セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > チラシ作成コツ > テクポス >
  3. 雨に強い、LEDライトも!ポスターフレームのメリットと選び方

雨に強い、LEDライトも!ポスターフレームのメリットと選び方

ポスターフレームの利用でポスターが長持ちする!

ポスターフレーム各種

裸状態のままポスターを貼ると、雨に濡れてボロボロになる、心ない人にラクガキされる、密かに剥がされて盗まれる、剥がすのに失敗して壁に一部残ってしまった…などのトラブルに見舞われやすくなります。こういったトラブルを防ぎ、できるだけ長持ちさせたいのであれば、ポスターフレームがとても重宝します。

>>ポスターの作成や印刷などお困りな点があればイイチラシへお問い合わせください!無料相談はこちらから!


額縁のように装飾がなくシンプルなのが特徴

様々なポスターフレーム

ポスターフレームとは、平たく言えばポスターを保護するためのケースのこと。
大まかに裏板、アクリル板、フレームの3つの部品から成り立っており、中身の入れ替えが簡単にできる4辺開閉式(4パカオープンフレームとも言います)のものが定番タイプとなっています。

「印刷物をなかにセットして飾る」という用途は額縁と変わりませんが、ポスターフレームには額縁のように余計な装飾がついていません。装飾がゴテゴテとついていると、装飾に注目すればよいのかポスターに集中すればよいのか、視線が定まらなくなってしまうからです。ポスターフレームはポスターを際立たせるのが役目であるため、シンプルデザインが基本なのです。

素材・カラーなど、ポスターフレームは種類豊富

ではポスターフレームの種類はごく限られているのかというと、そんなことはありません。
角が丸いもの四角いもの、屋内用に屋外用、アルミ製やアクリル製や木製、水濡れを防げるパックシート付きのもの等々、たいへん多くの種類があります。販売店の品揃えにもよりますが、スタンダードなシルバーのほか白・黒・赤・青などカラーバリエーションも豊富ですから、用途に合わせて自在に使い分けすることができます。

ポスターフレームは、インテリアとの相性も重要

インテリア風のポスターフレーム

ポスターフレームは、「ポスターが引き立つか、デザインの邪魔にならないか」を基準に選ぶのがルールですが、飾る場所の雰囲気に合っているか否かもとても重要です。たとえば癒し系インテリアのカフェに飾るポスターならば、木製のフレームがしっくりくるでしょう。高級感のある黒と金色のツートンカラー・フレームは、和菓子店に飾るポスターに向いていると言われています。

電飾タイプのポスターフレームは、暗闇で光るので、夜遅くまで営業しているお店などにお勧めです。
近年はLEDライトのポスターフレームも出回っており、節電したい人におすすめです。

屋外に貼るポスターで雨が心配される場合は、ポスターを下からスライドしてセットするもの、防水パックシート付きのものなど、防水設計のポスターフレームを選ぶようにしてください。

ポスターフレームとポスターパネルはどう違う?

どちらもポスターを入れて展示するための道具ですが、ポスターフレーム=ポスターパネルではありません。ポスターフレームはフレーム幅が2cm未満のものを指し、ポスターパネルはフレーム幅が2cm以上のものを指します。ポスターフレームよりポスターパネルのほうが頑丈な構造ですが、そのぶん値段が高いですから、予算やコストをよく考慮して決めてください。GW中のみなど期間限定で展示するものならば、強度は劣りますが値段の安いポスターフレームで十分でしょう。