セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 > タペスリマニア >
  3. 安いテトロン、強いターポリン等。タペストリー生地の種類と特徴

安いテトロン、強いターポリン等。タペストリー生地の種類と特徴

強みや弱みなど、タペストリーに使われる生地の特徴

リーズナブルだけど耐久性は弱めの屋内向きタイプ、強い雨風や直射日光など厳しい環境にも耐えられる屋外向きタイプ、写真も鮮明にプリントできる高品質なタイプ、光沢があり高級感を演出できるタイプ…などなど、タペストリーに使用される生地には数多くの種類があります。それぞれの強みや弱みなど特徴を紹介しますので、選択時の参考にしてください。

>>イイチラシではどんなタペストリーも作成可能!無料相談はこちらから!


クロス

タペストリーの推奨生地です。
布のように柔軟性があるので丸めやすく折り畳みも可能、軽量で持ち運びしやすいなどの特徴があります。文字や絵柄をプリントするとマットな感じに仕上がるので、上品なデザインのタペストリーに向いているでしょう。印刷方法はインクジェットが最適。色数の多い写真も美しく鮮明にプリントされます。

ターポリン

ポリエステルやナイロンの織物を、合成樹脂(ビニールなど)でコーティングしたもの。
日除けのためのテント、野積シート、横断幕、懸垂幕などにも使用できるほど頑丈なため、屋外に長期展示するタペストリーを作成したい場合に選択するとよいでしょう。

遮光ターポリン

遮光スエードや遮光ツイルのように、表にも裏にもプリント可能な生地です。
数ある生地のなかでトップクラスに丈夫なので、お店の外壁などに長期設置するタペストリーに適しています。

テトロンポンジ

テトロンポンジは、テトロンと略して呼ばれることも多いポリエステル素材の生地です。
コストパフォーマンスに優れる、薄くて軽量、裏抜けがよいなどの特長があります。あまり丈夫ではありませんので、屋外で使用する場合はおよそ3ヶ月が寿命と心得ておきましょう。

※裏抜けとは、表側にプリントした文字や色柄が、裏側からでも透けて見えることを指します。

テトロントロピカル

テトロントロピカルは、テトロンポンジと同じくポリエステル系生地に分類されます。
テトロンポンジに比べると裏抜けは良くありませんが、ポンジよりも厚手で耐久性に優れる特長があります。タペストリーのほか屋外に飾るのぼり旗にも適しています。

スエード

テトロンと同じくポリエステル素材の生地ですが、テトロンと違って光沢を帯びています。
リッチな感じのタペストリーを作成したい時にお勧めです。テトロンより厚手で丈夫ですが、厚手なぶんアイロンをかけると伸びやすい弱点があるので、シワが寄ってしまったら、蒸気を当てながら軽くひっぱる程度に留めておきましょう。またシルク印刷は光沢が落ちるので、インクジェットでプリントしましょう。

遮光スエード

黒い生地を中心に挟んでいるため遮光性をもち、両面にプリントすることができます。
両面プリント可能なほか、発色がよい、表裏ともに光沢がある、非常にコシがあり丈夫、といった特性も備えています。遮光スエードは、窓用(屋内)タペストリーや、間仕切り用のタペストリーにぴったりです。

トロマット

ポリエステル素材の生地で、テトロントロピカルの2倍の厚さがあります。
発色に優れ、文字や柄の細かい複雑なデザインも鮮明にプリントできる特長があります。以上から屋外で使うタペストリー、大型のタペストリー、色数の多い写真入りのタペストリーなどに適すと言えます。

遮光ツイル

ポリエステル系の生地で、耐久性の高い綾織りで作られています。
遮光スエードと同じく両面にプリントすることができます。遮光スエードより低価格なので、コスト優先の人はこちらを選ぶと良いでしょう。やはり窓用タペストリーや間仕切り用のタペストリーに適しています。