パンフレット印刷の料金表と、安くてお得な印刷会社えらびのコツ

0120-93-4747 受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝
仕様から相談したい方
無料相談
仕様がお決まりの方
無料見積り

パンフレット印刷の料金は?費用の内訳と印刷会社の選び方

パンフレット印刷の料金は?費用の内訳と印刷会社の選び方

しっかりしたパンフレット作成なら、印刷会社に依頼を

大きいプリンターと沢山のリーフレット

パンフレットのデザイン作成が終了したら、次はいよいよ印刷の段階へと進みます。
知り合いに数枚配る案内状といったレベルのパンフレットなら、プリンターさえ持っていれば、自分で難なく印刷することができます。しかし求人目的や営業目的のしっかりしたパンフレットを作りたいのであれば、やはり印刷専門の会社に依頼するのがベストです。印刷会社への依頼には、失敗がない、高性能・高機能のプリンターで印刷するので仕上がりが美しい、手間がかからないなどのメリットがあります。

>>激安でパンフレトを印刷!無料相談はこちらから!

パンフレットを依頼するには?

パンフレットの作成を依頼する場合、主な選択肢として印刷会社、デザイン会社、広告代理店、フリーランス(クラウドソーシング)などがあります。

印刷会社

デザイン部門がある印刷会社の場合、デザイン制作から印刷まで一括で依頼することが可能です。
デザインを自社で制作する場合や、デザイナーに依頼する場合は、デザインデータを印刷会社に入稿し、印刷のみを依頼することができます。
デザインのクオリティに関しては、会社の取り組み規模により異なるので事前に実績を確認するなどして判断しましょう。
注意点としては、デザイン制作を同じ会社に依頼しない場合、印刷会社側の入稿規定とデザインナー側の入稿データ作成方法で認識の相違などがあった際に納期に遅れが発生する場合等があります。
事前に十分に確認し、関係者の認識を揃えておきましょう。

デザイン会社

デザインにこだわりたい場合は、デザイン制作を専門に扱っている会社に相談することで納得のいくデザインに近づけるでしょう。
パンフレットを作る際はパンフレットなど印刷系のデザイン(DTP)に精通したデザイン会社から優先的に相談しましょう。
また印刷まで手配を行えるデザイン会社もありますので、印刷についても相談してみてもよいでしょう。

広告代理店

広告代理店の場合、パンフレットのデザインから印刷、またそれらに付随する広告や販促に関するものを一括で依頼ができます。
印刷に特化した広告代理店であれば、印刷費についてのコストメリットも期待できるでしょう。
ほとんどの場合代理店の担当がデザイン会社と印刷会社間のディレクションやスケジューリングを行いますので、本業に専念できる時間を多く確保することができます。
管理費(ディレクション費・進行管理費)が概発生しますので、ご自身が案件進行を管理するコストと比較検討して判断しましょう。

フリーランス

とにかくデザイン費を抑えたいという場合には、フリーで活動しているデザイナーや、クラウドソーシングサイトなどでデザイナーを探してみるのもよいでしょう。
フリーランスを探す手間がありますが、クラウドソーシングサイトの場合はディレクターに委ねることが出来る場合もあります。
フリーランスに依頼する場合、継続的な協力をしてもらえるかが分からない点はデメリットといえるでしょう。
長い期間更新しながら使っていくようなパンフレットの場合は、印刷会社やデザイン会社、広告代理店への依頼が無難とも考えられます。

印刷会社に依頼=高額とは限らない!

デザイナーとパンフレットパソコン用紙のイメージ

「印刷会社(デザイン会社、広告代理店)って高そう」。利用が初めての人はそんな心配を抱くかもしれませんが、パンフレット印刷の依頼料金は、サイズ、印刷用紙の種類や厚さ、印刷部数、印刷日数などによって、全く違ってきます。選び方次第では、予算よりはるかに安い金額での印刷が実現するかもしれません。ただしそれには、事前によくメニューや料金表を確認することが大切です。

また印刷会社、デザイン会社、広告代理店と一口に言っても全国に無数にありますから、各社をじっくり比較して、自身の状況に応じて一番無駄なく依頼できるのは何処なのかを、きちんと見定めることも重要です。

※基本的に、紙が薄い、印刷部数が少ない、印刷日数が長いほど、料金は安くなります。

パンフレットの作成料金の内訳

パンフレットの印刷料金の内訳としては主に以下の項目があります。
会社ごとに作業内容と費用のネーミング・表現が異なる場合がありますので、相見積もりの際は、項目と金額と実際に行われる作業の認識に相違が内容確認しましょう。
パンフレットに必要な素材を事前に用意している場合は、その内容に応じて費用が算出されますので、見積もり依頼の際に既に用意しているものは何があるかも伝えましょう。

ディレクション費

ディレクターの稼働、企画、進捗管理、品質管理にかかる費用です。
案件の進行を滞りなく進めるために必要な費用となります。

デザイン費

企画や用意した素材をもとに印刷用のデータを作成する費用です。

原稿作成費

パンフレットのコピーや本文の作成も依頼する場合は、原稿作成費が発生します。
取材の有無等にもよって変動します。

写真撮影費

パンフレットに使用する写真が必要な場合に発生します。
人件費や機材、移動にかかる諸経費などに応じて算出されます。

印刷・加工費

仕上がったデザインデータを印刷し、加工、製本する作業にかかる費用です。

配送費(送料)

仕上がった商品を梱包、配送するためにかかる費用です。

『印刷通販の比較サイト』で、賢く選ぼう

パソコンで印刷会社を比較している女性

安くてお得、かつサービスの充実した印刷会社を探し出すには、『印刷通販の(価格)比較サイト』の利用が便利です。『印刷通販の(価格)比較サイト』では、大手人気の印刷通販会社が数十社リストアップされており、それぞれの特徴や評判などが一目で分かるようになっています。

選び方のポイントとしては、以下を参考にすると良いでしょう。

オフィス入稿が可能で、かつ無料である
・クレジット払い、銀行振込、後払いなど、支払方法が充実している
全国送料無料(※1500円以上の場合など、条件設定がされていることもあります)
・サイズや印刷用紙の種類など、商品数が多い
ユーザー評価が高い(星の数が多い、いいね!数が多いなど)
データ修正や加筆の依頼ができる
見積もりを自動計算できる

※オフィス入稿とは、Officeソフトで自作した原稿を持ち込みすること。

具体的な印刷料金を知りたい人へ

具体的な金額を知っておきたいという人の為に、パンフレット印刷における料金表の一例を掲載します。
以下は、最もスタンダードなパンフレットのスタイル【コート紙90k、A4判、8P、フルカラー】の料金表です。

  料金(税込)
部数 3日 5日 7日
100部 52,704円 40,380円 33,650円
500部 64,800円 48,640円 40,540円
1,000部 70,200円 58,690円 48,910円
1,500部 75,600円 61,690円 51,410円
2,000部 81,000円 64,600円 53,840円
2,500部 91,800円 67,600円 56,340円
3,000部 97,200円 70,980円 59,150円
3,500部 102,600円 73,960円 61,640円
4,000部 108,000円 76,890円 64,080円
4,500部 113,400円 83,610円 69,680円
5,000部 118,800円 85,270円 71,060円

おわりに

パンフレット制作の料金は様々な要素によって大きく変動しますので、パンフレット作成を検討の際はまずは問合せて自分には何を用意する必要があるか聞いてみましょう!
イイチラシではパンフレットのデザインから印刷まで対応しております!
仕様のご相談から承りますので、パンフレットの作成についてお悩みの際はイイチラシへお気軽にご相談ください!

どんな内容でもお気軽に
ご相談ください!

  • お急ぎの方はお電話ください。

    0120-93-4747

    受付時間:10:00〜18:30 / 定休日:土日祝

  • 仕様を決めるところから相談したい方は

    無料相談
  • 仕様がお決まりの方は

    無料見積り

おすすめ記事

PAGE TOP