チラシ印刷のイイチラシTOP > 新聞折込 > 東北エリア - 青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島の新聞折込料金

東北エリアの新聞折込チラシ料金表

それぞれの県で多くの方に普及されている地域紙が、折り込み先としてあげられます。各県により天候の差が激しいので、地元の情報を詳細にのせている地域紙は利便性があります。宮城県にある河北新聞では読者層の約8割が戸建持ち家に住んでいます。全国と比較しても東北では持ち家率が高く、高齢者の割合も高い傾向にあります。高齢者がいる家族が折込チラシを目にする機会を活かす、デザインやコピーが重要になります。

  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県

青森県

読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 東奥日報 陸奥新報 デーリー東北
青森市 3.20 3.50
上記以外全域 3.50

秋田県

読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 秋田魁新報
秋田市 3.80
上記以外全域 4.20

岩手県

読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 岩手日報
盛岡市・花巻市・岩手郡・筑波郡 3.30
上記以外全域 3.50

宮城県

読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 産経新聞 河北新報
仙台市 3.00 3.80
名取市・岩沼市・柴田郡・亘理郡
角田市・伊具郡・多賀城市
塩釜市・白石市・刈田郡
宮城郡(利府町除く)
3.30 3.80
気仙沼市・本吉郡・登米市・石巻市
大崎市東部・栗原市・遠田郡
加美郡・東松島市・牡鹿郡
3.50
大崎市西部 3.50 4.50

山形県

読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 山形新聞
山形市全域 3.60

福島県

読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 福島民報 福島民友
会津若松市・喜多方市・南会津郡
大沼郡・河沼郡・耶麻郡
3.60
上記以外全域 3.40

【注意事項】

  • ※単位/一枚当たりの折込単価(単位:円)です。
  • ※合計枚数に対して別途消費税を頂戴いたします。
  • ※表内の料金は全てB4サイズのものです。
  • ※送料は別途の地域がございます。
  • ※離島や遠方など料金が異なる地域もございます。

折込単価をクリックすると折込チラシ料金が自動計算されます。

チラシ印刷 サイズ 用紙 色数 金額
98,438
新聞折込 折込単価(平均) 部数 金額
※配布エリアを選択してください

概算合計:

※あくまで概算となり、実際の金額とは異なります。
※地域により販売店への配送料が必要な場合がございます。

各新聞の特徴

東北エリアの地方紙の特徴です。

■青森

東奥日報
現在の発行部数は約24万部。青森県内で読まれている新聞部数の半数を超えています。青森放送との結びつきが強く、青森テレビやエフエム青森とも繋がりがあります。東奥日報は全国でも珍しい朝夕刊完全セットの新聞で、きめ細かく情報を発信。

陸奥新報
現在の発行部数は約5万部。青森県西部(津軽地方)のエリア紙で、地域に密着したニュース報道や事業展開を行い読者から高い信頼を得ています。エリア紙ならではの津軽地方の話題を努めて取り上げています。

デーリー東北
現在の発行部数は約9万部。青森県八戸市を中心とした八戸都市圏の地方紙で、八戸市での普及率は約75%と圧倒的なシェアを占めています。地域に根ざした新聞作りのため取材網の整備と充実を図り、地域に密着した取材・営業活動を続けています。国内外や八戸市を中心とした政治・経済ニュースを中心に掲載。また、青森県の政治など、県全体に及ぶ話題も取り上げています。

■秋田

秋田魁新報
現在の発行部数は約22万部。秋田県内で最も読まれている新聞です。東北地方で最も長い歴史を持つ新聞で、秋田県を代表するマスメディアとして地元の民間放送局に出資している他、県内の大規模イベントにも開催者として名を連ねているケースも多いです。

■岩手

岩手日報
現在の発行部数は約20万部。岩手県ではシェア1位の新聞で多くの家庭、職場で購読されています。岩手県を中心に、青森県八戸市や宮城県気仙沼市周辺も取材・配布の対象としています。以前は朝・夕刊セットでしたが、現在は朝刊のみ発行しています。盛岡市に本社を置く放送局とはそれぞれ結びつきがありますが、特にIBC岩手放送とは強力なパートナーシップを築いています。

■宮城

河北新報
現在の発行部数は朝刊約44万部、夕刊約6万部。東北6県で販売されており宮城県内での世帯普及率は70%と高いシェア率ですが、宮城県以外でのシェア率は低いです。東北地方全体の話題を扱い、東北地方に関する記事だけでなく首都圏の知識人や文化人を独自に取材した記事も多く掲載しています。

■山形

山形新聞
現在の発行部数は約19万部。地元放送局である山形放送との結びつきが強く、新聞独自の放送も行っている。「足は山形に、目は世界に」をモットーとし、めまぐるしく変化する時代に対応し続けながら情報を提供しく姿勢です。また県内全域に専売店のネットワークをもっているため、他紙に比べて新聞休刊日の設定が少ない年があるのも特徴です。

■福島

福島民友
現在の発行部数は約18万部。福島県でのシェア率は約24%で福島民報に次いで2位。120年以上の歴史があり、福島県全域をカバーしています。高い企画力を持ち、さまざまな広告紙面を展開しています。

福島民報
現在の発行部数は約25万部。福島県でのシェア率はナンバーワンの約33%。地域密着の編集を心がけ、県内のニュースやイベント情報が満載です。さらに政治・経済・スポーツ・文化などあらゆるジャンルで世界から全国、身近なニュースまで網羅しています。

どんな内容でもお気軽にご相談ください!

お問い合わせフォームはこちらから

お急ぎの方はお電話でのお問い合わせも承っております。

0120-93-4747

受付時間:平日 10:00~18:30 / 土日祝 定休日

  • 受付担当:浅葉 幸子
    受付担当:浅葉 幸子

    印刷に未経験のお客さまにも、安心してご利用いただけるよう、丁寧でわかりやすい接客を心がけております。お気軽にお問い合わせください。

  • 受付担当:佐々木 悠
    受付担当:佐々木 悠

    デザイン制作から印刷まで、スタッフ全員一丸となってご対応させていただきます。印刷のご注文がございましたら何なりとお声かけください。

  • 60秒で送信完了!かんたん入力 お気軽にお問い合せください。
  • 初めての方へ
  • 法人の方へ

かんたんチラシ料金計算機

サイズ
用紙
色数
部数
小計 51,000
比べてください!この価格!
この内容でお見積もり
  • 60秒で終わるカンタンなフォームです お気軽にお問い合せください。

会員様専用ページ

最新情報

2017.01.04
あけましておめでとうございます。昨年中は格別のご用命を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年もイイチラシを何卒宜しくお願い申し上げます。
2016.12.13
年末年始の営業時間のお知らせ
■年末
12月27日(火)まで営業
12月28日(水)より休業
■年始
1月3日(火)まで休業
1月4日(水)より営業
0120-93-4747
受付時間/10:00~18:30
定休日/土日祝

イイチラシグループサイト

売れ筋商品ランキング

60秒で終わるフォームです 無料見積り