セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 > 封筒ノチエブクロ >
  3. 封筒サイズ/定形の基準/切手の値段など、知っておきたいルール

封筒サイズ/定形の基準/切手の値段など、知っておきたいルール

サイズ、定形の基準、切手の値段…封筒のルールを知っていますか

封筒には、定形封筒と定形外封筒の2種類があることを知っていますか?
また封筒には長3に角2など色々なサイズがありますが、どのサイズが定形または定形外に該当するのかを判断できますか?さらに封筒に貼る切手の値段や郵送料は、何を基準に決定されるのかが分かりますか?いずれの答えも不明、何となくは分かるけど認識が曖昧…という人は、以下を要チェックです!

>>封筒のサイズなどに迷ったらイイチラシにお任せ!無料相談はこちらから!


『定形封筒』と『定形外封筒』の違いは何?

封筒には大きく分けて、定形のものと定形外のものとがあります。
日本郵政の決めた定形郵便物の条件に当てはまるものが『定形封筒』であり、条件に当てはまらないものは『定形外封筒』に分類されます。具体的には、以下の条件を満たしている封筒は、定形封筒および定形郵便物に該当します。

サイズ … 横90mm~120mm×縦140mm~235mm
厚さ … 1cmまで
重量 … 50gまで(25gまでは切手代82円、50gまでは切手代92円です)

定形封筒にも定形外封筒にも、さまざまなサイズや形があり、それぞれ呼び方が決まっています。
『長3封筒』や『角2封筒』など、おそらく耳にしたことがあるでしょう。
定形封筒と定形外封筒のサイズの種類、それぞれの寸法(ミリ数)、どれくらいの大きさの用紙を入れられるかの3点を以下の一覧表にまとめましたので、参考にしてください。

定形封筒のサイズ一覧

種類 サイズ(横×縦) 入れられる用紙サイズと折り方
長形 長形3号 120mm×235mm A4判の用紙 三つ折り
長形4号 90mm×205mm B5判の用紙 三つ折り
長形5号 90mm×185mm B5判の用紙 三つ折り
長形13号 105 mm×235 mm A4判の用紙 三つ折り
長形14号 95 mm×217 mm B5判の用紙 三つ折り
長形30号 92mm×235mm A4判の用紙 四つ折り
長形40号 90mm×205mm A4判の用紙 四つ折り
角形 角形8号 119 mm×197mm A6・B7判の用紙 折り無し
洋形 洋形1号 120mm×176mm A4判の用紙 十字折り
洋形2号 114mm×162mm A4判の用紙 十字折り
洋形3号 98mm×148mm A7・B7判の用紙 折り無し
洋形4号 105mm×235mm A4判の用紙 三つ折り
洋形5号 95mm×217mm A4判の用紙 三つ折り
洋形6号 98mm×190mm B5判の用紙 三つ折り
洋形7号 92mm×165mm A7・B7判の用紙 折り無し
洋形長3号 120mm×235mm A6・B7判の用紙 折り無し
洋形長4号 90mm×205mm A4判の用紙 三つ折り

定形外封筒のサイズ一覧

封筒の種類 サイズ(横×縦) 入れられる用紙サイズと折り方
長形 長形1号 142mm×332mm A5判の用紙 長二つ折り
長形2号 119mm×277mm B5判の用紙 長二つ折り
角形 角形0号 287mm×382mm A4・B4判の用紙 折り無し
角形1号 270mm×382mm A4・B4判の用紙 折り無し
角形2号 240 mm×332 mm A4・B5判の用紙 折り無し
角形3号 216mm×277mm B5判の用紙 折り無し
角形4号 197mm×267mm B5判の用紙 折り無し
角形5号 190mm×240mm A5判の用紙 折り無し
角形6号 162mm×229mm A5判の用紙 折り無し
角形7号 142mm×205mm B6判の用紙 折り無し
角形20号 229mm×324mm A4判の用紙 折り無し
角形B3号 375 mm×525 mm A3・B3判の用紙 折り無し
角形A3号 335 mm×490 mm A3・B4判の用紙 折り無し
角形A4号※ 228 mm×312 mm A4・B5判の用紙 折り無し
角形ジャンボ 435 mm×510 mm A3・B4判の用紙 折り無し

※角形A4号は、A4判の用紙を入れるのに丁度良いサイズなので、A4封筒と呼ばれることも多いです。

封筒に貼る切手代はサイズでなく重さで決まる

封筒に貼る切手代についてですが、値段はサイズで決まるのではなく、重量で決まります。
重ければ重いほど値段が高く、反対に軽ければ軽いほど値段は安くなります。これは定形封筒(定形郵便物)の場合でも、定形外封筒(定形郵便物)の場合でも、同じことが言えます。
たとえば2~3枚の手紙を入れた封筒や、ほんの数ページのミニカタログを入れた封筒なら、大した重量ではありませんから、82円や92円の切手で十分間に合うでしょう。

重量に対しての具体的な値段設定が分からない人は、以下の表を参考にしてください。

定形郵便物

25g以内82
50g以内92

定形外郵便物(規格内)

規格内は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内とします。

50g以内120
100g以内140
150g以内205
250g以内250
500g以内380
1kg以内570
2kg以内取り扱いません
4kg以内

定形外郵便物(規格外)

50g以内200
100g以内220
150g以内290
250g以内340
500g以内500
1kg以内700
2kg以内1,020
4kg以内1,330

ミニレター(郵便書簡)

25g以内62

レターパックライト(交付記録郵便としない特定封筒郵便物)

厚さは3cm以内とします。

4kg以内360

レターパックプラス(交付記録郵便とする特定封筒郵便物)

交付記録郵便のオプションサービス料金は、レターパックプラスの料金に含まれています。

4kg以内510