セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > パンフレット作成GD >
  3. パンフレット紙の種類は、美画像を表現できるコート紙がベスト

パンフレット紙の種類は、美画像を表現できるコート紙がベスト

パンフレット作成は、紙えらびも重要

コート紙とマット紙など様々な紙

パンフレットを作成するにあたり、情報媒体となる紙(印刷用紙)えらびも重要課題の1つ。
紙の質が完成度を左右するといっても大げさではありませんから、よく吟味して選ぶようにしましょう。
情報媒体となる紙には、厚さ、色、光沢の有無など、数限りなく多くの種類があります。しかし「パンフレット作成初心者の私には、選び出すのも重労働…」などと思うことはありません。一般的にパンフレットに使われている紙の種類をピンポイントで紹介しますので、それさえ抑えておけばOKです

>>パンフレットの用紙でお困りならイイチラシへご相談を!無料相談はこちらから!


パンフレットに最適な紙は『コート紙』

コート紙

一般的に、パンフレットにはコート紙が使われている場合が多いです。
コート紙とは、紙の表面にコーティング剤(コート剤)が塗布された紙のこと。大きく分けて、通常のコート紙、マットコート紙、再生コート紙の3種類があります。通常のコート紙よりマットコート紙のほうが書き込みしやすいといった具合に、特徴に若干の違いがありますが、いずれも艶やかで光沢があり、画像(写真)を美しく表現できる点は、ほぼ共通しています。画像が命のパンフレットですから、コート紙を選んでおけば間違いありません。

通常コート紙の特徴

  • 紙の色は白です。
  • 表面にコーティング剤が塗られており、艶やかで光沢があります。
  • 画像(写真)が鮮明に表現されます。
  • サインペンは書き込みしやすい、ボールペンは書き込みしにくい、鉛筆は書き込み不可です。

マットコート紙の特徴

  • 紙の色は白です。
  • コート紙特有の「ツヤ感」を控え目にしてあるのが、マットコート紙です。
  • 画像(写真)が鮮明に印刷されます。
  • サインペンは書き込みしやすい、ボールペンは比較的書き込みしやすい、鉛筆は書き込みしにくいです。

再生コート紙の特徴

  • 紙の色は白です。
  • 表面にコーティング剤が塗布されており、艶々した手触りで光沢があります。
  • 画像(写真)が美しく印刷されます。
  • 環境に優しい古紙を使っています。主に官公庁や、コスト・エコを意識している企業で使用されています。
  • サインペンは書き込みしやすい、ボールペンは書き込みしにくい、鉛筆は書き込み不可です。

薄いものは低コスト、厚いものは高コスト

薄での紙

コート紙の厚さには、コート90K、コート110K、コート135Kなど、多くのバリエーションがあります。
「数字が大きいものほど厚い」と解釈してください。パンフレットに適しているのは、コート110Kやコート135Kです。110K以下のコート紙は薄いので、パンフレットより新聞の折り込みチラシなどに適しています。

厚さの種類 1枚の厚さ 用途
コート68k 0.063mm 新聞の折り込みチラシに向いています
コート73K 0.07mm
コート90K 0.08mm
コート110K 0.11mm パンフレットに適しています
コート135K 0.135mm
コート180K 0.208mm 名刺やハガキに向いています

コート紙は他の紙と同様に、薄いものほど低コスト、厚いものほど高コストですから、用途や予算をよく考えてから決めることも大切です。