セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 >
  3. スムーズにのぼり旗を作成するために欠かせない重要ポイント6
のぼり旗

スムーズにのぼり旗を作成するために欠かせない重要ポイント6

のぼり旗を作成するのが初めてという方でも分かりやすいように、作成において特に重要なポイントを6つまとめてみました。お客様が増える効果的なのぼり旗の置き方も教えます!

>>イイチラシなら手間をかけずにのぼりを作成!無料相談はこちらから!


スムーズなのぼり旗作成のためのポイント

激安のぼり

のぼり旗を作成するにあたり、最低限おさえておきたいポイントをまとめてみました。

【ポイント1】生地の決め方

のぼり旗によく使われている定番の生地が、ポリエステル製のテトロンポンジです。この生地は値段が手ごろなので、予算にあまり余裕がない時や、大ロット印刷を希望する時などに選ぶと良いでしょう。テトロンポンジ以外では、以下のような種類の生地が比較的よく使われています。

トロピカル

ポリエステル製の生地ですが、生地の厚さがテトロンポンジの約2倍あります。厚みがあるぶん耐久性に優れているので、屋外に立てるのぼり旗を作成するのに適しています。

天竺

木綿製の生地です。和風のデザインが映える素材なので、和食店ののぼり旗を作成したい時などは、この生地を媒体にするとよいでしょう。

テトロンポンジ

のぼり旗の定番生地です。薄くて軽量、しわができにくい、値段が手ごろなどの特長があるため、どんな方でも手を出しやすいです。

【ポイント2】印刷方法の選び方

のぼり旗の印刷方法には、大きく分けて2つあります。1つはシルクスクリーン印刷、もう1つはインクジェット印刷です。それぞれの特長を知っておき、適切に選び分けができるようになっておきましょう。

― シルクスクリーン印刷の特長 ―

  • 大ロット生産が得意 
  • 印刷部数が多いほど単価が安くなる
  • 裏抜けがよい
  • いろいろな素材に印刷できる
  • 長く使用しても、色褪せしにくい

―インクジェットの特長―

  • 小ロット生産が得意
  • 必要な枚数分だけ注文できる
  • 写真も美しくプリントできる

【ポイント3】データ入稿のルール

完成図をイメージした原稿を作って、印刷業者に送ることを、データ入稿するといいます。原稿作成や入稿手順などについてのルール内容は業者によりさまざまですが、以下に関してはほぼ共通しています。

  • 対応ソフトの種類は、エクセル、イラストレーター、フォトショップのいずれか
  • 指定のテンプレートをダウンロードして作る(ネット注文の場合)
  • CMYKのカラーモードで作成する
  • 文字の位置は、仕上がりサイズ(断裁線)の内側3mmまでに収める

【ポイント4】パーツの注文も忘れずに

のぼりに使用するパーツ

のぼり旗は、ポール、スタンド、チチなど、たくさんのパーツで構成されています。すべてのパーツが揃っていなくては、のぼり旗を立てることはできません。布のデザインをどうするかばかりに気をとられて、他のパーツを手配することを忘れないようにしましょう。

  • ポール…のぼり旗の布をくくりつける竿。
  • スタンド…ポールを挿し込む土台。
  • チチ…ポールを通すバイアステープ。

【ポイント5】安く作成する方法

できるだけ安くのぼり旗を作成したいのであれば、フルオーダーするよりも、既成ののぼり旗を注文するのがおすすめです。フルオーダーのように、デザイン制作料が発生しないからです。デザイン制作料は、他社の場合1枚3000円~5000円(印刷業者により異なります)が相場のようですから、これをカットできるのは大きなメリットだと思います。

【ポイント6】効果的な置き方

お店にあるのぼり

のぼり旗を作成した後に「どう使うか」も重要です。設置の仕方が悪いと、せっかくの集客力も半減してしまいます。のぼり旗のもつ力を最大限に活かすため、効果的な置き方を知っておきましょう。

お店の前に広い駐車場があるケース

駐車場の左右に縦一列に設置しましょう。お客様を出迎えるイメージです。

駐車場が狭い、お店の後方にあるケース

お店の出入り口付近に1本、駐車場に2本、設置しましょう。ターゲットは、歩行者とドライバーです。

のぼり旗の数が多いケース

のぼり旗がたくさんある場合、1.8mの間隔をあけて設置しましょう。道行くお客様がのぼり旗を見て内容を理解するには、この距離がベストと言われています。

以下のように、色を意識して規則的に並べるのもコツです。

  • 色の違うのぼり旗を交互に置く
  • 青と水色など、同系色でそろえる
  • 一本だけ別色の旗にして目立たせる