セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ >
  3. 高齢者向けポスター作成5つのコツ!読みやすい色使い/文字/デザイン

高齢者向けポスター作成5つのコツ!読みやすい色使い/文字/デザイン

高齢者のピクトグラム

高齢者向けのポスターは、高齢者への配慮も必要であるだけでなく、注意しなければならない点もあります。高齢者をターゲットとした広告の効果を高めるためのテクニックを紹介します。

>>どんなデザインも経験豊富なイイチラシにお任せ!無料相談はこちらから!


高齢者をターゲットとするポスター作成の5つのコツ

笑顔の高齢者夫婦

ポスター作成において、ターゲットの好みに合わせる必要があります。しかし、高齢者をターゲットとする場合には、視力が低下している人も多い年代になりますから、見やすくするなどの工夫が必要になるでしょう。
また、視力の低下など高齢による衰えもあるということも事実ですが、気持ちを若く持っている人が多いです。そのような点にも配慮が必要になるでしょう。

高齢者に興味を持ってもらう、印象良く思ってもらうためのポスター作成には、さまざまな配慮が必要になるのです。

1. 気持ちは若い!「高齢」「シニア」を強調しすぎないことが大切

老人を強調しすぎたポスター

高齢者と言っても、気持ちが若く、年寄り扱いされたくないという人が多いです。「高齢」「シニア」といった単語を強調しすぎないことが必要になるでしょう。

元気な高齢者は、少し若い年代向けの商品やサービスを好むとも言われています。年寄り扱いせずに、高齢者の特徴や好みに合ったポスター作成を行うことが必要になるでしょう。

2. わかりやすさが肝心!情報の詰め込みすぎはNG

情報を吸いこむポスター

伝えたい情報を絞って、わかりやすく伝えることが必要でしょう。高齢になっても若々しい人もたくさんいるのですが、認知力が低下してくる年代でもあります。簡単でわかりやすく伝えることが重要になります。
1番伝えたいことを、理解しやすい言葉で掲載することが望ましいと言えるでしょう。

3. 文字が読みやすい・見やすい文字サイズにする

視力検査のポスターと杖をついた老人

視力が低下して、小さな文字を読めなくなってきている人も多いです。ポスターですから、ある程度文字を大きくできますが、どこから見るのかを考慮して見やすい文字サイズにすることも必要でしょう。

また、横書きよりも縦書きの方が読みやすいと感じている人が多いようです。新聞など縦書きの方が慣れている人が多いため、読みやすさに配慮して縦書きのデザインにすることで、見てもらえるチャンスを増やすかもしれません。

4. 認識しやすいカラー・色使いにする

様々な配色のひらがなのあが書かれたカード

若い年代とは異なり、地の色と文字の色の組み合わせによって認識しにくくなる場合があります。明度に違いがなければ、はっきり見えない場合があるのです。
例えば、グレー地と黒の文字の組み合わせでは、はっきり読めない場合が多いのですが、白地に黒の文字なら認識しやすく読みやすくなります。

ぼんやりさせるような色の組み合わせでなく、読んでもらう部分は特に、文字がはっきり見える色の組み合わせが必要になるでしょう。

高齢者に好まれるカラー

高齢者に好まれる色は、男性で青や緑、女性ではピンクやオレンジ、緑だとされています。高齢者向けの広告やポスターで、緑色が多く使われているのは、男性にも女性にも好まれている色であることが理由です。

また、年齢を重ねるにつれて水晶体が濁ってきてしまうため、黄色を認識しにくくなってしまいます。黄色は識別しにくいため、目立たせたい部分には使わないことが望ましいでしょう。

5. スッキリしたデザインが好まれる

おしゃれなデザインであっても、高齢者には好まれない可能性が高いでしょう。高齢者に好まれるデザインは、シンプルでわかりやすいものであるケースが多いです。文章と同じで、デザインも簡潔でわかりやすいことが望ましいでしょう。

また、写真やイラストを上手に使って、伝えたいことをイメージしやすくすることも大切です。商品を宣伝するポスターならば、商品画像を掲載することが必要ですし、その商品によってどんな効果が得られるのかがわかる画像も良いでしょう。