セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ >
  3. 【目立つ広告作成】絶対目にとまる!スルーされないチラシのポイント

【目立つ広告作成】絶対目にとまる!スルーされないチラシのポイント

絶対目に留まるチラシを見つめているオジサン

広告はどんなにデザイン性が高くても、目にとまることなくスルーされてしまったら、何の効果も得られません。見てもらうことが必要ですが、ただ単に派手にするというのはNG!上手に目立つチラシにしなければならないのです。

>>ノウハウの詰まったチラシならイイチラシへお任せ!無料相談はこちらから!

スルーされることも…チラシは目立つことで読んでもらえる可能性が高まる!

たくさんのチラシに翻弄されている男性

地域や曜日によって違いますが、たくさんのチラシが入ってくることもあると思います。そんな時、全てのチラシに目を通すでしょうか・・・??
目についたものはチェックするかと思いますが、中にはスルーしてしまうチラシも出てくるでしょう。

全てのチラシが見てもらえるわけではありません。つまり、チラシを打ったからと言って、必ず見てもらえるわけではないのです。
チラシ作成において、他のチラシに紛れることがないように目立たせることも大切なポイントでしょう。

ただ目立つだけなのはNG!

赤と黄色が主体のチラシを見て困惑している若い女性

「目立つチラシ」と言っても、派手な色使いをすれば良いというものではありません。趣味の悪い派手さをアピールしてしまうと、企業自体が「センスがない」というイメージを持たれてしまうでしょう。

「目立つ」と一言で言っても、その人によって興味を引かれるカラー・デザインは異なります。
女性ならば、女性らしいピンクなどのカラーを使ったチラシに目が行きやすいですし、スーパーのチラシなどで使われている黄色と赤の組み合わせは、安い・特売などのイメージがありますから、主婦層の興味を引く可能性があるでしょう。

単に奇抜な色を使って派手にするのではなく、ターゲットを意識した目立たせ方が必要なのです。ターゲットにとって、目立ってみえるチラシを目指すと良いでしょう。
チラシを目立たせるには、次に紹介するような点で工夫すると良いでしょう。

用紙の種類(厚さ・紙の質)

他のチラシとは異なる種類の用紙を使用すれば、目立ちます。厚みのある用紙を使っただけで、目立つ場合もあるでしょう。
もちろん、紙の質や厚さにこだわると、用紙の費用が高くなりますから、目立つことだけでなく費用も考慮した上で、適切な用紙を選ぶことが大切です。

掲載する画像/デザイン

ターゲットの興味を引く画像を目立つ位置に配置するなど、画像の使い方・デザインの仕方で目立たせることも可能です。

キャッチコピー

刺さるキャッチコピーやインパクトのあるキャッチコピーは、1度見ただけで覚えてしまいますし、興味が沸きますからチラシをよく読んでみるという行動につながるでしょう。

色使い

目立つ色を使えば、目立つチラシになるとは限りません。また、目立っても興味を持ってもらえないのでは、効果的ではありません。
ターゲットの興味を引く色使い、色の組み合わせ方が重要なポイントとなるでしょう。

配布する曜日選びで目立たせることも。

折込チラシの曜日による違いを見て納得している男性

曜日によって、配布されるチラシの数は違ってきます。たくさんのチラシが入ってくる曜日もあれば、求人情報などのチラシが少ししか入ってこない日もあるでしょう。

チラシの目的や宣伝したい商品・サービスによって、適した曜日は異なりますが、目立たせることを優先するのであれば、チラシが少ない曜日を選ぶことで、他のチラシに紛れることなく目立たせることも可能でしょう。

シンプルな単色チラシが目立つことも!?

スーパーの単色チラシを見て目を輝かしている主婦

単色チラシは、費用を抑えて作成することが可能ですが、いま一つ華やかさに欠けるというデメリットもあります。単色(モノクロ)であれば、商品のカラーを表現できませんから、商品をイメージしにくい場合もあるでしょう。
しかし、単色チラシは安っぽい印象を与えてしまう可能性がありますが、特売のチラシなどに適している場合もあります

手書きチラシも注目されています

手書きチラシ

この時代だからこそ、手書きのチラシが注目を集めていると言えるでしょう。
しかし、「手書きなら何でも注目を集めるか」と言えば、そうではありません。目立つ手書きチラシは、ただ単に手書きにしたものではなく、親近感が沸くような工夫がなされています。

手書きチラシは、手軽に作れそうなイメージを持っている人も少なくありませんが、そうではありません。デザインや内容、文字の書き方、イラストなど…よく考えて作らなければなりません。