セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > チラシ宝典 >
  3. バカ売れチラシ確定!キャッチコピーの作り方

バカ売れチラシ確定!キャッチコピーの作り方

【キャッチコピーの作り方】バカ売れチラシのコツ!

キャッチコピーとは、チラシの中で対象者が最も興味を持つ箇所の見出しや謳い文句のことです。読み手の興味を引き出す要で、ここができていないとお客様の興味は逸れ、読まれずに捨てられてしまうパターンも多いです。
捨てられないための、バカ売れ!キャッチコピーの作り方を紹介します。

>>プロのライティングやキャッチコピーならイイチラシへ!無料相談はこちらから!


対象者を絞り込む

チラシを読んでもらうためには、読み手を年齢・性別・職種などに絞り込み、読者のニーズに応じたキャッチコピーを考えることが必要です。
例えば、住宅のリフォームや塾の入門、不動産での賃貸契約、スーパーの特売など、お客様の需要をキャッチコピーに作り変えるのも効果的です。

読者の欲求を煽る

読者の欲求を刺激する内容のキャッチコピーを作ることは、お客様の心を掴んで離さなくすることと同じです。読者の望んでいるメリットや情報がキャッチコピー化されていると、チラシから目を読まずに居られなくなります。読み手の興味を煽るためにも、ユニークな内容をキャッチコピーが重要です。

自社や商品メリットをキャッチコピーに!

自社の強みや商品メリットをキャッチコピーとして大見出しに打ち出します。対象者がチラシを判断するのはほんの一瞬であるため、メリットが分かり易いようキャッチコピーとして作成されていなければなりません。また、そのメリットが読者にとって有益かどうかも関係してくるため、必要性のある情報かどうかを判断して作成します。

具体的な数字で心理効果を与える

具体的な数字を提示することにより、読み手はチラシの効果や価格を把握することができます。さらに数字が加わったことで説得力が増し、購入を考えるなどの心理作用を引き出します。
価格なら激安をアピールすることができ、効果なら時間・日数を出すことで読者を煽ることができます。

短すぎると伝わらない!短縮しすぎはNG

長い文章は読者に不快感を与えてしまうので、必要で有益な情報を短く伝えるのがベストですが、キャッチコピーは文章とは違います。
ただ伝わりやすいように短く書いただけでは魅力がなく、興味を惹くこともできません。キャッチコピーと文章を混同しないよう、キャッチコピーは文字数を決めた中で魅力的に作ります。ですが、伝えたい内容すべてを、一度にキャッチコピーとして伝えるのは辞めましょう。

キャッチコピーが思いつかない人は…

キャッチコピーの作り方で苦悩してしまう場合、キャッチコピー集を参考にしたり、一覧を作るなどして、何通りかをパターン化させてしまいます。パターンを覚えることで、徐々にキャッチコピーのコツを掴むことができます。
長期に渡り、似たようなキャッチコピーはオリジナリティがなく、捨てられる可能性も高いです。コツが掴めてきたらオリジルの魅力あるキャッチコピーを心がけましょう。他にも、キャッチコピーの作り方は本の出版もされているため、参考にしてみるのも良いでしょう。