セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > リフレビボウ録 >
  3. おすすめのリーフレットとは?広告効果につながるデザインの基礎

おすすめのリーフレットとは?広告効果につながるデザインの基礎

リーフレットのデザインの5つのチェックポイント

すでに販売している商品や、これから販売予定の商品について広く知ってもらうためには、リーフレットの作成がおすすめです。コンパクトな上、重厚感があることから、チラシに比べて「ポケットやバッグに入れて持ち歩きやすい」「捨てられにくい」など、さまざまな特長があります。

そんなリーフレットの特長を「販売促進」に活かしてみませんか?ここで紹介する5つのデザインのポイントを満足していれば、広告効果は確実に上がるはずです。

>>イイチラシのリーフレットなら効果も抜群!無料相談はこちらから!


1.手に取りたくなるような魅力的な表紙

一目で内容が分かるチラシと違って、折りたたまれているリーフレットは、手に取って開いてもらわなければ中を見ることができないのが特徴です。そのため、手に取ってみたくなるような魅力的な表紙がリーフレットのデザインの鍵です。

リーフレットを作成する際は、手に取ってほしいターゲットを明確にして、ターゲットの好みに合ったデザインをリサーチしておくことが大切です。ターゲットが確実に手を伸ばしたくなる、見る側の興味を引くデザインが求められます。

2.伝えたいことが明確になっている

「カワイイから」とか「おしゃれだから」という理由でリーフレットを手に取ったとしても、それが何を宣伝しているものなのか分からなければ、リーフレットを作成する意味はありませんよね?このように、ターゲットに何を伝えたいのか明確になっていることが、リーフレットをデザインする上で重要なポイントなのです。

「新製品をたくさんの人に知ってほしい」「製品のスペックをアピールしたい」「カッコいいデザインを見てもらいたい」など、まずはリーフレットを手に取った人に伝えたいことを決めることで、リーフレットのデザインのヒントが生まれてくるはず。

3.開いた瞬間に見る人の心をつかむ

リーフレットを手に取ってもらったら、次はリーフレットの中に書いてある、伝えたい内容をしっかり読んでもらう必要があります。そのため、意外性やインパクトのあるデザインで、リーフレットを開いた時にターゲットの心をグッとつかむのです。

「配色」「美しい写真」「衝撃的なキャッチコピー」など、見る人の目を引く要素はさまざま。ターゲットの性別や年齢、好みなどによって、どのような要素が好まれるのかを考慮してデザインのコンセプトを決めるとよいでしょう。

4.折り方をデザインに活用している

「紙を折りたたむ」という、リーフレットの特徴を活かしてデザインすることで、リーフレットの魅力はさらにアップします。また、デザインによって、「折りたたまれているので中が見えない」というリーフレットの短所を長所に変えることだってできるはずです。

リーフレットは、A4サイズの二つ折りや三つ折りが一般的ですが、観音開きの四つ折り方を使って、「開く」という動作を楽しむデザインにするほか、定形外の横長の紙の、長さを活かしたユニークなデザインにすることで、デザイン次第でリーフレットの可能性が広がります。

5.適切な用紙を選んでいる

リーフレットは両面印刷した紙を折って使うことから、裏面が透けてしまうようなペラペラの薄い材質の用紙は不向きです。反対に紙が厚すぎると、折り曲げることでひび割れができてしまうので、リーフレットを作る際は、適当な厚さの紙を選びましょう。

また、リーフレットは紙質や重さによって、手に取った人に与える高級感が左右されることから、捨てられないリーフレットをデザインする上で紙選びは重要な要素。できるだけ作成前には、実際に用紙サンプルを手に取って質感を確かめることをおすすめします。