加工

表面サイジング
製紙工程において、紙の表面に「サイズ剤」と呼ばれる製紙用の薬剤をコーティングすること。毛羽立ち防止だけでなく、……
>続きを読む
ラミネートパウチ
印刷物の表裏にフィルムを貼り、端を留める加工。印刷物が完全密封されて、防水などの表面保護効果が強くなる。
>続きを読む
まわし折り
刷り本のページを正しく並べる折り方の一種。「直角折り」とも呼ばれる。一回目の折り目に対し、折り目が直角になるよ……
>続きを読む
マシン仕上げ
ザラつきのある用紙に対して、抄紙機に付属してある「カレンダー」と呼ばれる機械を使用し、紙の光沢や平滑性を向上さ……
>続きを読む
スーパーカレンダー
カレンダリングと呼ばれる製紙工程を行うための機械。抄紙機に付属された通常のカレンダーに対し、スーパーカレンダー……
>続きを読む
透かし
光に紙を透かす際に見える模様のこと。「透かし模様」とも呼ぶ。透かしを入れる手法としては、プレス時に凹凸模様をつ……
>続きを読む
サイズプレス
製紙過程における加工処理(表面サイジング)、またはその処理を行う機器のこと。サイズプレスでは、インクにじみを防……
>続きを読む
サイズ
紙の毛羽立ちなどのトラブルを防ぐ目的として、サイズプレスという製紙過程での処理で使用される薬剤(サイズ剤)。あ……
>続きを読む
型押し
用紙の表面に対し圧力を加え、特定の箇所を凸凹させ、絵柄や文字を立体的に表現する加工方法。
>続きを読む
カバー
本の表紙の上にかける厚手紙で、絵やタイトルの印刷紙のほか、ビニールを利用することもある。カバーは、表紙の保護と……
>続きを読む
型抜き函
板紙で作られた紙器や木箱の表面に紙を貼って作る化粧箱(貼函)に似せた、小口側を折り返し、接着剤で仕上げる函(か……
>続きを読む
エンボス加工
凹状の型と凸状の型のあいだに紙を置き、圧を加えて紙面を盛り上げ、紙に凹凸を刷り出す加工方法のこと。印刷や箔押し……
>続きを読む
表面加工
紙の装飾や耐水性、耐油性などの強度を高めることを目的として、カバー紙や板紙の表面にニスなどを塗る加工処理。ある……
>続きを読む
仮製本
糸で冊子の中身を確実に綴じ、厚みのある表紙でくるむ上製本(ハードカバー製本)の工程に対し、仮製本は工程上のコス……
>続きを読む
横三方化粧
製本工程のひとつである裁断において、角トンボなどを目安に指定や規格に忠実なサイズで裁断する、最大寸法を目的に行……
>続きを読む
焼き付け
平板印刷において、印刷紙やフィルムなどを対象に、原版を密着あるいは投影し、像を露光する作業のこと。また、このと……
>続きを読む
マスク
カラー印刷時に行うマスキング処理に使用する材料のこと。または、Adobe Systems社のソフト「Photo……
>続きを読む
ポストプレス
印刷物の制作工程において、印刷を行った後の加工作業などを指す。折り、綴じ、断裁などの後処理作業のこと。ポストプ……
>続きを読む
ニス刷り
カバーや表紙などの耐磨耗性、耐水性、汚れ防止などのため、表面に皮膜を貼る加工手法。用紙の風合いを損ねず、表面に……
>続きを読む
ノースーパー品
微塗工紙の仕上げにカレンダー加工を軽めにかけたマット加工品。また、カレンダーを全くかけない場合もある。ノースー……
>続きを読む
ラミネート加工
印刷物などの対象に、ポリエチレンを原料とした透明のフィルムを張り合わせて加熱する加工。「パウチ加工」「ラミ加工……
>続きを読む
マスキング
カラー印刷の際、原稿通りの色情報を再現することを目的として、写真製版の工程上で修正を施す処理のこと。マスキング……
>続きを読む
ノド
書籍の背中側(綴じ目に近い側)のこと。平綴じや無線綴じの場合など、製本する際の綴じ方次第で見づらくかつ開きにく……
>続きを読む
余丁
全ての製本工程が完了した後に余った折丁。「余り丁」ともいう。限定出版などの場合において余丁が発生した際には、発……
>続きを読む
製版
印刷工程における作業のひとつ。印刷用に用いられる刷版と呼ばれる版を作成すること。製版(せいはん)と読む。製版方……
>続きを読む
ページ物
複数ページがある、冊子となった印刷物のこと。「ページもの」「頁物」とも表記する。ページ物の綴じ方には様々な方法……
>続きを読む
ニアレストネイバー法
レタッチソフトのPhotoshopでの操作における、画像をドットで表現したビットマップ画像を拡大縮小する際に画……
>続きを読む
投げ込み
製本後にはがきやカード、アンケート、正誤表などを差し込む作業のこと。あるいは差し込まれた印刷物そのものを指す。……
>続きを読む
中開き
冊子類を開いた際に、左右・天地のページが向き合った状態のこと。または、向かい合った左右のページそのもののこと。……
>続きを読む
断裁
印刷や製本の過程において、断裁機を使って紙をカットする作業のこと。「裁断」と混合されることが多いが、裁断は主に……
>続きを読む
断ち落とし
化粧断裁によってカットする仕上げ位置と断ち位置の間、あるいはそれをカットする作業のこと。また、裁断した紙屑も断……
>続きを読む
ユポ
ユポ・コーポレーションが登録商標を持つ、主原料にポリブロピレン樹脂を用いたフィルム法の合成紙。製造工程において……
>続きを読む
ワンプ
製紙・印刷工場で用いられる、印刷に使う用紙を包む包装紙。または用紙を包む動作のこと。荷崩れ防止や印刷紙を守るた……
>続きを読む
打返し
裏表のページを紙の片側へ面付けし、裏返したのちにもう片面に印刷する方法。どん天返し、またはがんどう返しとも呼ば……
>続きを読む
糸綴じ
糸を用いた上製本の綴じ方。本は中身がバラバラにならないように、折り丁を連合しなければならない。その結合作業を「……
>続きを読む
あじろ綴じ
製本時において、紙を折る際に背の部分に、機械的に細かな切れ目(スリット)を入れ、そこから接着剤で綴じる方法。切……
>続きを読む
四つ折り
版本のページが正しい順番で並ぶように、2回折って小口が4枚になるように加工した状態のこと。「クロス折り」とも呼……
>続きを読む
PP貼り
紙の表面にポリプロピレン(PP)フィルムを貼る加工処理のこと。表面の保護をするために行う。また、PP貼りを行う……
>続きを読む
中綴じ
本の中身を綴じる製本方法のひとつ。紙の折り目部分を、針金を使って綴じる手法である。背がないため背文字を入れられ……
>続きを読む
化粧断裁
印刷物や本を作成する過程において、断裁機で切る方法の一種。「化粧裁ち」とも呼ばれる。四隅に配置される角トンボと……
>続きを読む
グロス
PP(ポリプロピレン)加工の一種で、印刷面に光沢・ツヤを出すために用いられる加工。塗工紙の中でも、印刷用紙に光……
>続きを読む
折り
1枚の紙を、それぞれの使い道に合わせた形で折り畳んでいく加工法のこと。折り加工を使ってページを増やし、レイアウ……
>続きを読む

カテゴリから選ぶ

読みから選ぶ

最新追加ワード

  • 60秒で送信完了!かんたん入力 お気軽にお問い合せください。
  • 印刷ご希望の方はまずお見積りを! 無料見積依頼

  • 初めての方へ
  • 法人の方へ

かんたんチラシ料金計算機

サイズ
A3サイズ
  • A3サイズ(297×420mm)
  • A4サイズ(210×297mm)
  • A5サイズ(148×210mm)
  • A6サイズ(105×148mm)
  • A7サイズ(74×105mm)
  • B3サイズ(364×515mm)
  • B4サイズ(257×364mm)
  • B5サイズ(182×257mm)
用紙種類
コート紙
  • コート紙
    光沢があり一般的なチラシとしてオススメです。
  • マットコート紙
    光沢を抑え写真を綺麗に見せます。
  • 上質紙
    ボールペンや鉛筆などで書き込みやすく、
    FAXやコピー用紙として用いられることもあります。
  • 微塗工紙
    コート紙と上質紙の中間に位置する紙厚の薄い用紙です。
用紙厚さ
53kg
  • 48kg
  • 53kg
    コピー用紙よりも薄く、報告書等の冊子の本文用に使います
  • 58kg
  • 65.5kg
  • 67kg
  • 70kg
    一般的なコピー用紙と同じ厚さです。
  • 90kg
    チラシやカタログとして少し厚みのある用紙です。
  • 110kg
    パンフレットとして一般的な厚さです。
  • 135kg
    冊子の表紙など厚さが必要な時に。
色数
表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:白黒
  • 表:カラー 裏:なし
  • 表:白黒 裏:白黒
  • 表:白黒 裏:なし
部数
小計
  • マンガで解説!イイチラシの印刷サービス
  • 2018年度版オリジナルカレンダー印刷

サイト内検索

イイチラシガイド

  • 注文の流れ
  • チラシ納期目安表

イイチラシグループサイト

  • イイフライヤー
  • 不動産チラシ.com
  • 塾チラシ.com
  • イイパンフ
  • ライズプリント
  • ライズカード

営業日カレンダー

  • New title