTOP > セールスプロモーション > チラシ作成コツ > 【魅力的なフライヤーの作り方】サイズ/デザイン/印刷用紙えらび
フライヤー

【魅力的なフライヤーの作り方】サイズ/デザイン/印刷用紙えらび

フライヤーチラシのサイズ、デザインのポイント、フライヤーに適した印刷用紙の種類や選び方など、魅力的で販促効果の高いフライヤーチラシを作るための知識やコツを教えます!

>>フライヤーでお悩みならイイチラシにお任せ!無料相談はこちらから!


魅力的なフライヤーチラシの作り方

イイチラシで作成したフライヤー

フライヤーチラシは、新聞折込チラシに比べると、ずっと小さいのが特徴。小さなフライヤーチラシに載せられる情報は限られています。しかし、それが必ずマイナスポイントになるということはありません。魅力的にデザインすることで、たくさんの人が手を伸ばす優れた販促ツールにすることができます。サイズ、デザイン、紙えらびなど、魅力的なフライヤーチラシ作りのための知識とコツを紹介。

フライヤーチラシはミニサイズ!A5が一般的

バックに入りやすいチラシのサイズ

フライヤーチラシのサイズは、A5のものが一般的によく利用されています。手持ちのフライヤーの場合は、A6の利用割合が多いです。

利用割合の多いチラシのサイズ

  • 新聞折込チラシ B4(257cm×364cm)、B3(364cm×515cm)
  • フライヤーチラシ A5(148cm×210cm)、A6(105cm×148cm)

フライヤーチラシは、お店のテーブルに置かれたり、街角で手配りされたりして、人の手に渡るものです。ですから、お客さんが気軽に手に取ったり、バッグに入れたりしやすい仕様でなければいけません。

フライヤーチラシが新聞折込チラシよりもずっと小さいのは、手にしやすいサイズであることが大切だからなのです。

※新聞折込チラシのサイズで、一番多いのがB4です。次いで多いのが、B4の2倍のB3です。

魅力的にフライヤーをデザインするポイント3

フライヤーチラシを作る上で、もっとも力を入れるべき要素が、デザインです。販促ツールは、デザインのセンスが良くなければ、相手の心をつかみ集客アップの結果を得ることはできません。フライヤーチラシを効果的な販促ツールにするため、魅力的なデザインにするポイントを抑えておきましょう。

ポイント1:載せる情報を絞って見やすくする

複数掲載を悩んでいる広報担当

小さなフライヤーチラシは印刷面積もせまく、載せることのできる情報量が限られています。ですから、不要な情報は省くことが大切です。一番伝えたい事柄のみを、ピンポイントで載せるようにしましょう。

載せたい情報がたくさんあっても、スーパーの特売チラシのような、びっしりしたデザインにするのはNG。情報量が多すぎるチラシは、見た目にもうるさくなって、相手の見る気・読む気を削いでしまいます。

フライヤーチラシのデザインは、情報を絞った見やすいデザインにするのがルールです!

ポイント2:季節やイメージに合った色にする

春の桜と夏の海の風景

フライヤーチラシの色は、季節に合ったものにしましょう。たとえば、夏季のセールなら青や水色、秋季のイベントなら赤やオレンジ、クリスマスなら赤と緑が適しています。季節に合った色にすると、フライヤーの存在を相手に記憶してもらいやすくなります。

季節は関係ない内容のチラシでも、やはり色の使い方は重要です。たとえば新商品を宣伝するチラシだったら、その商品のイメージカラーを基調にデザインするのが鉄則です。

ポイント3:色調の異なるカラーも使用する

カラーカードの様々な色

カラーリング(色の組み合わせ方)も重要です。悪い例が、先ほどのイメージカラーというルールに縛られ過ぎて、同系色ばかり使ってしまうというもの。同系色ばかり使うと、メリハリに欠ける印象の薄いチラシになってしまいます。

メリハリを出すために、色調の異なるカラーも使うようにしてください。たとえばバックが黒で、文字を強調させたい場合には、白やピンク、黄色などの色を使うのがお勧めです。お店の名前やイベントの開催日など、重要な部分を際立たせたい場合にも、このカラーリングが効果的です。

フライヤーには、厚い印刷用紙を使いましょう

フライヤーチラシには、厚みのある印刷用紙を使うのがポイント。紙に厚みがあると、特別感や高級感を出せるので、手に取ってもらいやすくなります。デザインセンスも優れていたら、より宣伝効果がアップするでしょう。「とっておきたい」「しばらく捨てたくない」という気持ちになるからです

フライヤーに適している印刷用紙には、上質紙、コート紙・マットコート紙・ミラーコート紙ユポ紙など、たくさん種類があります。光沢や耐水性の有無など、それぞれの特徴をよく理解してください。

それぞれの用紙の特徴を理解したら、次は適切に選択ができるようになりましょう。高級感を出したいから光沢の強いミラーコート紙、野外で手配りするものだから耐水性のあるユポ紙、といった具合です。使用用途や「何を演出したいのか」が、フライヤーの用紙をえらぶ上でのポイントです。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

チラシ 印刷のイイチラシ

チラシと印刷に関する事はイイチラシトップページリンク

チラシと印刷の事ならイイチラシへ!あなたのご希望にマッチしたデザインも可能です。会社で頼まれて自分で作ったけどデザインが…、デザインは作れるけど家庭用プリンターで印刷したら××
という方のお力になります!チラシ作成の事、デザイン、印刷に関する事はイイチラシにお任せください!

どんな内容でもお気軽にご相談ください!

お問い合わせフォームはこちらから
お見積りフォームはこちらから

お急ぎの方はお電話でのお問い合わせも承っております。

0120-93-4747

受付時間:平日 10:00~18:30 / 土日祝 定休日

  • 受付担当:岩村
    受付担当:岩村

    印刷に未経験のお客さまにも、安心してご利用いただけるよう、丁寧でわかりやすい接客を心がけております。お気軽にお問い合わせください。

  • 受付担当:岡本
    受付担当:岡本

    デザイン制作から印刷まで、スタッフ全員一丸となってご対応させていただきます。印刷のご注文がございましたら何なりとお声かけください。

  • 60秒で送信完了!かんたん入力 お気軽にお問い合せください。
  • 印刷ご希望の方はまずお見積りを! 無料見積依頼

  • 初めての方へ
  • 法人の方へ
  • マンガで解説!イイチラシの印刷サービス

かんたんチラシ料金計算機

サイズ
A3サイズ
  • A3サイズ(297×420mm)
  • A4サイズ(210×297mm)
  • A5サイズ(148×210mm)
  • A6サイズ(105×148mm)
  • A7サイズ(74×105mm)
  • B3サイズ(364×515mm)
  • B4サイズ(270×380mm)
  • B5サイズ(190×270mm)
用紙種類
コート紙
  • コート紙
    光沢があり一般的なチラシとしてオススメです。
  • マットコート紙
    光沢を抑え写真を綺麗に見せます。
  • 上質紙
    ボールペンや鉛筆などで書き込みやすく、
    FAXやコピー用紙として用いられることもあります。
  • 微塗工紙
    コート紙と上質紙の中間に位置する紙厚の薄い用紙です。
用紙厚さ
53kg
  • 48kg
  • 53kg
    コピー用紙よりも薄く、報告書等の冊子の本文用に使います
  • 58kg
  • 65.5kg
  • 67kg
  • 70kg
    一般的なコピー用紙と同じ厚さです。
  • 90kg
    チラシやカタログとして少し厚みのある用紙です。
  • 110kg
    パンフレットとして一般的な暑さです。
  • 135kg
    冊子の表紙など厚さが必要な時に。
色数
表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:白黒
  • 表:カラー 裏:なし
  • 表:白黒 裏:白黒
  • 表:白黒 裏:なし
部数
小計

サイト内検索

イイチラシガイド

  • 注文の流れ
  • チラシ納期目安表

イイチラシグループサイト

  • イイフライヤー
  • 不動産チラシ.com
  • 塾チラシ.com
  • イイパンフ
  • ライズプリント
  • ライズカード

営業日カレンダー

  • New title