大量チラシ印刷がまさかの激安価格!デザイン実績豊富なイイチラシによるイイチラシブログ

激安チラシ印刷でおなじみの「イイチラシ」が、チラシ広告の制作からその戦略まで徹底的に解き明かします

2012年7月のチラシ記事

  • 葬儀・墓石・霊園業をオシャレな呼び方にすると……。

    葬儀・墓石・霊園業をオシャレな呼び方にすると……。

    最近しったことをご紹介します。
    葬儀や霊園、墓石販売といった業態に
    ステキな呼び名がついていました。

    その名も「エンディングビジネス」。

    エンディング+ビジネス。
    よいコピーライティングですね。
    エンディングという言葉からは、
    ハッピーエンドが連想されるうえに、
    人を弔うことで対価をもらう
    職業人としての使命感も伝わってきます。

    自分の死出の旅を飾りたい。
    死後も自分をわすれないでほしい。
    これらは人の根源的な希求でしょう。
    ピラミッドや古墳の時代から、
    今も変わっていないはず。
    そこをうまくつかめているな、と。

    さてじゃっかん話は変わりますが、
    不動産とエンディングビジネスの
    訴求点って似てませんか。

    はじめてそう感じたのは、
    霊園のチラシをふと目にしたときです。
    いっしょに働いているスタッフがデザインした、
    霊園見学会の告知チラシには、
    「悠久の丘で安息の日々を」というコピーが
    優雅なフォントで踊っていました。

    このトーン、どこかで見たことが......。
    そう。不動産のコピーです。
    「悠久の小高い丘の上で閑寂に包まれる」
    というコピーがあったような。

    盗作だといいたいのではありません。
    その商品を求める生活者のメンタリティが
    似通っているせいだと思われます。

    不動産も霊園も場所が優位性になりえます。
    ユニークセリングポイントと
    ライフスタイルとの交錯点がたがいに、
    悠久の小高い丘だったのでしょう。

    この様にエンディングビジネスの
    チラシを手がけるときには、
    不動産広告の知見が役にたつかもしれません。

    イイチラシは、不動産チラシづくりにおいて、
    卓越したノウハウをもっています。
    その経験をたずさえ、墓石や霊園のチラシデザイン
    革新を起こしていきたいと考えています。

    競合分析やマーケティング戦略など、
    他業種で結果を出している
    売れるチラシづくりの方法を
    エンディングビジネス業界にも生かしましょう。

    霊園・墓石に関するチラシ企画、印刷、
    デザイン新聞折込戦略なら
    激安の「イイチラシ」におまかせください。

月別アーカイブ

グループサイト

ブログトップ
« »