セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > チラシ宝典 >
  3. 読まれるチラシの作り方-デザインはシンプルがコツ!

読まれるチラシの作り方-デザインはシンプルがコツ!

チラシの作り方には、シンプルなデザインを意識する

チラシの作り方に欠かせない工程のデザインは、配色やフォントなどにより見易さを変えることができます。
そもそもデザインとは情報やイメージを視覚化し、他の人に伝える(印象を与える)ための行為です。広告デザインなどとも呼ばれていますが、チラシだけでなく、建築・配置・配色・造形など全ての作業がデザインに含まれています。デザインのコツを紹介します。

>>イイチラシのチラシはデザインのプロフェッショナルが作成!無料相談はこちらから!


配色は同系色にまとめる

チラシのデザインは、複数の色を使って作る場合がありますが、色を使いすぎると見づらくなります。せっかくデザインしたチラシでも、色の配色を上手く使いこなせてないことや、色の使い過ぎが原因で捨てられる可能性が高くなります。
配色は幾つかの色を使い、チラシのデザインに合わせる作り方でも良いですが、プロっぽさを出したいなら使用する色を少なくしてまとめるのがポイントです。

テンプレートで簡単にデザイン

チラシをデザインするにはテンプレートという方法もあります。web上には無料のテンプレートがあり、ダウンロードして使用すると簡単にデザインすることが可能です。さらに印刷業者のサイトでは、デザインの見本となる広告が豊富に紹介されているので、作成するチラシの職種などに合わせ、デザイン例を参考にすると良いでしょう。

フォントや文字のカラーは標準仕様が鉄則!

チラシを読んでもらうには、文章の質のみならず、読み易さを重視したデザイン(フォント)も重要です。フォントは書体・文字の太さ・大きさを調節でき、デザインには欠かせない要素です。

書体はゴシック体と明朝体を使い分けると読み易くなるので、長文には明朝体を、見やすさに長けているゴシック体は文章内の強調文章という使い方をします。こうすることで読み易さがアップします。強調文章や興味を惹きたい一文をカラーにするのもお勧めです。ただし、書いた文章全てをカラーペンで強調してしまうと非常に読みづらいチラシとなり、ゴミ箱行きもあり得ます。配色と同じく、使用するカラーは少なめが良く、強調文章に1色使用する程度で十分です。

気になるデザイン料金、相場はおいくら?

チラシのデザイン料は、印刷業者によって異なるため一概には言えません。しかし、チラシを作成する上で、印刷業者によるデザイン相場を知っておきたいのも本音。
おおよそのデザイン料金の相場はA4片面で約1万~6万円、A4両面では2万~10万円程度です。広告業者のサイトにはデザイン料金表で紹介されているので、もし業者にデザインを依頼するのであれば、デザイン価格の参考にすると良いでしょう。