チラシ印刷をする前に考えたい紙と印刷の種類

激安のチラシ印刷・デザインならイイチラシ

0120-93-4747
受付時間/10:00~18:30 定休日/土日祝

  • 無料見積り
  • 無料相談

今すぐお手軽お見積り!

かんたん料金計算機かんたん料金計算機

サイズ
A4
  • ■チラシ・フライヤー
  • A3(297×420mm)
  • B3(364×515mm)
  • A4(210×297mm)
  • B4(257×364mm)
  • A5(148×210mm)
  • B5(182×257mm)
  • A6(105×148mm)
  • B6(128×182mm)
  • A7(74×105mm)
  • B7(91×128mm)
  • ■ポスター
  • A1(594×841mm)
  • A2(420×594mm)
  • B1(728×1030mm)
  • B2(515×728mm)
用紙種類
コート紙
  • コート紙
    光沢があり一般的なチラシとしてオススメです。
  • マットコート紙
    光沢を抑え写真を綺麗に見せます。
  • 上質紙
    ボールペンや鉛筆などで書き込みやすく、
    FAXやコピー用紙として用いられることもあります。
  • 微塗工紙
    コート紙と上質紙の中間に位置する紙厚の薄い用紙です。
用紙厚さ
90kg
  • 48kg
  • 53kg
    コピー用紙よりも薄く、報告書等の冊子の本文用に使います
  • 58kg
  • 65.5kg
  • 67kg
  • 70kg
    一般的なコピー用紙と同じ厚さです。
  • 90kg
    チラシやカタログとして少し厚みのある用紙です。
  • 110kg
    パンフレットとして一般的な厚さです。
  • 135kg
    冊子の表紙など厚さが必要な時に。
色数
表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:白黒
  • 表:カラー 裏:なし
  • 表:白黒 裏:白黒
  • 表:白黒 裏:なし
納期
2営業日
  • 1営業日
  • 2営業日
  • 5営業日
部数
小計

印刷商品一覧印刷商品一覧

グループサイトグループサイト

ピックアップサイトピックアップサイト

営業日カレンダー営業日カレンダー

チラシ印刷のイイチラシTOP > 紙と印刷の種類

チラシ印刷に適切な用紙を選ぶことができますか

チラシを印刷する際の紙選び方 – 厚さ・用途・価格の違い【イイチラシ】

最適な紙えらびで、理想的なチラシができる!

チラシなどの印刷物に使用する用紙を、適切に選ぶことができますか?販促物としてのチラシの価値は、情報媒体となる紙が左右するといって過言ではありません。たとえば不動産チラシを作りたいなら、高級感が大切ですから、ツヤのあるコート紙70.5kgが適しているでしょう。

質を犠牲にしても、とにかく安く作りたい。質より量を優先して、配布エリアを拡大したい。お客様のなかには、このような内容で販促活動を計画している方もいらっしゃるでしょう。そうなると、印刷用紙を選択する基準は、自然と「予算やコストに見合ったもの」になってきます。

光沢が写真を美しく見せるミラーコート紙、上品なイメージに仕上がるマット紙、手ごたえあるダイレクトメールにぴったりなアートポスト紙、安くて手を出しやすい白ざら紙…。一口に印刷用紙といっても、加工・紙質・厚さ・価格など、その種類はさまざまです。

多くの種類がある印刷用紙、それぞれの特徴を理解しておくことで、自分の理想とするチラシ作りを実現することができます。さらに、チラシ印刷につきもののコストパフォーマンスという課題も、スムーズにクリアできるようになるでしょう。

依頼前に覚えておきたい印刷用紙の知識3つ

以下は、イイチラシよりお届けする「チラシ印刷の依頼前に覚えておきたい印刷用紙の知識3つ」です。お客様の理想とするチラシ作りのために、ぜひご一読ください!

紙の厚さで価格もイメージも大違い!チラシ印刷の用紙選びのコツ

紙の厚さで価格もイメージも大違い!チラシ印刷の用紙選びのコツ

紙の厚さと価格について

チラシ印刷に使用する用紙の厚さを吟味することは、とても大切です。たとえば全く同じデザインでも、薄い紙を使用した場合と厚い紙を使用した場合では、チラシの放つ存在感は全く異なってくるからです。

53kg、65.5kg、70.5kgなど、紙厚には多くの種類があり、それぞれ価格も異なります。用途のほか予算も考慮して、ベストな紙の厚さを見極めましょう。なぜ紙の厚さを表す単位が「kg」なのか、そのナゾも解説します!

> 詳しくはこちら

発色や印象は紙の種類で違う – チラシの用紙選びは重要!

発色や印象は紙の種類で違う - チラシの用紙選びは重要!

発色・印象を決める紙の種類

用途や目的にピッタリ合っている、自分の理想どおりのチラシを作るためにも、適切に用紙えらびをすることは重要です。用紙の種類によって、発色の具合など、仕上がりイメージが全く違ってくるからです。

イイチラシで用意している用紙は、『コート紙、マット紙、上質紙、微塗工紙』の4種類が主です。良い発色を得られる用紙、ペンなどでの書き込みが可能な用紙など、それぞれの性質をよく理解すると、適切な選択ができるようになります。

> 詳しくはこちら

【コート紙】マット紙やミラーコート紙との違い/厚さ別用途・価格例

【コート紙】マット紙やミラーコート紙との違い/厚さ別用途・価格例

コート・マット紙の違いと厚み

チラシ印刷において、いちばん登場回数が多い紙といえば『コート紙』。定番の印刷用紙、よく見かける紙…。一見そんなイメージのコート紙ですが、実はベストな選択をするための工夫がさまざまに詰まった奥の深い紙なんです!

写真が映える光沢加工のミラーコート紙、上品な質感を出せるマット加工のマットコート紙。紙厚の種類に、薄くなるほど値段が安くなる価格設定…。商品バリエーションの豊かさが、それを物語っていると言えます。

> 詳しくはこちら

■ 紙と印刷の種類

どんな内容でもお気軽にご相談ください!

お急ぎの方はお電話ください。

0120-93-4747

10:00~18:30
(土・日・祝日除く)

  • 無料相談
  • 無料見積り
TOP