セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 > のぼり旗玩読誌 >
  3. 【オリジナルのぼり作成】データ入稿のルールやデザインの注意点

【オリジナルのぼり作成】データ入稿のルールやデザインの注意点

オリジナルのぼりデータ作成のルール&注意点

「何処のお店ともかぶらない、オンリーワンののぼりを作成したい!」
「既成のぼりのなかにお店のイメージに合うものがなかった」。

こんな場合は、業者にオリジナルのぼり作成を依頼しましょう。
依頼するにあたりこちら側がやるべき作業は、業者に送信するデザインデータ入稿の作成です。
データ作成に使用できるソフトの種類は、ソフト使用どころかパソコン操作さえ危うい場合は、カラーモードはRGBのままでよいのか…等々、デザインデータ作成や入稿における基本ルール&注意点を紹介。

>>のぼりのデザイン作成もイイチラシへとお任せください!無料相談はこちらから!


オリジナルのぼり作成には、データ入稿が必要

既成デザインから選ぶのではなく、オリジナルのぼりを作成したい場合は、データ入稿が必須です。
データ入稿とは、自分でのぼりのデザインを作成し、業者にそのデザインデータを送信することを言います。デザインデータの作成には、イラストレーター、エクセル、フォトショップいずれかのパソコンソフトを使用します。業者側は、この3つを対応ソフトとしている場合がほとんどです。

どのソフトで作ってもかまいませんが、対応バージョンには注意しましょう。
「イラストレーターの場合はCS3まで」など、対応バージョンは業者によってさまざまですから、依頼業者の情報をよく確認した上でデザイン作成にとりかかってください。「イラストレーターで作成した場合は無料、他は有料」などソフトによって料金が異なる場合もありますので、料金も事前に確認しておきましょう。

デザインデータは便利なテンプレートで作ろう

デザインデータ作成には、のぼりの通販サイトなどからダウンロードできるテンプレートが便利です。
テンプレートには、作成手順や保存方法、のぼりに見立てた規格サイズの枠などが書き込まれています。
あとは枠内に自由に文字、写真、イラスト等を入力していくだけで、デザインデータを完成させられます。

必ず指定通りにデザインデータを作成するようにしましょう。
指定に沿ったものを作らないで入稿した場合、業者側で修正する手間がかかってしまうため、せっかくの無料サービスが有料になってしまうことも。修正料金が発生しないよう、慎重に作ってください。

カラーモードは、必ずCMYKに設定しましょう

のぼりのデザインデータは、CMYKカラーで印刷出力されることを前提に作成してください。
RGBで作成してデータ入稿すると、業者側でCMYKカラーに変換してから印刷を行うのがルールです。
このことを知らないと、作成時パソコンモニターに表示されていたカラーと、出来上がりのカラーとの違いに戸惑ってしまうことになります。

ソフトが使えないなら、手書きデータでもOK

高度なイラストレーターどころかワードやエクセルも使えない、どころかパソコン操作すら満足にできない…そんな場合は、手書きでデザインデータを作成してもOKです。手書きで作成したデザインデータは、FAXで業者に送信することになります。FAXは白黒で送受信されるものなので、文字色や背景色などカラー指定を記入しておくようにしましょう。

※カラー送信もできますが、送信側・受信側ともにカラー対応の機種である必要があります。