セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > リフレビボウ録 >
  3. 【リーフレットの作り方講座】集客力の高いデザインのコツとは?

【リーフレットの作り方講座】集客力の高いデザインのコツとは?

リーフレットは作り方によって集客力が左右される?!

リーフレットを集客に活用するためには、効果的なデザインが重要な鍵を握ります。リーフレットのデザインには、「おしゃれ」「かわいい」などの見た目の良さだけではなく、見る人の行動や心理の理解が求められることから、消費者の購買心理を示した「AIDMAの法則」を取り入れることをおすすめします。

AIDMAの法則とは、お客様が商品のことを知ってから実際に購入するまでを、「注意(Attention)」「関心(Interest)」「欲求(Desire)」「記憶(Memory)」「行動(Action)」の5つのステップで表したもの。この法則を活用することで、より効果的なリーフレットをデザインすることができます。

>>イイチラシなら激安でプロのデザインのリーフレットが作成可能!無料相談はこちらから!


リーフレットの広告効果が上がる5つのデザインのコツ

ここで紹介するAIDMAの法則を活用した5つのデザインのコツを活用すれば、リーフレットによって購入が見込まれるお客様の興味を引くことができるはず。実際に行動を起こしてくれるまでの5つのステップを意識して、広告効果の高いリーフレットのデザインを目指しましょう。

1.コンセプトやターゲットが明確になっている

まず初めに、見込み客の「注意」を引くためには、リーフレットの『コンセプト』や『ターゲット』をはっきり決めておく必要があります。

あらかじめ、「何のために作成するのか?」「対象はどんな人なのか?」「何を伝えたいのか?」ということが明確にしておくことで、ターゲットの注意を引くデザインの方向性が決まってくるはずです。

2.ファーストインパクトを意識している

次にリーフレットのデザインに必要なのが、リーフレットに「関心」を持った見込み客が思わず手に取ってみたくなるような、『ファーストインパクト』がリーフレットにあるか?ということです。

特に、デザイン性が高いリーフレットは、捨てられる可能性が低くなることから、ターゲットの好みをしっかり分析して、見る人の関心を引きつけるデザインを心がけましょう。

3.見る人にとって役立つ情報が載っている

リーフレットで、見込み客の「欲求」引き出すための役割を果たすのが、お客様がその商品やサービスによって得られる利益を意味する『ベネフィット』です。

リーフレットを見ることが自分にとって得かどうかによって、見込み客が「欲しい!」「試してみたい!」という欲求の度合いが変わってくることから、魅力的なベネフィットが求められます。

4.割引や無料サンプルなどのサービスがある

リーフレットが、見た人の「記憶」に残るかどうかのポイントが『オファー』にあります。オファーとは、リーフレットを見た人に提供する特典ことで、オファーの有無が見る人のリーフレットへの興味に影響を与えるのです。

「初回申込者限定!」「今なら〇%割引」「お試しサンプル進呈」などの、魅力的なオファーがあると集客力がかなり高まるといえます。

5.問い合わせのしかたが分かりやすい

リーフレットを見た人が、実際に「行動」を起こそうと考えた時に重要となるのが、『レスポンスデバイス』と呼ばれる問い合わせに関する情報です。

「いつまでに?」「どこに?」「どうやって連絡するのか?」などの、レスポンスデバイスが明確になっていないと、せっかくの見込み客を逃す恐れがあることから、電話番号やメールアドレスなどの分かりやすい記載が必要になります。