SWOT分析とは?分析結果に基づくチラシクリエイティブの改善方法

0120-93-4747 受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝
仕様から相談したい方
無料相談
仕様がお決まりの方
無料見積り

SWOT分析とは?分析結果に基づくチラシクリエイティブの改善方法

swot

 

マーケティングフレームワークの中でも耳にすることの多いSWOT分析ですが、広告のデザインを考える際にも役立てることができます。

 

弊社にお問合せ頂く多くのお客様は目的(集客)を達成するための手段としてチラシの作成を検討し弊社にお問合せいただきます。

 

チラシの反響を上げる為には、受け取った人に魅力を感じてもらう必要があり、魅力をチラシに表現する為には、競合他社などの外部環境も考慮し、自社の提供しているサービスの強みを明確にし、キャッチコピーや文章化し、それを正しく伝えるデザインに起こす必要があります。

 

今回はSWOT分析を用いてチラシのクリエイティブを改善する方法をチラシサービスサイトの目線でお届けいたします。

 

 

SWOT分析とは

SWOT分析とは、

  • Strength(強み)
  • Weakness(弱み)
  • Opportunity(機会)
  • Threat(脅威)

の頭文字を取ったもので、

 

内部環境のStrength(強み)・Weakness(弱み)

外部環境のOpportunity(機会)・Threat(脅威)

に分けて4つの項目について分析する手法です。

 

内部環境(自社)

S:Strength(強み)
提供するサービスや商品において自社に優位性がある要素

 

W:Weakness(弱み)

提供するサービスや商品において他社に劣る要素

外部環境(市場)

O:Opportunity(機会)

提供するサービスや商品が消費者のニーズを満たして利益を上げられる可能性のある分野

不足しているものへの供給、既存サービスを新しい優れた方法で供給、全く新しいサービスの供給

 

T:Threat(脅威)
環境やトレンドの不利な変化によって引き起こされる障害や難局

 

 

内部環境は外部環境による影響が発生する為、まずは外部環境の分析からはじめましょう。

SWOT分析を行うメリット

SWOT分析のメリットは漠然と自社の強みや弱みを考えるのではなく、SWOTの外部環境(O・T)の2要素も考慮し分析を行うことで、内部環境と外部環境をより正確に把握できること。

また分析により把握した内容をもとに、より精度の高い経営戦略を立てたり、施策を行う際の仮説立てが可能になることです。

 

把握した強みを生かし競争力を高める策を講じサービスの訴求力を高める戦略を練れるようになること、

把握した弱みの対処策を講じることで機会損失のリスク軽減を目指す戦略を練れるようになることもメリットといえるでしょう。

 

 

SWOT分析のサンプル

地域密着で長年経営を続けてきた学習塾を仮定した場合、以下のようにSWOT分析サンプルを示すことができます。

 

Strength(強み)

過去に高いレベルの合格実績があり、それを実現するノウハウを持っている

面倒見の良さが評判で、卒業生のアルバイトが多く塾の雰囲気が良い

地元の学校との関係性が良好で地域校の情報を多く持っており定期テスト対策も好評

 

Weakness(弱み)

駅から離れた場所に位置している

Webサイトが昔に作ったままになっており古い印象を持たれている

 

Opportunity(機会)

他塾に比べ地域内で、歴史があり認知度は高い

近隣に複数の学校があり、生徒の分母は毎年ある程度担保されている

 

Threat(脅威)

近隣に大手塾が出来た

オンラインサービスを提供する学習塾が増えてきた

生徒や保護者の進学に対する思考が変わってきた

 

SWOT分析をチラシデザインに活用する

前項のサンプルで書き出した強みに関して、近隣の競合よりも明確な優位性があったと仮定すると、

「〇〇年度生徒募集」などといった漠然とした対象の広いキャッチコピーではなく、

「高いレベルの合格実績を持ちながら、塾の雰囲気も良く、受験だけでなく学校の試験対策も出来る学習塾である」という強みを軸に絞りキャッチコピーにすることで、

その内容を欲している層への訴求力を高め反響につなげることができます。

 

おわりに

今回はチラシのクリエイティブ改善を目的として、SWOT分析についてご説明させていただきました。

 

SWOT分析はマーケティング戦略の中の環境分析に該当します。

本記事ではチラシのクリエイティブ改善という点でSWOTのSにフォーカスしましたが、より精度の高いマーケティング戦略を構築する際は、

内部環境(S・W)の分析を補う分析手法としてVRIO分析、外部環境(O・T)を補う分析手法としてPEST分析や3C分析や5フォース分析といった環境分析のフレームワークも併用することで、SWOT分析の精度を高めることができます。

 

チラシを作る際や、反響の低下を感じたら一度、SWOT分析を行い自社サービスと周辺環境を見直すことで、新たな戦略を見つけられるかもしれません。

 

イイチラシではチラシや広告販促に付随するマーケティングサポートも実施可能です。

お気軽にご相談ください。

どんな内容でもお気軽に
ご相談ください!

  • お急ぎの方はお電話ください。

    0120-93-4747

    受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝

  • 仕様を決めるところから相談したい方は

    無料相談
  • 仕様がお決まりの方は

    無料見積り

おすすめ記事

PAGE TOP