紙の厚さで価格もイメージも大違い!チラシ印刷の用紙選びのコツ - チラシ印刷のことなら【イイチラシ】

激安のチラシ印刷・デザインならイイチラシ

0120-93-4747
受付時間/10:00~18:30 定休日/土日祝

  • 無料見積り
  • 無料相談

今すぐお手軽お見積り!

かんたん料金計算機かんたん料金計算機

サイズ
A4
  • ■チラシ・フライヤー
  • A3(297×420mm)
  • B3(364×515mm)
  • A4(210×297mm)
  • B4(257×364mm)
  • A5(148×210mm)
  • B5(182×257mm)
  • A6(105×148mm)
  • B6(128×182mm)
  • A7(74×105mm)
  • B7(91×128mm)
  • ■ポスター
  • A1(594×841mm)
  • A2(420×594mm)
  • B1(728×1030mm)
  • B2(515×728mm)
用紙種類
コート紙
  • コート紙
    光沢があり一般的なチラシとしてオススメです。
  • マットコート紙
    光沢を抑え写真を綺麗に見せます。
  • 上質紙
    ボールペンや鉛筆などで書き込みやすく、
    FAXやコピー用紙として用いられることもあります。
  • 微塗工紙
    コート紙と上質紙の中間に位置する紙厚の薄い用紙です。
用紙厚さ
90kg
  • 48kg
  • 53kg
    コピー用紙よりも薄く、報告書等の冊子の本文用に使います
  • 58kg
  • 65.5kg
  • 67kg
  • 70kg
    一般的なコピー用紙と同じ厚さです。
  • 90kg
    チラシやカタログとして少し厚みのある用紙です。
  • 110kg
    パンフレットとして一般的な厚さです。
  • 135kg
    冊子の表紙など厚さが必要な時に。
色数
表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:カラー
  • 表:カラー 裏:白黒
  • 表:カラー 裏:なし
  • 表:白黒 裏:白黒
  • 表:白黒 裏:なし
納期
2営業日
  • 1営業日
  • 2営業日
  • 5営業日
部数
小計

印刷商品一覧印刷商品一覧

グループサイトグループサイト

ピックアップサイトピックアップサイト

営業日カレンダー営業日カレンダー

チラシ印刷のイイチラシTOP > 紙と印刷の種類 > 紙の厚さで価格もイメージも大違い!チラシ印刷の用紙選びのコツ

紙の厚さについて

紙の厚さについて

紙の厚さはさまざまです。普段、紙の厚さを意識して用いることは少ないかもしれませんが、チラシ印刷のように印刷枚数が多くなると、厚さの違いで価格に大きな違いが生じます。
もちろん、価格を重視して薄い用紙を使えば良いというものではありません。紙の厚みによって、チラシが与える印象も異なってきます。厚みのない紙で、高級感を出すのは困難な場合もあります。

目的や用途に応じた紙の厚さを選択することも、チラシの作成において大切なことなのです。

紙の厚さ(連量)を表す単位「kg」

紙の厚さと単位

イイチラシの中にも「コート53k」などと記載がありますが、これは「コート紙53kg」のことです。紙の厚さを示す単位として、「kg」が用いられています。

規定のサイズの紙1000枚を「1連」とカウントします。「コート紙53kg」とは、規定のサイズに作られたコート紙1000枚分の重さが53kgであることを示します。
つまり、同じ種類の紙である場合、連量が大きくなるほど、厚みのある紙だということがわかります。
(用紙の種類が異なる場合には、連量が同じであっても厚みが違う場合があります。)

連量を示すための規定のサイズはJIS規格で定められています

連量を示すための規定のサイズは、次のような種類があります。主に用いられているのが四六判です。

紙の重さ(坪量)を表す単位「g/m2」

単位からもおわかりのように、坪量とは1平方メートル当たりの重量のことを言います。坪量が大きくなるほど、厚みのある紙であることを示します。

「kg」や「g/m2」では紙の厚みがイメージできない!という人のために…

印刷業者では、「kg」や「g/m2」の単位を頻繁に使用しますから、これらの単位から紙の厚みがわかります。しかし、普段このような単位に触れない人は、紙の厚さを比較することはできても、実際の厚さをイメージできないのも無理はありません。

紙の種類 紙の厚さ(㎜) 解説
コート53k 約0.058㎜ コート53kgは折込チラシで一般的な厚さです。特有のつややかさで写真を美しく見せます。
コート58k 約0.062㎜ コート紙58kgは、53kgより少しだけ厚手の用紙です。光沢感と質感で写真をキレイに見せてくれます。
コート65.5k 約0.066㎜ コート紙65.5kgは、しっかりとした手ざわりのある紙。コストを押さえつつ、チラシに存在感を出したい方におすすめです。
コート70.5k 約0.07㎜ コート紙70.5kgは、存在感のある紙厚。他の紙厚よりも、上質なイメージを伝えられます。
マット53k 約0.058㎜ マット紙53kgは、マットでいちばんリーズナブルな紙厚。しっとりとした質感と手触りで高級なイメージを伝えます。
マット67.5k 約0.07㎜ マット紙67.5kgは、コート70.5kgと同等の厚さ。インキの発色が良く、上品で落ち着いたイメージを伝えられます。
微塗工48k 約0.05㎜ チラシの中でもうすいカテゴリーに入る微塗工48kg は、汎用性に富み、週になんどか新聞折込をするスーパーやドラッグストアなどに適しています。
上質53k 0.062㎜ 上質紙53kgは、FAXやコピーなどに用いられることもあり、ボールペンや鉛筆などで書きみやすい用紙です。

一般的な用紙の厚さ

パンフレットの例

普段から紙の厚さについて触れていなければ、0.053㎜の厚さの紙と0.2㎜の厚さの紙の違いは理解し難いと思います。

一般的な官製はがきの厚さは約0.23㎜、コピー用紙は約0.09㎜、トレーニングペーパーは約70μm(0.07㎜)とされています。これらの厚さと比較することで、どのくらいの厚さの用紙なのかがイメージしやすくなると思います。

  • 紙の厚さを決める際のポイント

  • 与えたい印象
  • 保存の必要性
  • 印刷する量(大量印刷なのかどうか)

紙の厚さが与える印象

パンフレットの例

激安スーパーのチラシと演奏会のフライヤー、会社のパンフレットで使用する紙の種類が、同じということはイメージしにくいと思います。
大量印刷が必要で、高級感を与える必要のない場合には、紙の厚さは薄くても問題ありません。しかし、高級感や信頼感を与えたい場合には、それなりに用紙に厚みが必要になります。

また、クーポン付きのチラシなど、耐久性が求められる場合にも、ある程度の厚みがなければいけないでしょう。

紙の厚さによってチラシ印刷の価格は異なりますから、紙の厚さを変更して料金を抑える方法を提案する場合もあります。しかし、用途や目的によっては、おすすめできない場合もあります。
印刷物はデザインも大切ですが、紙の厚さや質感なども大切になるのです。

■ 紙と印刷の種類

どんな内容でもお気軽にご相談ください!

お急ぎの方はお電話ください。

0120-93-4747

10:00~18:30
(土・日・祝日除く)

  • 無料相談
  • 無料見積り
TOP