セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > 名刺全書 >
  3. ビジネス?プライベート?名刺用紙えらびは用途で決める!

ビジネス?プライベート?名刺用紙えらびは用途で決める!

種類いっぱいの名刺用紙、どうやって選ぶ?

名刺用紙と一口にいっても、紙質もカラーもバラエティ豊か、数多くの種類があります。
オーソドックスな白いマットコート紙、写真やイラストが映える光沢紙、クリエイティブな透明フィルム、クールでかっこいいメタリックフィルム等々。どれも魅力的で一通り使ってみたくなりますが、大事な取引相手に渡すのにテカテカの光沢紙、個性をアピールしたいのに地味なマットコート紙…なんて不自然でアンバランスな名刺になってしまわないよう、用途に適した正しい選び方ができるようになっておきましょう。

>>イイチラシならどんな用紙でも対応可能!無料相談はこちらから!


マットコート紙

上質紙の表面に、つや消しコーティング剤が塗布されている印刷用紙のこと。カラーは白です。
普通の紙より手触りが滑らか、光沢紙やコート紙より光沢が抑えてあり上品、落ち着いた色味に仕上がるなどの特徴をもつため、ビジネス用の名刺を印刷するのに向いています。

再生紙

新聞・雑誌・牛乳パックなど一旦使用した古紙を、すき直して作った紙のこと。
再生紙で作った名刺は、エコ名刺やリサイクル名刺などと呼ばれます。「エコ観念のある人」というアピールができ、企業のイメージアップにつなげられるので、ビジネス名刺に適しています。

光沢紙

光を反射して、紙の表面がツヤツヤと光る紙のことを光沢紙といいます。
コピー紙のようにインクが滲んでにじんでしまわず、鮮やかで美しい発色を得られるので、写真入りの名刺を作りたい時に最適です。モノクロ基調など全体的にシックなデザインなら、ビジネス用にもOK。自分の写真を入れた名刺は顔を覚えてもらえるので、営業職の人にはうってつけでしょう。

クラフト紙

漂白処理を行っていない、茶色いパルプ紙のことです。
丈夫で容易には破れないため、主に包装用紙の用途で用いられていますが、名刺にも利用できます。
クラフト紙のイメージは、温かい・レトロ・シックといったところ。デザイン次第で、ビジネス名刺にもプライベート名刺にも使えます。ビジネス名刺の場合、紙製品を扱っている企業のアピールに良いかも。

トレーシングペーパー

主に複写の用途で使われる、曇りガラスのような半透明の紙が、トレーシングペーパーです。
トレーシングペーパーで作成した名刺は、向こう側が透けて見えるので、スケルトン名刺などと呼ばれます。個性の強い素材ですが、色使いやイラストを控えめにすれば、ビジネス用名刺にも使えます。

透明フィルム

ずっと財布に入れておきたいと思われるような、おしゃれな名刺を作りたい!
そんな人は、スタイリッシュな雰囲気になる透明フィルム(プラスチック製)がおすすめ。名刺は紙媒体のことがほとんどですから、確実に他よりも際立って、交換相手の印象に残るはず。

透明フィルムの名刺はどちらかというとプライベート向きですが、デザイナー、美容師、ショップ店員といった職業の人ならば問題ナシでしょう。個性アピールに役立つほか、丈夫で破れないというメリットも。

メタリックフィルム

メタリックな光沢を放つメタリックフィルムは、高級感を演出できる印刷用紙です。
メタリックフィルムで作った名刺は、クールでメカニックな雰囲気になるので、男性に特に好まれるでしょう。
職業分野で言えば、自動車メーカー、IT企業、メカトロニクスエンジニアなどのイメージでしょうか。