セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > 名刺全書 >
  3. 【ベストな色や素材、ブランドなど】ビジネス用名刺入れの選び方

【ベストな色や素材、ブランドなど】ビジネス用名刺入れの選び方

名刺入れは、機能性やシーンを考えてセレクトしよう

ブランドからデザインから素材から、無限とも言えるほど種類が豊富にある名刺入れ。
男性ならカッコイイものを、女性ならカラフルで可愛いらしいものを…と、つい見た目ばかりにこだわって選びがちですが、もしあなたが社会人でビジネス用の名刺入れを探しているのならば、見た目だけを基準に選ぶのはちょっと危険です。ビジネス用の名刺入れは、すんなり中身を取り出せる使い勝手(機能性)の良さや、相手に好感をもたれるデザインかを基準に選ぶことが一番大切です。

>>イイチラシではチラシ以外のどんなお悩みでも対応可能!無料相談はこちらから!


ビジネスシーンには、黒やこげ茶色が最適!

ビジネスマン、ビジネスウーマンが持ちたい名刺入れのカラーは、ズバリ黒やこげ茶色。
黒やこげ茶色は、真面目・大人・落ち着き・信頼などの印象を与えるので、ビジネスのシーンにぴったりです。黒やこげ茶色の名刺入れは、手垢など汚れが目立ちにくい長所もあります。

デザインがシンプルならば、ベージュやキャメル色など薄い茶色でもかまいません。
ただし汚れが目立ちやすい欠点があるので、マメに拭いたりクリーニングに出すなど、お手入れをしっかりして。色が何だろうと、汚い名刺入れはマナー違反です。

好ましくないカラーは、赤・オレンジ・黄色などいわゆるビビットカラーです。
赤はケバケバしい、血液、攻撃的といった印象のカラーなので、「相手と和やかに良好な関係を築く」のがルールのビジネスシーンには不向きです。オレンジや黄色は、遊びのイメージがあるので×です。

ステータス高めなら、革製の名刺入れがベスト

ビジネス用の名刺入れの素材は、革がもっとも人気が高いようです。
既成製品だけでなく、オーダーメイドの名刺入れでも、革製に注文が殺到しているのだとか。革製の名刺入れは上品で高級なイメージなので、ビジネスシーンにぴったり。管理者や取締役など、上のポジションにいるビジネスマンには特に似合うかも。

ブランド物でも、シンプルなデザインならOK!

女性に人気のファッションブランドと言えば、プラダ、ヴィトン、コーチの3つですよね。
名刺入れに関しても、この3つのブランドが人気を博しているようです。

品と高級感のあるブランド物の名刺は、ビジネスのシーンで持っても決して悪くありません。
しかしデザインが派手過ぎないよう注意しましょう。これはメンズの名刺入れを選ぶ場合でも同じです。

全面にカラフルなロゴが散りばめられていたり、大きくて目立つ金属装飾がついていたり。こんな名刺入れは、「チャラチャラした人」「だらしない」というレッテルを貼られる恐れがあります。基本は無地、小さくワンポイント程度にロゴが入っているものなら問題なしです。

アニマル皮は、派手で残酷なイメージなのでNG

ヘビやワニなど、お金持ちでハイステータスな雰囲気が漂うアニマル皮の製品。
愛用すればビジネス運も高まりそう(?)…ですが、正直ビジネスのシーンに相応しいとは言い難いです。
特に社会人1年生なんかが持っていたら、相手はびっくり仰天してしまうでしょう。派手、成金、悪趣味などのイメージならまだしも、ヘタをすると「残酷な人」と思われてしまうかも。爬虫類が嫌いな人もいますから、自分が好き=相手も好きとは限らないことを、肝に銘じて。

アルミ製の名刺入れは、賛否両論あり!

薄くて銀色のアルミ製の名刺入れ。もっともオーソドックスな名刺入れで、持っている人も多いでしょう。
非常にシンプルなデザインなので一見お堅いシーンでも大丈夫そうですが、ビジネスのシーンには相応しくないというシビアな意見も多く飛び交っています。

反対派の意見は、チープな印象が相手に失礼、収納箇所が1つしかないのでうっかり貰った名刺を差し出してしまう恐れがある、指紋がつきやすい、名刺を上に乗せたとき滑りやすいから等々。

賛否両論あり絶対にダメと決まっているわけではありませんが、悪評が多いということは相手に悪い印象を持たれる危険性が高いとも言えますから、気になる人は他を選んだほうが良いでしょう。

40枚入るもの、2ポケットの名刺入れが理想的


名刺入れは、たくさん収納できれば良いというものではありません!
パンパンに膨らんだ名刺は、ポケットに入りにくいですし、管理がちゃんとできていない人という印象をもたられてしまうからです。ベストは、40枚くらい入るスリムな名刺入れです。
また収納箇所が1か所(ワンポケット)しかないものもNG。渡す名刺と貰った名刺を分けて入れるため、2ポケットあるタイプが理想的です。