セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > ポスカン全書 >
  3. 宛名の場所は?横書きはOK?など、ポストカードの正しい書き方

宛名の場所は?横書きはOK?など、ポストカードの正しい書き方

マナーやルールを心得た正しいポストカードの書き方

デザインソフトなどで丹精込めて作ったポストカード。大事な人に送って喜んでもらいたい、あいさつや近況報告の目的で使いたい…といざ活用するシーンが来たときに、肝心の書き方が分からなくて焦ってしまうことも多いのでは?畏まった手紙などに比べると、手軽でお遊び感覚なイメージのあるポストカードですが、そんなポストカードにもそれなりのマナーやルールというものが存在します。「宛名がくるべき場所に自分の情報を記入してしまった」「宛名とメッセージの文字方向がバラバラ」。こんなおかしな書き方をして相手をびっくりさせてしまわないように、ポストカードの正しい書き方を知っておきましょう。

>>イイチラシならポストカードへの宛名印刷も激安でお任せ!無料相談はこちらから!


意外と難しい?宛名の書き方について

まずは、ポストカードの宛名の書き方について学びましょう。そんな基本的なこと楽勝…と思うかもしれませんが、いざペンを持ってみると、何をどんな風に書いたら良いのか迷ってしまうものです。縦向きデザインのポストカードだけど横書きで宛名書きしていいの?等々。きっと身に覚えがあると思います。

縦向きデザインのポストカードの宛名の書き方

縦向きデザインのポストカードの宛名の書き方は、普通のハガキと全く同じです。
文字方向は縦書きつまり上から下へ書くのが基本ですが、横書きでもルール違反ということはありません。ただし横書きするとカジュアルな印象になりますから、親しい友達への近況報告の場合などに適用しましょう。目上の人への礼状や挨拶状の用途の場合は、縦書きがベターです。

まずは縦書きの手順から紹介していきます。

  1. 切手を貼る枠が、向かって左上にくるようにポストカードを置きます。
  2. ポストカードの右上に、横書きで相手の郵便番号を記入します。
  3. 郵便番号の下、全体的には右上のあたりに文字が来るように、相手の住所を記入します。
  4. ポストカードの中心に、相手の氏名を大きめに記入します。
  5. ポストカードの左下あたりに、差出人つまり自分の氏名と住所を記入します。

※自分の住所・氏名も表面に書くのが基本ですが、裏面に書いてもかまいません。

次に横書きの手順を紹介します。

  1. 切手を貼る枠が、向かって左上にくるようにポストカードを置きます。
  2. ポストカードの右上に、横書きで相手の郵便番号を記入します。
  3. 郵便番号の下に相手の住所、住所の下に相手の氏名を大きめに記入します。
  4. ポストカードの右下あたりに、自分の氏名と住所を記入します。
ポストカードの正しい書き方

———–

裏面全体が写真やイラストで埋まっているため、メッセージを書き込むことができない。
このようなタイプのポストカードの場合は、以下のような書き方をします。

  1. 切手枠が、向かって左上の位置にくるようにポストカードを置きます。
  2. ポストカードの中心に、横線を引きます。上と下、2つにスペースを分ける感じです。
  3. 上のスペースに、上記(縦書きの手順)の要領で、相手の住所氏名、自分の住所氏名を記入します。
  4. 残った下のスペースに、好きなメッセージを書き込みします。

横向きデザインのポストカードの宛名の書き方

横向きデザインのポストカードは、横書きつまり左から右へ文字を書いていく書き方が適しています。

  1. 切手が貼られる枠が、右上の位置にくるようにポストカードを置きます。
  2. ポストカードの左上に相手の郵便番号を、その下に相手の住所を記入します。
  3. 相手の氏名は、ポストカードの中心に記入します。郵便番号や住所より大きく書くのがポイントです。
  4. 自分の住所や氏名は、右下に記入します。

※自分の住所・氏名も表面に書くのが基本ですが、裏面に書いてもかまいません。

————

裏面がすべて写真やイラストで埋まっていて、全くメッセージを書き込むスペースがない。
ポストカードがこのような仕様だった場合は、以下のような書き方をしてください。

  1. 切手枠が、右上にくるようにポストカードを置きます。
  2. ポストカードの中心に、縦線を引きます。右と左、2つにスペースを分ける感じです。
  3. 右側のスペースに、上記の要領で、相手の住所・氏名、自分の住所・氏名を記入していきます。
  4. 残った左側のスペースに、好きなメッセージを書き込みます。

メッセージは「要点をまとめて簡潔に」が礼儀

ポストカードは、手紙などに比べて文章を入れるスペースが少ないですから、要点をまとめて書くことが大切です。小さな文字でメッセージがぎっしり、読むのにルーペが必要…というような書き方は好ましくありません。送る相手が同い年の友達など、自分と同等の立場の人ならギリギリセーフでしょうが、目上の人に送る挨拶状や礼状といった用途では、配慮に欠けると言わざるを得ませんので気を付けましょう。

また宛名が縦書きだったらメッセージも縦書きに、宛名が横書きだったらメッセージも横書きにしてください。ポストカードは、相手の読みやすさや、見た目的なバランスを考慮して書くのがルールです。

ポストカードのオンデマンド・オフセット印刷 4種類の紙でインパクトや個性の演出が可能なポストカード!制作例と紙の種類による違いがわかります。