STP分析とは?STP分析でチラシで訴求する内容を明確にする方法

0120-93-4747 受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝
仕様から相談したい方
無料相談
仕様がお決まりの方
無料見積り

STP分析とは?STP分析でチラシで訴求する内容を明確にする方法

 

チラシの効果を上げるために重要な要素として、『情報を届ける相手を明確にすること』が挙げられます。

 

チラシの反響が落ちてきたり、思った結果にならないときは、自社の変化だけではなく、外部の変化による影響も考慮し、チラシで訴求する内容を再考する必要があります。

 

チラシのデザインの中でも重要な役割をもつキャッチコピーですが、なかなか思いつかないという声も多くいただきます。

ターゲットに刺さるキャッチコピーを考える際には、マーケティングフレームワークの『STP分析』を活用することでスムーズにかつより反響の期待値の高いコピーライティングが行うことができます。

 

提供したい価値がありきの広告ですが、消費者が独自の購入基準を持っていたり消費者が選ぶ選択肢が多い業種では、正しいターゲティングを行いニーズに応じた価値の提供が必要となります。

 

今回はSTP分析を用いてチラシのクリエイティブを改善する方法をチラシサービスサイトの目線でお届けいたします。

 

STP分析とは

STP分析とは

  • Segmentation
  • Targeting
  • Positioning

の頭文字をとったもので、

市場の細分化、細分化した市場から狙う市場の絞り込み、その市場での自社の立ち位置の3つの項目について分析する手法です。

新たに事業を展開する際や、現在進行している事業において、STPの3項目を軸に自社が提供していく価値を明確にするために行います。

 

S:Segmentatimon(市場細分化)

セグメンテーション。

市場の細分化(ニーズごとにグループ化)を行います。

 

年齢、性別、職業、収入などといったデモグラフィック(人口統計学属性)

地域、人口密度などのジオグラフィック(地理的属性)

ライフスタイル、価値観、購買動機などのサイコグラフィック(心理的属性)

購買経路、頻度、日時などの行動変数

をもとに提供しているサービスにおいて次項のターゲティングを行う前提で市場をグループに分けます。

T:Targeting(狙う層の絞り込み)

ターゲティング。

セグメンテーションで分けたグループから価値を提供する層を絞り込みを行います。

 

狙う層の絞り込みを行う際は、3C分析(自社、競合、顧客それぞれについての分析)を行うことでより精度を上げることができます。

自社だけではなく、競合や顧客についても十分に分析を行いましょう。

 

P:Positioning(自社の立ち位置の決定)

ポジショニング。

セグメンテーションで仕分け、ターゲティングで絞り込んだ層へ、競合を加味し、自社が提供する価値を決定を行います。

 

選択した市場が仮にレッドオーシャンだったとしても、「ニーズはあるが競合が提供できていない価値」を「自社に利益が上がる仕組みで提供」することが出来ればそれが価値となります。

自社の立ち位置を決める為には、ターゲティングの項でも記した3C分析で自社、競合、顧客

自社の強みを明確にするためにはSWOT分析も活用しましょう。

SWOT分析とは?分析結果に基づくチラシクリエイティブの改善方法

 

STP分析を行うメリット

STP分析を行うことにより、市場のニーズを把握し自社が提供できるサービスと親和性の高い層を見極め、競合を加味し自社が提供する価値を明確にすることができます。

明確にした情報をもとに提供する価値(製品やサービスの特徴(Product)、価格(Price)、流通(Place))の質を高める経営戦略の考察や、価値を明確にすることにより広告(Promotion)で訴求する内容の質を向上させることができます。

 

STP分析の結果をチラシに活用する

STP分析を行うことにより、誰に・どのような価値を提供すべきかを定めることができたら、その価値は貴社の強みそのものとなりますので、メインのキャッチコピーに採用しましょう。

誰に向けたものなのか(ターゲット)を明記し、そのターゲットにどのような価値をできるのかを明記しましょう。

ターゲットを絞り込むことを恐れ、あたりさわりのない万人に向けたキャッチコピーを採用すると結果として誰にも訴求内容が刺さらず、反響に繋がらないということは多くあるので思い切って絞り込んだ訴求を行いましょう。

 

おわりに

今回はチラシのクリエイティブ改善を目的として、STP分析についてご説明させていただきました。

 

チラシを作る際や、反響の低下を感じたら一度、STP分析を行い自社の提供すべき価値を見直すことで、反響を上げる訴求内容を見つけられるかもしれません。

 

STP分析は一般的に環境分析の後の戦略立案のためのマーケティングフレームワークです。

STP分析を行うための情報が不十分な場合は、環境分析から始めることでスムーズにSTP分析を行うことができます。

ただし考えすぎてしまうとチラシに掲載する内容の完成から遠ざかってしまいますので、チラシのデザイン(掲載内容)の改善においては『ターゲットを明確にすること』を念頭において取り組んでみてください。

 

イイチラシではチラシや広告販促に付随するマーケティングサポートも実施可能です。

お気軽にご相談ください。

どんな内容でもお気軽に
ご相談ください!

  • お急ぎの方はお電話ください。

    0120-93-4747

    受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝

  • 仕様を決めるところから相談したい方は

    無料相談
  • 仕様がお決まりの方は

    無料見積り

おすすめ記事

PAGE TOP