酸性紙
インクのにじみ防止を目的とした製紙用の薬品「硫酸アルミニウム」を使用して作られた紙。硫酸アルミニウムを使用する……
>続きを読む
サイズプレス
製紙過程における加工処理(表面サイジング)、またはその処理を行う機器のこと。サイズプレスでは、インクにじみを防……
>続きを読む
サイズ
紙の毛羽立ちなどのトラブルを防ぐ目的として、サイズプレスという製紙過程での処理で使用される薬剤(サイズ剤)。あ……
>続きを読む
更紙
紙の品種分類において、化学パルプ40%未満の下級印刷紙として区別される、塗工が施されていない非塗工印刷用紙の一……
>続きを読む
差し込み
雑誌や書籍の作製過程において、「別丁」と呼ばれる扉柄や口柄などの本文以外の印刷ページを折り丁に入れる操作のこと……
>続きを読む
再生紙
古紙を溶かし、再び抄き直して作られた紙のこと。製本所などから発生する紙の不要部分(裁ち落とし)は、再生紙を作る……
>続きを読む
刷版
平板印刷において、印刷物を刷るために使用する印刷機に設置する版のこと。「さっぱん」と読む。平板印刷の一種である……
>続きを読む
ざら紙
砕木パルプを主な原料とし、そこに化学パルプを混ぜて作られた下級の印刷用紙のこと。新聞の折り込みチラシやまんが雑……
>続きを読む
再校
印刷物やデータのチェック(校正)を再度行うこと。「再校正」「2校」「要再校」とも呼び、二度目の校正紙そのものを……
>続きを読む

CRM
顧客情報を一括管理し、企業が顧客とより良好な関係を築くことを目的とした情報システム。カスタマー・リレーションシ……
>続きを読む
CPR
マーケティング業界において、1顧客の反応につきどれほどのコスト(広告宣伝費)がかかったかを示す用語。Cost ……
>続きを読む
紙力増強剤
紙を作る過程において、必要に応じて「紙力」と呼ばれる紙の強度を向上させる目的で用いられる、ポリアクリルアミドや……
>続きを読む
抄造
紙の原料となるパルプ繊維などをすいて、紙を製造すること。紙を抄造する方法には、手を使う手漉法と、機械を使う機械……
>続きを読む
森林認証
カナダで創設され、現在はドイツに本部を置く、国際的な森林管理の認証を行う森林管理協議会(FSC)が定めた制度。……
>続きを読む
針葉樹パルプ
製紙の原料として使用されるパルプのうち、針葉樹から作られたもの。主にモミ、ヘムロック、マツ、スプルースなどの木……
>続きを読む
新聞巻取紙
経済産業省が発表した分類指定において、いわゆる「新聞紙」を指す用語。新聞印刷に用いる紙。新聞巻取紙の分類標準の……
>続きを読む
白板紙
紙類の中でも厚みのある「板紙」の一種で、両面・片面が白色をしたもの。原料は主に古紙パルプが使われており、環境保……
>続きを読む
書籍用紙
書籍に使われることを目的につくられた紙。視覚に余計な刺激を与えず、本文の文字を読みやすくするために、淡いクリー……
>続きを読む
植林木
自然環境保護の観点から違法伐採をなくすために考案された、持続して製紙原料となるパルプを得られる木、あるいはその……
>続きを読む
抄紙機
製紙過程において、紙を抄く作業(抄紙)を行う際に使用する機械。抄き網、水を絞るプレス部、乾燥部から構成されてい……
>続きを読む
しみ通し
印刷したインキのビヒクルなどが反対の面まで滲みだすトラブルのこと。「ストライクスルー」あるいは「裏抜け」とも呼……
>続きを読む
地合
紙の繊維の分散状態を表す用語。「じあい」と読む。紙を透かして、全面が均等なもの(ムラがない状態のもの)がよい地……
>続きを読む
縮尺
原稿や写真、刷版の原稿(版下)などの仕上がりの寸法を指定すること、あるいは完成時の寸法に対し、描くサイズを指定……
>続きを読む
写植
写真技術を応用した写真植字機と呼ばれる機械を利用して、対象に文字や記号を印字し、版下を作成する技術。写植は「写……
>続きを読む
写真版
写真技術により印刷に使用する版を作成する「写真製版」によって作られたプリント、リバーサルフィルム、ネガフィルム……
>続きを読む
シャドウ
色の明るさや濃淡の段階を示す階調表現のひとつ。イラストや写真などの印刷物において、暗い陰影の部分、あるいは単に……
>続きを読む
出校
印刷会社が、本刷り前の校正を目的とした校正刷りを出し、発注者に対し提出すること。訂正の必要がある場合には、発注……
>続きを読む
CTP
コンピューター・トゥ・プレートの略語で、パソコン上のデータを、印刷に使用する版材にレーザーなどを使ってそのまま……
>続きを読む
字詰め
文字と文字の空間を調整すること。または、一行内に入る文字数のこと。その場合、「字詰め25字」という指定なら、1……
>続きを読む
初校
誤字脱字のチェックや内容の修正など、校正作業を行う校正者が、原稿に基づき作成された校正刷りを初めて出すこと。あ……
>続きを読む

抄き網
紙を抄造するときに、パルプ類をすくときに用いるワイヤのこと。紙をすく「抄紙機」の一部。抄き網に接する面をワイヤ……
>続きを読む
寸法安定性
周囲の湿度変動やその他加工の影響に対し、印刷物が寸法を変わらず保持する能力の度合いを示す用語。原料にパルプを使……
>続きを読む
スーパー仕上げ紙
製紙を行う工程のひとつである「カレンダリング」で使用される、スーパーカレンダーというロール数の多い機械を使用す……
>続きを読む
スーパーカレンダー
カレンダリングと呼ばれる製紙工程を行うための機械。抄紙機に付属された通常のカレンダーに対し、スーパーカレンダー……
>続きを読む
ストリーク
塗工紙の流れ目方向に現れる、きわめて細い筋ができるトラブルのこと。紙の抄造過程においては、「ブレードコーター」……
>続きを読む
スキッド梱包
縄などを使って荷造りする梱包方法の一種。包装紙をはがす作業を省略するために、枚葉紙を通常の梱包単位で梱包せず、……
>続きを読む
透かし
光に紙を透かす際に見える模様のこと。「透かし模様」とも呼ぶ。透かしを入れる手法としては、プレス時に凹凸模様をつ……
>続きを読む
刷足し
印刷を終えたあとに色の不具合や員数不足がわかった場合、補足するための印刷を行うこと。「補刷(ほさつ)」と呼ばれ……
>続きを読む
スクリーン印刷
穴の開いた版を使って印刷を行う「孔版印刷」の一種。版に絹が使われていたことにより「シルクスクリーン」とも呼ばれ……
>続きを読む
スーパーアート紙
高精細印刷用に開発された高級アート紙。ダルアート紙よりさらに白色度や光沢性が高く、上質紙をベースに使用している……
>続きを読む
スキャニング
スキャナ装置やシステムを使用し、紙面上の写真や画像を読み取ってパソコンに取り込み、デジタルデータとして変換する……
>続きを読む
素読み
元となる指定紙や原稿などを見ずに、校正刷り(ゲラ)のみを読んで文字の誤りや内容の不具合、見出しの付け方などの校……
>続きを読む
刷り色
印刷するインキの色。「刷色」とも表記され「プリントカラー(print color)」とも呼ばれる。スミ(=ブラ……
>続きを読む
スミ
印刷物の色指定における黒インキ、あるいは黒色のこと。墨(すみ)。印刷業界では黒(くろ)ではなく、K、ブラックな……
>続きを読む

セミ上質紙
中級印刷紙の一種で、印刷用紙Bに分類される非塗工用紙。原料の90%以上がさらし化学パルプで作られており、75%……
>続きを読む
背標
折り丁をページの順序に集めていく丁合作業において、折本の順序を確認することを目的として、背になる部分に印刷する……
>続きを読む
セット
顔料を印刷対象に固着させる役割を持つ「ビヒクル」と呼ばれる成分が紙に浸透し(浸透乾燥)、インキ線が流動性を失い……
>続きを読む
製版
印刷工程における作業のひとつ。印刷用に用いられる刷版と呼ばれる版を作成すること。製版(せいはん)と読む。製版方……
>続きを読む
全判
日本工業規格(JIS規格)において最も大きい紙寸法。断裁前の枚葉印刷紙の原紙サイズで、製紙された直後の大きさを……
>続きを読む
責了
印刷物の内容の誤りや文字の修正の必要があるかどうか校正を行った後、「少しの修正指示はあるが、その後は制作会社側……
>続きを読む

損紙
印刷や製本時において発生する、印刷に失敗して使用することができなくなったくず紙。また、使えなくなった・失敗した……
>続きを読む
装丁
書籍の制作において、本の中身を綴じ、表紙や帯などをつける作業のこと。「装幀」「装釘」とも表記する。装丁はその本……
>続きを読む
ソイインク
自然環境の観点から、植物由来の油によって作られた植物油インキの一種。その名の通り、大豆油によって作られた大豆イ……
>続きを読む

カテゴリから選ぶ

読みから選ぶ

最新追加ワード

  • 60秒で送信完了!かんたん入力 お気軽にお問い合せください。
  • 印刷ご希望の方はまずお見積りを! 無料見積依頼

  • 初めての方へ
  • 法人の方へ

サイト内検索

かんたんチラシ料金計算機

サイズ
A3サイズ
  • A3サイズ(297×420mm)
  • A4サイズ(210×297mm)
  • A5サイズ(148×210mm)
  • A6サイズ(105×148mm)
  • A7サイズ(74×105mm)
  • B3サイズ(364×515mm)
  • B4サイズ(270×380mm)
  • B5サイズ(190×270mm)
用紙種類
コート紙
  • コート紙
    光沢があり一般的なチラシとしてオススメです。
  • マットコート紙
    光沢を抑え写真を綺麗に見せます。
  • 上質紙
    ボールペンや鉛筆などで書き込みやすく、
    FAXやコピー用紙として用いられることもあります。
  • 微塗工紙
    コート紙と上質紙の中間に位置する紙厚の薄い用紙です。
用紙厚さ
53kg
  • 48kg
  • 53kg
    コピー用紙よりも薄く、報告書等の冊子の本文用に使います
  • 58kg
  • 65.5kg
  • 67kg
  • 70kg
    一般的なコピー用紙と同じ厚さです。
  • 90kg
    チラシやカタログとして少し厚みのある用紙です。
  • 110kg
    パンフレットとして一般的な暑さです。
  • 135kg
    冊子の表紙など厚さが必要な時に。
色数
表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:白黒
  • 表:カラー 裏:なし
  • 表:白黒 裏:白黒
  • 表:白黒 裏:なし
部数
小計

イイチラシガイド

  • 注文の流れ
  • チラシ納期目安表

イイチラシグループサイト

  • イイフライヤー
  • 不動産チラシ.com
  • 塾チラシ.com
  • イイパンフ
  • ライズプリント
  • ライズカード

営業日カレンダー