ラミネートパウチ
印刷物の表裏にフィルムを貼り、端を留める加工。印刷物が完全密封されて、防水などの表面保護効果が強くなる。
>続きを読む
落丁
冊子類の丁合作業において、一部の折り丁(刷り本を折ったもの)が脱落した状態で製本されてしまうトラブル、または抜……
>続きを読む
ラフ
ラフカンプ、ラフスケッチ参照
>続きを読む
ラフスケッチ
デザイナーや編者が、記事の掲載ページやイラストの仕上がり、レイアウトを簡潔に描き示したアイディアスケッチのこと……
>続きを読む
ラミネート加工
印刷物などの対象に、ポリエチレンを原料とした透明のフィルムを張り合わせて加熱する加工。「パウチ加工」「ラミ加工……
>続きを読む
ライトテーブル
透過光が必要な製版工程において、フィルムデータの訂正やチェック、貼り込み作業、版の見当合わせなどで使用する作業……
>続きを読む
ラフカンプ
仕上がりのイメージをクライアントに理解してもらうため、デザイナーが作成する写真・イラスト・文字の位置・大きさを……
>続きを読む
ラスタライズ
画像編集ソフトに搭載されている機能のひとつ。画像形式には「ラスタ形式」と「ベクタ形式」の2種類あり、ラスタライ……
>続きを読む
乱丁
丁合作業の際に、折丁の順番に誤りが生じること。または折り作業時の順序を間違えてしまうことで、ページ順が乱れてし……
>続きを読む

流用版
一度掲載した広告や図版を保存しておき、その他の印刷物のために使用する版のこと。
>続きを読む
リライト
執筆者以外の人物が文章に手を加え、より読みやすいものに仕上げること。内容が逸れていないか、誤字脱字はないかなど……
>続きを読む
リッチブラック
K100%(スミベタ)で表現した単色ではなく、CMYカラーを重ね合わせて表現した黒色のこと。リッチブラックを使……
>続きを読む
立体印刷
平面物の印刷において、立体感を感じられるように印刷する技法。立体印刷には、赤青メガネを使用することで、立体視が……
>続きを読む
輪転印刷機
印刷工程で使われる機械のひとつ。「オフ輪」と呼ばれることもある。印刷は巻取紙(ロール紙)で行い、給紙や折部、断……
>続きを読む
リーフレット
一枚の紙に印刷を施した、チラシやDMなどの総称。1枚の紙をコンパクトに折りたたんだものも含めてリーフレットと呼……
>続きを読む

ルーラ
テキストエディタなどのDTPソフトにおいて、ウィンドウの上部・左部に表示されており、文章を開始する位置やタブ位……
>続きを読む
ルビ
ふりがな、またはふりがな用に使用される活字のことを指す。拗促音(小さい「つ」や「や」「ゆ」「よ」など)はルビと……
>続きを読む

取引上における洋紙や板紙の単位。一定のサイズに整えられた洋紙1,000枚分、あるいは板紙100枚分を1連とし、……
>続きを読む
連続封筒
印刷のために連続してつながっている、ミシン目などで折られた封筒のこと。テープや四方のりがついたものがあり、給与……
>続きを読む
レインボー印刷
インキを溜めておくインキ溝に仕切りを設置し、複数のカラーで紙の一方向を刷り分けて隣同士の色間を滲ませることで、……
>続きを読む
レジスターマーク
印刷・製版工程において、印刷物の中央位置がどこなのかを示し、見当ズレを防ぐために置かれるマークのこと。「レジス……
>続きを読む
レターサイズ
米国で規格化され、主に北米圏で使用されている便箋(書簡箋)のサイズのこと。「LTR」または「国際判」ともいう。……
>続きを読む
連量
紙1連あたりの重さ(kg)のこと。「連」は紙1,000枚(板紙100枚)を示す単位である。通常、連量が重いもの……
>続きを読む
連続階調
網点で構成されたものではなく、写真原稿などのように、複数カラーの濃度段階が滑らかに変化しているグラデーションの……
>続きを読む
レイヤー
画像の編集を行うソフトウェアに搭載された機能のひとつで、無料で使える「Pixia」や「GIMP」などのフリーソ……
>続きを読む
レタッチ
画像編集ソフトにおける、取り込んだ画像データの色調を整える機能のこと。またはその修正作業そのもの。特にデータの……
>続きを読む
レイアウト
文字や図形、写真、イラストなどの配置を視覚的にデザインする指定作業のこと。「割り付け」とも呼ばれる。レイアウト……
>続きを読む

ローラー目
オフセット印刷や凸版印刷において、用紙の左右方向にできる筋のようなムラ。印刷方向に対し直角にでき、濃度の高いイ……
>続きを読む
ローラー飛び
インキローラーが版面に対し均等に接しないことで生じる、等間隔に繰り返される縞ムラのこと。ローラーの硬度が適正で……
>続きを読む
ロット
製造数を表す単位。本来は「一組」「一山」といった意味を持つ。一度に作る数量は「ロットサイズ」と呼ばれる。「小ロ……
>続きを読む
ロータリースクリーン印刷機
シルクスクリーン印刷とグラビア輪転印刷の特徴を持つ、円筒型をしたスクリーン版を用いた印刷機。印刷対象が移動する……
>続きを読む
ロットナンバー
紙の製品生産時のデータを管理する製造番号のこと。「ロット番号」ともいう。紙は同じ種類のものでも、製造されたタイ……
>続きを読む
ロール紙
輪転印刷機で用いられる、片面にのみツヤ出しを施した印刷用紙。ヤンキー抄紙機と呼ばれる抄紙機を使って製紙される。……
>続きを読む
ロゴ
文字をベースにデザインし、装飾を施したもの。「ロゴタイプ(logotype)」の略称。ロゴは「言葉」、タイプは……
>続きを読む

カテゴリから選ぶ

読みから選ぶ

最新追加ワード

  • 60秒で送信完了!かんたん入力 お気軽にお問い合せください。
  • 印刷ご希望の方はまずお見積りを! 無料見積依頼

  • 初めての方へ
  • 法人の方へ

かんたんチラシ料金計算機

サイズ
A3サイズ
  • A3サイズ(297×420mm)
  • A4サイズ(210×297mm)
  • A5サイズ(148×210mm)
  • A6サイズ(105×148mm)
  • A7サイズ(74×105mm)
  • B3サイズ(364×515mm)
  • B4サイズ(257×364mm)
  • B5サイズ(182×257mm)
用紙種類
コート紙
  • コート紙
    光沢があり一般的なチラシとしてオススメです。
  • マットコート紙
    光沢を抑え写真を綺麗に見せます。
  • 上質紙
    ボールペンや鉛筆などで書き込みやすく、
    FAXやコピー用紙として用いられることもあります。
  • 微塗工紙
    コート紙と上質紙の中間に位置する紙厚の薄い用紙です。
用紙厚さ
53kg
  • 48kg
  • 53kg
    コピー用紙よりも薄く、報告書等の冊子の本文用に使います
  • 58kg
  • 65.5kg
  • 67kg
  • 70kg
    一般的なコピー用紙と同じ厚さです。
  • 90kg
    チラシやカタログとして少し厚みのある用紙です。
  • 110kg
    パンフレットとして一般的な厚さです。
  • 135kg
    冊子の表紙など厚さが必要な時に。
色数
表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:白黒
  • 表:カラー 裏:なし
  • 表:白黒 裏:白黒
  • 表:白黒 裏:なし
部数
小計
  • マンガで解説!イイチラシの印刷サービス
  • 2018年度版オリジナルカレンダー印刷

サイト内検索

会員コンテンツ

イイチラシガイド

  • 注文の流れ
  • チラシ納期目安表

イイチラシグループサイト

  • イイフライヤー
  • 不動産チラシ.com
  • 塾チラシ.com
  • イイパンフ
  • ライズプリント
  • ライズカード

営業日カレンダー

  • New title