セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 >
  3. 進化を続けるティッシュ広告!現代に合った費用対効果を高める工夫
ポケットティッシュ

進化を続けるティッシュ広告!現代に合った費用対効果を高める工夫

昔からあるティッシュ広告は、今もなお費用対効果の高いプロモーションとして取り入れられています。しかし、昔ながらの広告では不十分であり、現代にマッチした工夫が必要になると言えます。

>>ティッシュなど販促のお悩みもすべて解決!無料相談はこちらから!


受け取らない人が多いのにティッシュ配りの広告効果は大きい!

街頭でティッシュを配る女性

街頭で配っている広告ティッシュを、「受け取るのがカッコ悪い」と思っている人もいると思います。広告ティッシュを受け取る・受け取らないは、地域や年代によって違いもあるようですが、昔から続いている広告方法の一つです。
広告の印刷費用だけでなく、ティッシュの費用に配る人の人件費…と、広告費用は決して安くないのにも関わらず、昔から続いているのには理由があります。

ティッシュ広告の効果

ティッシュ広告には、次のような効果があります。

  • ターゲットにのみ渡せる
  • 他のノベルティと比べると安価である
  • 捨てる確立が低い
  • 比較的手元においておく期間が長い

ただのチラシに比べると、捨てられない・使うたびに目に触れるといった点で、広告効果が高いことは納得できるかと思います。
また、男女問わずティッシュは使用しますから、「受け取らない」という人もいますが、欲しいと思っている人、渡されたら必ず受け取るという人も多いです。

ティッシュ広告の費用対効果は?

ティッシュの広告を見る女性

すぐに捨てられる可能性のある、ただのチラシに比べると、費用対効果はずっと高いと言えます。しかし、これもターゲットの絞り込みを明確・的確に行った場合です。 捨てられる可能性が低く、使うたびに目に触れるという点が、反応率につながりやすいと言えるでしょう。

ターゲットに渡せるので無駄を抑えられる

今も昔も、ティッシュ広告は手渡しです。この時代に、人件費を使ってまでティッシュ配りを行っているのには、「渡す人を選べる」という大きな理由があるのです。
ティッシュ配りでは、誰にでも渡しているように見えるかもしれません。しかし、配る人はターゲットにのみティッシュを配ります

「ティッシュを欲しいと思っている時に限って渡してもらえない…」という経験はありませんか?これは、企業側のターゲットとしている性別・年代などに該当しなかった可能性が高いでしょう。
例えば、美容室やエステなどの広告ティッシュならば、若い女性を中心に配布します。男性には催促されない限り、渡すことはないのです。

近年は、個人情報の取り扱いが厳しくなっていますし、DMなどと比べても、比較的取り入れやすく反応率の高いプロモーションだと言えるでしょう。

ポケットティッシュ広告の近年の傾向

クーポン券とポケットティッシュクーポン券

近年は、工夫をこらしたポケットティッシュ広告が増えています。企業名と電話番号だけの広告とは異なり、クーポン券無料チケットがついたものもあります。クーポンなどを付けておけば、ティッシュ広告の費用対効果の把握につながるというメリットもあるでしょう。
また、QRコードが印刷されているものも増えていますが、さらに企業やショップについて知ってもらうことが可能になります。

ただ広告つきのティッシュを配れば効果が出るというものではないようです。ターゲットにウケるデザインであることはもちろん、工夫を凝らしたティッシュ広告を作る必要があるのです。
もちろん、ターゲットの絞り込み配布場所配布する時間などにも、考慮する必要があるでしょう。

ポケットティッシュ広告にデメリットはある?

一般のチラシとポケットティッシュの広告面の比較

ティッシュ広告のデメリットは、広告のサイズがポケットティッシュのサイズになるので、面積が小さくなってしまうという点でしょう。
面積が狭い分、広告の掲載内容に工夫が必要です。

また、ティッシュ広告は手渡しとなりますから、ティッシュを配布する人のイメージも大切になります。ティッシュ配りは、代行会社に依頼するケースが多いですが、信頼のおける会社に依頼しなければ、広告のつもりが企業やショップのイメージダウンにつながる可能性も否定できません。代行会社選びも慎重に行うことが大切でしょう。

ティッシュ配りを監視するバイトがある!?

ティッシュ配りのバイトは、求人雑誌などで見かけることもあるかと思います。しかし、さらにティッシュ配りのバイトの人を監視する人もいるのだそうです。

ただ依頼しただけでは、本当にちゃんとターゲットに渡してくれているのか…と心配かもしれませんが、きちんと監視体制が整っている代行会社もあるようです。