セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 >
  3. 【ポスターのデザイン】見られる・読まれるポスター作成のポイント4
ポスター

【ポスターのデザイン】見られる・読まれるポスター作成のポイント4

ポスターのデザインは、レイアウトが美しい、文字や画像のサイズにバリエーションがある、色使いが上手くメリハリが効いている、といったポイントをクリアできていたら満点です!

>>プロのデザインするポスターを激安で作成!無料相談はこちらから!


見やすい読みやすいデザインのポスターを作る

カッコイイポスター

文字も写真もびっしり、何十種類もの色が使われている…。残念ですがこのようなポスターでは、見る側・読む側がストレスを感じてしまいます。販促用のポスターのデザインは、見やすくて読みやすい仕様である必要があります。相手がストレスなく情報を理解できるよう、配慮したデザインにすることが大切です。

ポスターをデザインする上で欠かせない、4つのポイントを教えます!

【ポイント1】主役(テーマ)を1つに決める

何がメインかなぁ~?と考える女性

まずは、ポスターの“主役”を何にするか決めてください。たとえば飲食店のポスターなら、自慢の料理などが主役になるでしょう。他に主張したい情報があっても潔く割愛してください。ドラマの主役が1人で良いように、ポスターの主役も1つでよいのです。主役がたくさんいると、視線が定まらなくなってしまいます。

【ポイント2】レイアウトのルールを守る

ポスターのレイアウト

ポスターをデザインする上で重要な作業がレイアウトです。そして正しくレイアウトするために不可欠な要素が、「整列」「まとめ」「余白」の3点です。それぞれの内容を下記で解説しましょう。

整列

文字、図形、写真などのオブジェクトは、きちんと整列させて載せましょう。たとえば文字列が10列あったとして、それぞれの列の始点の位置がバラバラだったら、読みづらくて見た目も美しくないですよね?レイアウトの作業において、オブジェクトの整列は鉄則中の鉄則です。

まとめ

メニューと値段、写真と写真の解説文、住所と電話番号etc。相関する情報は、お互い近い場所に配置しましょう。それが「まとめ」です。種類のちがう情報をたくさん載せる場合でも、それぞれがきちんと「まとめられてレイアウトされていれば、見やすく読みやすいポスターになります。

余白

ポスターは、十分に余白を設けたデザインにしましょう。十分な余白があると、それぞれの情報が見やすく・読みやすくなります。目立たせたい主役も、他の脇役に埋もれなくなります。

【ポイント3】サイズにバリエーションをもたせる

文字と画像は、サイズにバリエーションをもたせてください。ただし次のルールを守りましょう。まず文字のサイズは、タイトル、見出し、本文の順に大きくしましょう。画像のサイズは、画像が複数ある場合は、主役の画像を一番大きくしましょう。重要度の高い画像ほど大きくするのがポイントです。このルールに沿ってデザインすると、メリハリがあり内容を理解しやすいポスターになります。

【ポイント4】色の使い方のコツを知る

ポスターは色の使い方もとても重要です。色の使い方のコツを3つ教えます。

色を理解し使い分ける

真っ赤ないちご

赤・オレンジ・黄色など暖色には、食欲をUPさせる心理効果があります。青や水色など寒色は、見る人に知的や冷静という印象を与えます。色のもつ効果やイメージを、ポスターに上手く取り入れましょう。たとえば飲食店なら暖色を、企業のポスターなら寒色をベースカラーにすると効果的です。

色数に注意する

カラーサンプル

色をたくさん使い過ぎるのはNG。注目する箇所が多くなりすぎて、見る人を疲れさせてしまいます。「文字は黒で統一し、メインの情報だけを赤文字にする」「おすすめ商品の背景だけ別の色にする」など、色数を限定して使ったほうが、バランスとセンスが良くなります。

アクセントカラーを使う

同系色ばかり使用すると、特徴のないぼやけた感じのポスターになってしまいます。それを防ぐには、差し色(アクセントカラー)を入れる方法が有効です。やり方は、目立たせたい情報(タイトル文字など)に、彩度の高い色や、ベースカラーとは遠い色調の色を用います。赤がベースカラーならアクセントカラーは白や黄色、青がベースカラーならアクセントカラーは白や赤が良いでしょう。