セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ >
  3. 販促チラシ印刷にぴったりな『オフセット印刷機』の仕組みやメリット
オフセット印刷のメリット

販促チラシ印刷にぴったりな『オフセット印刷機』の仕組みやメリット

オフセット印刷機は大ロット生産が得意なので、販促チラシの印刷にぴったりです!家庭用プリンターを使うとインクが勿体ないですから、オフセット技術でお得に作ってくれる印刷業者への依頼がベストです。

>>販促チラシの印刷ならイイチラシへお任せ!無料相談はこちらから!


オフセット印刷機の仕組みやメリットなど

オフセット印刷機

販促チラシなど、大量の印刷物を生産したい時に活躍してくれるのが、オフセット印刷の技術です。オフセット印刷機の仕組み、オンデマンド印刷との違い、オフセット印刷のメリットなどを紹介します。

オフセット印刷とは?仕組みを解説

アルミ製の刷版にインクを塗って、いったん中間転写体のブランケットに転写してから、印刷用紙にプリントする。これが大まかなオフセット印刷機の仕組みです。昔私たちが図工の授業で行った版画を思わせる技術ですが、オフセット印刷機は版画よりももっと複雑な構造をしています。

オフセット印刷機は、刷版の構造が特徴的です。刷版がどのような構造になっているのか、詳しく解説しましょう。

刷版の構造

刷版の表面には、写真の現像にも使われている感光剤が塗られています。そこに紫外線やレーザー光を当てると、画線部は親油性に、非画線部は親水性になるという化学反応が起こります。

つぎに刷版の表面に水を塗ります。親水性の非画線部には水がのり、親油性の画線部には水がのりません。つぎに刷版の表面にインクを塗ると、非画線部にはインクがのらず、画線部にはインクがのります。これで、プリントされる部分とされない部分とに分かれます。

あとははじめに説明したように、中間転写体のブランケットを経て、紙などにインクが転写される流れとなります。

オンデマンド印刷との違い

オフセット印刷とよく比較されるオンデマンド印刷では、刷版の作成は行いません。オンデマンド印刷は、パソコンからデザインのデータをプリンターに送って印刷する仕組みです。

オフセットはオンデマンドより単価が得

部数が多いほど低単価に

オフセット印刷の技術は、1万部以上など、大量の印刷物を生産するのに適しています。刷版と紙が直接接触しない構造のため刷版が傷みにくいからです。印刷部数が多いほど一部あたりの金額(単価)が安くなるという利点もあります。単価に関してはオンデマンド印刷よりもお得です。

中間転写体のブランケットがゴム素材なので、印刷できる紙質の幅が広いという長所もあります。表面がデコボコしている特殊紙にも、しっかり絵柄をプリントすることができます。

高品質な仕上がりも、オフセット印刷の大きな特長です。写真は鮮明に、文字は精細に、美しくプリントされます。オフセット印刷の特徴に注目してみると、チラシ印刷に役立つ技術であることが分かるでしょう。

~ オフセット印刷のメリットまとめ ~

  • 大ロット生産が得意
  • 単価がおトク
  • いろいろな紙質に印刷できる
  • 高品質な仕上がり

大ロットの販促チラシは自作より依頼を

家庭用プリンターとインク

家庭向けのプリンターは、大ロット生産には向いていません。たとえば、販促活動に使うチラシを千単位・万単位で印刷したとしたら、一気にインク残量がゼロになってしまいます。

インクカートリッジは高額ですし、紙代もばかになりません。販促チラシは低コストで作成することも課題の1つですから、オフセット印刷機を備えている印刷業者に注文するのがベストな判断と言えます。