セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > 販促品 > ダイレクトメール教本 >
  3. ダイレクトメール挨拶文/例 – 最後まで見てもらうには書き出しが肝心

ダイレクトメール挨拶文/例 – 最後まで見てもらうには書き出しが肝心

ダイレクトメールを最後まで読ませるための書き出し方(挨拶文)

「またダイレクトメールか」と捨てた経験はありませんか?一応開封してみるものの、すぐに捨ててしまう人も少なくないでしょう。

限られたスペースの中に載せる情報は、何一つ手を抜いてはいけません。商品やサービスの紹介は、熱がこもっているのに、挨拶文はありきたり…そんなケースも少なくないのです。
DMに記載する全てが、会社や商品のPRにつながるのですから、一つ一つを大切に作成する必要があるでしょう。

>>ダイレクトメールでお困りならイイチラシにお任せ!無料相談はこちらから!


ダイレクトメールの挨拶文作成で明確にすべき点

挨拶文を考える前にターゲットを明確にします

挨拶文の内容は、ターゲットによって違います。ターゲットにより、興味を引く言葉は違ってくるのです。
一方的にダイレクトメールを送付するケース、以前商品・サービスなどを利用した顧客へ送付するケース…ケースによっても異なります。

ダイレクトメール送付の目的を明確にする

ダイレクトメールは、販売を目的とするものもあれば、告知を目的とするもの、集客を目的とするものなどがあります。
目的が明確になっていることも、魅力的な文章作成において大変重要です。

捨てられない!ダイレクトメール挨拶文のポイント

ダイレクトメールを送付する理由を伝える

「弊社製品○○を広く知っていただきたく、まことに恐縮ではございますが、カタログを送付させていただきました。」などと、送付の理由を記載することが大切。
DMが届くと、なぜ届いたのだろう?と疑問に思う人も少なくありません

お客さんにとっての「得」「メリット」をわかりやすく

何の得もしないダイレクトメールを、最初から最後まで目を通してくれる人はいません。挨拶文でどんなメリットがあるのかを、全て記載する必要はありませんが、メリットにつながる記載が全くなければ、最後まで読む気になってもらえないでしょう。
なんだろう」「どんなセールなんだろう」と、興味を持ってもらえるように、メリットがあることを挨拶文の中に組み込むことが必要でしょう。

顧客には「特別」であることを!

サービス・商品を一度でも利用してくれたお客さん・会員の方に、新規のお客さんと同じメリットでは、何の魅力も感じないでしょう。
「いつもお世話になっているお客さんのために」「会員様だけの」というような、特別感を出すことも必要でしょう。

(例)「会員様限定で特別感謝セール」は、購入履歴のあるお客様、会員様にのみご案内しています。ご来店の際は、本状をご持参くださいますようお願い申し上げます。

新規のお客さんには、社名だけでなく自分の名前を名乗る

社名を名乗るのはもちろんのこと、新規のお客様には、担当者の名前を記載することが大切です。
差出人が個人名であることは、親近感を持ってもらうことにつながります

ダイレクトメールの挨拶文の例

挨拶文

ダイレクトメールの使い方で集客率が変わる?圧着タイプやv折り、z折り・印刷料金など詳しく掲載!DMの正しい使い方を知りたい方はこちらから。ダイレクトメールの印刷料金・制作例