セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > ポスカン全書 >
  3. 【たった3ステップ】ポストカード印刷はコンビ二でもできる!

【たった3ステップ】ポストカード印刷はコンビ二でもできる!

ポストカードの印刷が小部数でいいならコンビ二がお勧め!

印刷用紙を用意したり、トナーを補充したり、写真入りポストカードならメモリーカードも購入したり。
ポストカードを作成すると何かとお金が出ていくものですから、せめて印刷代くらいは安上がりにしたいところですよね。ポストカードの印刷代を安くするには、激安プリントで名高い業者に注文するのがお決まりの手段ですが、業者依頼は小部数の印刷をお願いしにくいところがネックになります。
「ほんの2、3枚でいいのに業者依頼は大げさ」「正直、データ入稿がめんどくさい」「納品まで日にちがかかりすぎる」等々。小部数なのだから当日中に印刷して当日中に完成品を手に入れたい、というのが大半の人の本音なのではないでしょうか。そしてそれが可能なのが、コンビニのプリントサービスです!
今回は、セブンイレブンに設置されているマルチコピー機を利用してポストカードの印刷を行います。
※ふちなし印刷はできません。

>>簡単・激安でポストカードを印刷したいならイイチラシにお任せ!無料相談はこちらから!


デザインデータ作成

まずは、ポストカードのデザインデータ作成を行います。
作成に使うソフトウェアは、イラストレーターでもフォトショップでも何でもかまいません。
オフィスのワードやパワーポイント、エクセルなどでもOKです。
デザイン作成後にデータをSDカードやUSBメモリーなどのメディアに保存します。

ファイル形式について

・画像ファイルの場合:JPEG、TIFF(シングルページ) 、BMP
・文書ファイルの場合:PDF(Ver.1.3~1.7)、XPS(Ver.1.0)、DocuWoks(Ver.3~7)
※JPEG2000は対応しておりません。(PDF等のファイル内にJPEG2000が含まれる場合も同様です。)

サイズ設定について

・最小:54×54pixel
・最大:7,000万画素(縦pixel×横pixel)

対応メディア一覧

microSDカード、SDカード、コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ、メモリースティックDUO、CD/DVD、USBメモリー、赤外線IrDA、無線通信Wi-Fi

印刷方法

データを保存したメディアを持ち、セブンイレブンへ行きましょう。
尚、セブンイレブンのコピー機には、専用の備え付け(私製)はがきがあらかじめセットしてあります。
郵便はがきへの印刷の場合は、コピー機の画面指示に従い、お客様ご自身で入れ替えてご利用いただきます。

STEP.1

マルチコピー機のタッチパネルで「はがきプリント」を選択。

STEP.2

はがき用紙の種類を選択して[上記に同意して、次に進む]ボタンを押してください。
メディアの場合は、画面の指示に従ってメディアをセットします。
※赤外線の場合は、赤外線IrDAの部分にお手持ちの機器の赤外線ポートをかざして送信します。
※事前にメディア内のデータのバックアップを必ずおとりください。

STEP.3

プリントするファイルを選択後、支払方法を選びプリントスタートを押します。

  • 印刷料金:白黒1枚20円(税込)、カラー1枚60円(税込)