セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > パンフレット作成GD >
  3. Wordや無料テンプレートが楽!三つ折りパンフレットの作り方

Wordや無料テンプレートが楽!三つ折りパンフレットの作り方

優秀広告ツールの三つ折りパンフレットを作ろう

三つ折りパンフレット

片手でも楽に開いて読める、コンパクトだから一気に数種類とっても大した荷物にならない、オシャレで可愛いデザインだからつい欲しくなる…など、多くの特徴をもつ三つ折りパンフレットは、手軽でありながら確実にたくさんのお客様の心を掴むことのできる優秀広告ツールです。受付やカフェのカウンターなどにさりげなく設置して、自慢のお店や商品のアピールに役立てましょう。

>>パンフレットの印刷やデザインでお困りならイイチラシにお任せ!無料相談はこちらから!


三つ折りパンフレットの簡単な手作り方法

pcとプリンター・ワード

三つ折りパンフレットは、Word2010がインストール済みのパソコンとプリンターさえあれば、自分で簡単に手作りすることができます。他にも三つ折りパンフレットの作り方には色々ありますが、この方法がもっとも手間いらずで低コストと言えるでしょう。

Wordはデザイン専用ソフトではないので、プロ級の仕上がりとまではいきませんが、趣味で開業したカフェのパンフレット、身内限定で行う結婚式やパーティーの招待状、町内会イベントのお知らせといった気楽ななものなら、Wordの機能で十分に満足のいくものを作ることができます。

“オリジナリティ重視”の人向けの作成手順

以上の環境が整っているのを確認できたら、さっそく三つ折りパンフレットを作ってみましょう。
「せっかく手作りするのだから、一から自分で考案してこだわりのレイアウトにしたい」という人は、既存のフォーマットに制限されることのない、以下のような手順で作成することをお勧めします。

  1. スタートボタンのプログラムメニューから、[Word2010]を選んで立ち上げます。
  2. [ファイル]のタグをクリックして、メニューのなかから[新規作成]を選びます。
  3. 使用できるテンプレート一覧のなかから、[サンプルテンプレート]を選択します。
  4. サンプルテンプレートのなかから、[カタログ]を選びます。
  5. 用紙サイズA4(横書き)、すでに3列に設定されているファイルが表示されます。
  6. 文字入力や画像・図の挿入を自由に行って、パンフレットを作成していきましょう。
  7. [ファイル]から[印刷]を選んで、必要があれば設定を変更し、あとは印刷して完了です。

“手軽さ重視”の人向けの作成手順

作成に時間を費やしたくない人や、もっと楽に作成したい人というは、既存のテンプレートを利用すると便利です。ただしインターネット環境(オンライン環境)が必要ですので、事前に必ず確認しましょう。

  1. [ファイル]タグをクリックして、メニューのなかから[新規作成]を選択します。
  2. Office.comテンプレートの一覧のなかから、[パンフレットとプログラム]を選びます。
  3. [パンフレット]と[Program]の2つのファイルが表示されるので、パンフレットのほうを選びます。
  4. 以下のなかから、好きなテンプレートを選びます。

・イベントのマーケティング用パンフレット(挿絵入りデザイン)
・ビジネス パンフレット(A4、三つ折り、両面、手紙形式)
・パンフレット(8 1/2×11インチ、横、3つ折り)

  1. レイアウト済みのテンプレートが表示されるので、任意で入力文字を変えていきます。
  2. [ファイル]から[印刷]を選んで、必要に応じて設定を変更し、あとは印刷すれば終了です。

印刷会社の無料ダウンロードサービスもお勧め

3ツ折りパンフレット

インターネット環境(オンライン環境)があるなら、印刷会社のホームページにアクセスして、テンプレートの無料ダウンロードサービスを利用するのも良い方法です。テンプレートはIllustratorやPhotoshopに対応しているため、専門業者に依頼したかのようなハイセンスなデザインのものを作成することができます。

このサービスは、「会社案内用のパンフレットだから、しっかりしたものを作りたい」など、本格派の人に適しているでしょう。ちなみにダウンロードサービスを利用するには、あらかじめ自分のパソコンにIllustratorまたはPhotoshopがインストールされていることが必須ですので、必ず準備しておきましょう。