セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ >
  3. フォント選びで好印象!チラシ作成に役立つ文字が与えるイメージ

フォント選びで好印象!チラシ作成に役立つ文字が与えるイメージ

色々なフォントの見出し文字

チラシ作成において、選ぶフォントの種類によって、読み手に与えるイメージは違ってきます。商品やサービスのイメージを考慮して文字選び・使い分けが必要です。

>>チラシのフォントで迷ったらイイチラシへご相談を!無料相談はこちらから!

販促に役立つ!フォント(文字)の違いで異なる与えるイメージ

販促に役立つ!フォント(文字)の違いで異なる与えるイメージ

文書作成などでフォントを選ぶことがあるかと思いますが、フォントの違いで読み手に与える印象は大きく違ってきます。
この印象の違いが、チラシ・広告の効果に大きく影響しているかもしれません。何となくフォントを選んでいるならば、フォントの与えるイメージを考慮して、効果的に活用することをお勧めします。

【フォント別】文字が与えるイメージ

ゴシック体・丸ゴシック体・明朝体・行書体・手書き文字のフォントサンプル

ゴシック体

ゴシック体のサンプル

フォントの中で特に多く使われていると言えるのがゴシック体です。角がある字体なので、男性的イメージ(明朝体と比較して)を持たれています。
力強くモダンなイメージと言えるでしょう。

見出しにゴシック体が使われているワケ

ゴシック体はインパクトがあるため、見出しやタイトルに多く使われます。ゴシック体と一言で言っても、文字の太さ(ウェイト)は太いものも細いものもあります。使用する箇所に応じて、太さを選ぶことが大切です。

丸ゴシック体も多く使われている
丸ゴシック体のサンプル

丸ゴシック体は、ゴシック体と同様読みやすく、文字の太さが均等です。ゴシック体とは異なり角がないため、印象がやわらかいです。
丸ゴシック体も多く使われているので、街中でよく見かけます。案内標識などにも使われています。

明朝体

明朝体のサンプル

明朝体もゴシック体とともに多く使用されているフォントと言えますが、先にも述べたように、ゴシック体が男性的なイメージを持たれているのに対し、繊細さから明朝体は女性的なイメージを持たれています。
また、上品高級なイメージを与えます。

太さの違いで印象が大きく違う

明朝体とゴシック体は、太さの違いで印象が大きく違ってきます。ウェイトが細い明朝体では、モダンな印象を与えます。

行書体

行書体のサンプル

行書体は、年賀状で使われているイメージが強いかと思います。行書体や草書体は、和風のイメージはもちろん、伝統的優美といった印象も受けます。

手書きフォント

手書きフォントのサンプル

手書きフォントは、親しみやすい印象を与えます。フォントの種類によって異なりますが、やさしい印象や女性らしい印象を与える種類もあります。
最近はさまざまな手書きフォントが、若い女性にも人気となっています。

効果的なチラシ作成のためのフォント選び3つのポイント

商品やブランド、目的に合ったフォント選びが必要

不動産チラシ

フォントの違いで高級印象を与えることも、親しみやすい印象を与えることもできます。ターゲットの好み
ありますが、ブランドや商品のイメージに合ったフォントを選ぶことが大切になるでしょう。

重要度に応じてフォントの種類、フォントのサイズを使い分ける

タイトルや見出し、本文、キャッチコピーなど…チラシの中にある全ての文字を同じフォントで統一すると、メリハリがつきやすくなります。
もちろん、カラーやウェイトの太さで工夫することも可能ですが、適切なフォントの使い分けによって視認性・可読性を高めることができます。

文字サイズが小さい場合にはウェイトの太さに注意

不動産チラシ

文字が太い方がインパクトがありますし、見出しなどの目立たせたい部分には適しています。しかし、本文も全て太い文字を使用すると、目立たせたい部分がぼやけてしまうでしょう。
また、本文の文字サイズが小さい場合には、文字が読みにくくなってしまう場合もあります。特に、飾りが多いフォントでは、文字が太いと真っ黒になってしまいます。

何でもかんでも目立たせようとせず、メリハリをつけることも大切です。