セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 >
  3. ターゲットの視線がクギ付けに!パンフレットの表紙デザインのコツ4
パンフレット

ターゲットの視線がクギ付けに!パンフレットの表紙デザインのコツ4

パンフレットの表紙はデザインセンスがとても重要、ターゲットの閲覧率を左右するからです!中身を見たい・読みたいという気にさせる魅力的な表紙にするためのコツを4つ教えます。

>>イイチラシのパンフレットは経験豊富なプロが作成!無料相談はこちらから!


パンフレットの表紙を印象的なデザインにしよう

パンフレットの表紙のサンプル

パンフレットの表紙のデザインが残念だと、重要な中面の情報まで、ターゲットを誘導することができません。表紙はパンフレットの“顔”ですから、美しく作成することが必須です。優れたデザインは、一瞬で分かり目にとまるもの。多くのライバルのなかから選んでもらうため、印象的な表紙づくりに力を入れましょう。

表紙は中面のデザインよりも重要!?

イイチラシのパンフレット

パンフレットの表紙のデザインは、ある意味で中面のデザイン以上に大切です。ターゲットを「なかの情報を読んでみたい」という気にさせて、ページを開かせるためには、表紙のデザインが印象的でなければいけないからです。印象的な表紙をデザインするためのコツを4つ教えます。

種類、目的、ターゲットを明るくしておく

まずは、どんな種類で何を目的としたパンフレットを作成したいのか、作成後は誰に配布するのか、といったことを明確にしておきましょう。これをはっきりさせておくと、デザインの方向性がすんなり決まります。

  • 種類 → 企業パンフレット 
  • 目的 → 営業、商談
  • 配布ターゲット → 取引先

シンプル・イズ・ベスト

表紙のデザインは、できるだけシンプルに仕上げましょう。載せる文字や画像を極力少なくするのです。情報が少ないほうが、かえってページをめくって詳細を知りたい、という好奇心をくすぐることができます。たとえば会社案内のパンフレットなら、文字情報は社名とアドレス程度でOKです。

美しい画像を使用する

表紙の画像(写真)は、鮮明で美しいものを使用するのが原則です。メインビジュアルに用いる画像には特にこれが言えます。色味が悪い画像や、ピンボケしている写真などは、使わないようにしましょう。

魅力あるキャッチコピーを入れる

魅力的な画像に加えて、魅力的なキャッチコピーが書かれていたら、パンフレットの閲覧率はぐっと高まります。もしよい言葉が思い浮かばないなら、チラシ印刷会社やコピーライターなどプロに相談を。

節約的な二つ折りパンフレットがお勧め!

2つ折りパンフレットのサンプル

パンフレットはページ数が多くなるほど、費用も比例して大きくなるものです。印刷代、紙代、製本代など、さまざまな部分にお金がかかってくるからです。

欲張って情報をたくさん載せたら、映画のパンフレットみたいなボリュームになってしまった!

予算に十分な余裕があるなら、これでも問題ないでしょう。しかし大抵の方は、予算と戦いながら準備している…というのが実際だと思います。そもそもパンフレットの作成は、販促のために行うもの。販促ツールの作成に高額を費やしては、メリットのある活動をしているとは言えませんから、きちんと節約を考えて作りたいところです。

節約を考えて作りたいなら、二つ折りパンフレットがとてもお勧めです。低コストの他にも、多くのメリットがあります。製本パンフレットのように、ページ割に失敗する心配もありません。小さなコストで大きな成果を期待できる二つ折りパンフレットを、ぜひあなたの販促活動に活かしてください。

~二つ折りパンフレットのメリット ~

  • 1枚分の紙の値段で作成できる
  • 1枚のチラシより多くの情報を掲載できる
  • 閉じると半分のサイズになって持ち運びしやすい

※二つ折りパンフレットの詳しい情報や注文はこちら。
http://www.e-chirashi.biz/item/pamphlet.php