セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 >
  3. 売れる商品カタログを作成するためにおさえるべき5つの必須ポイント

売れる商品カタログを作成するためにおさえるべき5つの必須ポイント

Tシャツのカタログ

商品カタログは商品を紹介するものですが、必ずしも売上につながるわけではありません。消費者の購買意欲をかき立てるには、ただ商品を紹介しただけでは不十分です。売るためには売るための、商品カタログ作成が必要なのです。

>>売るためのノウハウが詰まったプロのカタログ作成ならイイチラシにお任せください!無料相談はこちらから!

売れる商品カタログに習う!パンフレット作成5つのポイント

打ち合わせでカタログを見ているスーツ姿の男女

商品カタログは、商品をただ紹介すれば良いというものではありません。商品カタログが、商品の価値を左右すると言っても過言ではないのです。
商品価値を高め、売上につながる商品カタログを作成するための5つのポイントを確認していきましょう。

1. ターゲットを明確にする

読書をしている女性

商品カタログは、ただ商品のことを紹介するものではありません。商品を買ってくれる人(ターゲット)に紹介することが目的です。
不特定多数の人に紹介するのではなく、特定のターゲットに紹介するのです。

そのため、ターゲットに興味を持ってもらえる、購入しようと思ってもらえる内容でなければなりません。

2. 目的を明確にする

目的を考えている女性

商品カタログを作る目的を明確にすることが必要です。「商品を知ってもらう」「商品を買ってもらう」…といった目的は、当たり前すぎるかもしれません。
しかし、目的を明確にして、それを達成するためにどんな情報がカタログに掲載されるべきなのかをピックアップすることが必要です。

「カタログと言えば…」と、一般的な商品カタログに掲載されている内容を真似ても、目的達成に効果的とは言えないでしょう。ターゲットやカタログ作成の目的に応じた内容(構成)にすることが必要です。

3. 1番伝えたいことを明確にする

ラーメンのカタログ

前面に押し出したいことを明確にし、十分にアピールすることが大切です。商品カタログを通して、伝えたい・アピールしたいことはたくさんあると思いますが、あれもこれも目立たせてしまうと、最も伝えたいことがぼやけてしまいます

また、わかりやすく簡潔にすることで、読み手に伝わりやすくなるでしょう。文章が長すぎたり、わかりにくかったりすると、読み手が離脱してしまうこともありますし、伝えたいことが伝わらなくなってしまうでしょう。

4. 商品カタログのイメージとブランドイメージ

不動産カタログ

商品カタログは、企業やブランドのイメージにも影響します。商品カタログのイメージが、企業やブランドのイメージと大きく違ってしまうのは良くありません。
商品によって、カタログのイメージが異なることは、企業やブランドのイメージが一貫せず、ブランドイメージを持ってもらえないということにつながるでしょう。

商品はもちろん、ブランドや企業のイメージに合った商品カタログであることが望ましいです。これは、カタログのデザイン、カラー、用紙の質感(紙の厚さ)など、さまざまな部分で考慮が必要でしょう。

5. 購買意欲をかき立てる工夫

カタログを見ている女性

商品に興味を持つ⇒購入を検討する⇒購入する といった流れの中で、ユーザーが必要な情報は、段階によって違います。
最初の段階で、商品のスペック(詳細)を説明されても、興味を持たない可能性が高いです。実際に興味を持ち、購入を検討した段階で、スペックを知りたいと考えるでしょう。

商品カタログを実際に手に取り、購入を検討する人の立場に立って、カタログの構成を考える必要があります。商品カタログにも適切な構成が必要であり、商品購入までの流れによって、購買意欲も左右されると言えるでしょう。