セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 >
  3. 大ロット、高クオリティ!販促品をチラシ印刷業者に依頼するメリット
印刷業者に依頼するメリットは?

大ロット、高クオリティ!販促品をチラシ印刷業者に依頼するメリット

確かな販促力をもつ販促品を作りたいならば、自作ではなくチラシ印刷業者を利用されることをお勧めします。コスト面を考えても、業者に依頼したほうがメリットが大きいです。

>>激安で販促品を作成!無料相談はこちらから!


販促品を自作でなく業者依頼にするメリットは?

期日に間に合わなくて困っているセールスマン

たとえば販促用のチラシが1000枚必要になった場合、あなたならどうしますか?パソコンやプリンターを持っているからと、デザインから印刷まで、すべての工程を自分でこなそうとするでしょうか。

絶対に不可能ではありませんが、労力・時間・コストを考えると、あまりに非効率的すぎます。
販促品の手配はスムーズに行うことが大切ですから、無理に自作するよりチラシ印刷業者に依頼するのが賢い判断と言えます。販促品の製作を、自作ではなく業者依頼にすることには、具体的にどんなメリットがあるのかを教えます。

業者依頼ならではのメリット1:オフセット印刷

オフセット印刷大ロット

業者に販促品を依頼する最大のメリットは、何といってもオフセット印刷による大量生産(大ロット)が可能なところでしょう。町単位の広範囲に配布しなければならない場合や、大きな段ボール数箱分のボリュームが必要といった場合でも、難なく対応することができます。

大部数もラクラク

圧胴の版に塗られたインキを、中間転写体のゴムブランケットに転写してから、媒体にプリントする工程をたどるのが、オフセット印刷機です。オンデマンド印刷機とは真逆で、大量生産に適した構造をしているため、10000部以上など、家庭用のプリンターでは厳しい大部数でも、楽に対応することができます。

仕上がりが早い

オフセット印刷機には、大きく分けて枚葉式と巻き取り式の2つのタイプがあります。巻き取り式には、プリントのスピードが速いという特長があります。巻き取り式のオフセット印刷機を導入している印刷業者であれば、大量かつ高速で注文の品を仕上げられますから、時間の節約になるでしょう。

コストを抑えられる

オフセット印刷には、生産数が多くなるほど、単価が下がるという利点もあります。つまりたくさん注文するほど、得をする料金設定になっているのです。販促品は利益アップが目的ですから、販促品自体にお金がかかっては意味がありません。量が必要だけれども極力コストを抑えて製作したいというなら、自作よりも印刷業者を利用するほうが賢い選択と言えるのです。

業者依頼ならではのメリット2:高クオリティ

印刷屋がデザインしたチラシ各種

チラシ印刷業者を利用すると、高いクオリティで仕上げてくれるメリットもあります。自分には技術もセンスもあるから必要ない、と思うでしょうか?確かに技術力やセンスがあれば、外見的にクオリティの高いものを製作することは可能です。しかしそこに「販促効果」という要素は入っているでしょうか?おそらくそこまで計算して自作ができる方は、デザイナー経験のある方でもない限り、いないのではないでしょうか。

販促効果や法律もクリアしている

販促品は、ただ外見的に美しいものを製作すれば良いわけではありません。「ターゲットの注目を集める」「集客」「売れる」といった効果を備えていなければならないのです。また、販促品には何でも自由に掲載して良いわけではなく、ものによっては厳しくルールが決められています。この場合のルールとは、国の法律です。土地や建物の情報を掲載する不動産のチラシがよい例です。

表面だけでなく中身もクオリティが高い

デザインセンスがあり、販促効果も計算されていて、厳しい法律のルールもクリアできている…。そんなレベルの高い販促品は、熟練のプロ、つまり印刷業者だからこそ作ることができます。表面だけ立派な自作の販促品と、表面も中身もクオリティの高いプロの作った販促品。どちらをあなたの大切な会社やお店のアピールに使うのが良いのかは、言うまでもないと思います。