イイチラシ用語集

【印刷カテゴリ】

インキ

ビヒクル
樹脂や添加剤などを溶かしたインクの主成分で、顔料を均等に分散・運搬し、固着させる役割を持つ。また、用紙の光沢性……
>続きを読む
ヒッキー
印刷物の制作において、絵柄の中が白くドーナツ状に抜けてしまうトラブル現象のこと。インキの乾燥皮膜の付着や異物の……
>続きを読む
パールインキ
やわらかい真珠のような光沢を放つ特殊インキの一種。通常のインキと比べ、乾燥してからの色調が変化しやすい傾向にあ……
>続きを読む
退色
外的刺激によって、紙の色が自然に変化すること。「褪色」とも表記される。紙が退色を起こす理由は様々で、化学的要因……
>続きを読む
チョーキング
指などでインキを印刷した箇所を擦ると顔料が落ちてしまう現象のこと。インキ内に含まれるビヒクルと呼ばれる固定剤が……
>続きを読む
耐光性
インキの色が光に耐えうる性能の度合いを示す用語。ポスターなどを長期間日光の当たるところに掲示しておくと真っ青に……
>続きを読む
セット
顔料を印刷対象に固着させる役割を持つ「ビヒクル」と呼ばれる成分が紙に浸透し(浸透乾燥)、インキ線が流動性を失い……
>続きを読む
香料インキ
印刷物に香り付けができるインキ。香料インキには2つのタイプがあり、ひとつは凸版用またはオフセット印刷用インキに……
>続きを読む
銀インキ
顔料の分散、印刷後の顔料の固着を目的としている「ビヒクル」という液状の成分に、アルミニウムペーストを混ぜて作成……
>続きを読む
金インキ
インキに使用される展色剤(ビヒクル)に銅や亜鉛を加えた真鍮粉を混ぜたインキ。印刷機のインキ壷に投入するタイプと……
>続きを読む
顔料
不透明で水や油に溶けにくい粉末状をした着色料で、アンチモン塩類や炭酸ソーダなどの固着剤とともに使用される。なお……
>続きを読む
蛍光インキ
蛍光性能を持つ蛍光染料を樹脂に溶解したのち、粉末状にしたインキ。通常のインキと比べて鮮明で目立つことから、カタ……
>続きを読む
リッチブラック
K100%(スミベタ)で表現した単色ではなく、CMYカラーを重ね合わせて表現した黒色のこと。リッチブラックを使……
>続きを読む
マットOPニス
OPとは「Over Print」のこと。つや・グロス感を抑えたニスを指す。マットニスとも呼ばれており、プロセス……
>続きを読む
ブロッキング
印刷済みの紙を重ねた際、インキ部分の乾燥不良や盛り過ぎにより接着してしまう現象のこと。使用する印刷物の吸油性が……
>続きを読む
ノンVOCインキ
環境保護の観点において、有毒性のある揮発性有機化合物(VOC)を含む鉱物油インキを配合していないインキのこと。……
>続きを読む
てん料
製紙用の薬品の一種。紙を抄造する際に、紙の不透明度や平滑度、白色度などを増やすために加えられる、白土、タルク、……
>続きを読む
刷り色
印刷するインキの色。「刷色」とも表記され「プリントカラー(print color)」とも呼ばれる。スミ(=ブラ……
>続きを読む
脱墨
古紙を利用した再生紙を製紙する工程において、化学処理を施し、印刷物の古紙からインキやトナーなどの油性着色剤を分……
>続きを読む
乳化
平版(オフセット)印刷において、親水性部につける湿し水とインキが混ざることで乳濁した状態(乳状)になること。過……
>続きを読む
有彩色
色の3属性と呼ばれる「色相」「彩度」「明度」のうち、全てを持った色味のある色のこと。日本で定められたJIS規格……
>続きを読む
有機顔料
合成顔料の一種で、石油などの有機化合物を合成した顔料のこと。その粒子の小ささから、発色性が良く透明度が高いとい……
>続きを読む
ワイピング
凹版印刷で版面に付着している余剰なインキを拭き取る作業のこと。凹版輪転印刷機の場合はワイピングペーパーに擦られ……
>続きを読む
カラーチャート
印刷時の色のかけ合わせの効果をチェックする目的として、幅広い色彩を表現するシアン、マゼンタ、イエロー、ブラック……
>続きを読む
UVインキ
光重合性開始剤、光重合性樹脂、色料を原料とし、紫外線を当てることによって短時間で乾燥するインキ。油性インキと比……
>続きを読む
プロセスインキ
カラー印刷をおこなう場合に用いる、CMYK(シアン、イエロー、マゼンタ、ブラック)の各インクのこと。「セットイ……
>続きを読む
ソイインク
自然環境の観点から、植物由来の油によって作られた植物油インキの一種。その名の通り、大豆油によって作られた大豆イ……
>続きを読む
環境対応型インキ
健康の確保やエコに対する意識の高まりから、環境負荷を低減させるものに成分を調整した印刷インキ。その種類は様々だ……
>続きを読む

用紙

灰分
日本工業規格における「900℃で燃焼させる」という所定の条件で、紙や板紙、パルプを燃焼させた場合に残る不燃性の……
>続きを読む
巻取り
オフ輪での印刷用に巻取りの形(ロール状)で仕上げた紙のこと。巻取り紙の主な用途としては、雑誌や新聞などの大量印……
>続きを読む
抄き網
紙を抄造するときに、パルプ類をすくときに用いるワイヤのこと。紙をすく「抄紙機」の一部。抄き網に接する面をワイヤ……
>続きを読む
紙力増強剤
紙を作る過程において、必要に応じて「紙力」と呼ばれる紙の強度を向上させる目的で用いられる、ポリアクリルアミドや……
>続きを読む
チップボール
古新聞などから生成される古紙パルプを主原料として使用し、丸網抄紙機によって作られた厚みのある板紙。板紙には大き……
>続きを読む
抄造
紙の原料となるパルプ繊維などをすいて、紙を製造すること。紙を抄造する方法には、手を使う手漉法と、機械を使う機械……
>続きを読む
叩解
ビーターあるいはリファイナーと呼ばれる機械を使って、木材から抽出したパルプと呼ばれる繊維質を水に浸した状態で機……
>続きを読む
ファンシーペーパー
一般紙とは異なる製法で作られた特殊紙の一種。様々な風合いやカラー、模様・柄が特徴的で、装飾性が高い用紙の総称で……
>続きを読む
漂白
パルプの白色度を増すための操作。「さらし」とも呼ばれる。本来、パルプを漂白する際には塩素を使用するが、近年では……
>続きを読む
非木材紙
木材を原料として生成される紙に対し、原料に植物ケナフや竹、サトウキビ(バガス)、麻など、木材以外の繊維を使用し……
>続きを読む
ひじわ
急激な乾燥により部分的に発生する細かなしわ。オフ輪のドライヤーで強制乾燥した場合に引き起こされることが多いため……
>続きを読む
ハトロン判
JIS(日本工業規格)において定められた用紙サイズを表す原紙寸法の一種。900mm×1200mmのサイズである……
>続きを読む
倍判
全紙の倍の大きさのことで、A倍判などがある。また、ある仕上がりサイズの倍のサイズとして、四六倍判などと表記されることもある。
>続きを読む
取引上における洋紙や板紙の単位。一定のサイズに整えられた洋紙1,000枚分、あるいは板紙100枚分を1連とし、……
>続きを読む
連続封筒
印刷のために連続してつながっている、ミシン目などで折られた封筒のこと。テープや四方のりがついたものがあり、給与……
>続きを読む
マニラボール
白板紙の一種で、両面ともにさらしパルプで、中層部はパルプ、または古紙などから抄合された板紙のこと。マニラボール……
>続きを読む
枚葉紙
断裁されて菊判やA判など原紙サイズにした用紙のこと。「平台(ひらだい)」とも呼ばれる。枚葉給紙型印刷機を使って……
>続きを読む
巻取紙
新聞や雑誌などの大量印刷に用いられる、断裁せずにロール状に巻かれた用紙のこと。「巻取り」あるいは「ウェブ」とも……
>続きを読む
低密度品
微塗工紙、塗工紙、書籍用紙などの低密度な嵩高紙(かさだかし)の総称。重量を下げて紙厚を出したいときに用いる。厚……
>続きを読む
中質紙
印刷用紙の分類において中級にあたる用紙。白色度は70%前後、原料となる化学パルプの配合率は70%以上である。上……
>続きを読む
縦目
抄造される際、紙のパルプの繊維は縦か横に流れる。そのうち、長辺に対して平行になっているものを「縦目(T目)」の……
>続きを読む
セミ上質紙
中級印刷紙の一種で、印刷用紙Bに分類される非塗工用紙。原料の90%以上がさらし化学パルプで作られており、75%……
>続きを読む
寸法安定性
周囲の湿度変動やその他加工の影響に対し、印刷物が寸法を変わらず保持する能力の度合いを示す用語。原料にパルプを使……
>続きを読む
スーパー仕上げ紙
製紙を行う工程のひとつである「カレンダリング」で使用される、スーパーカレンダーというロール数の多い機械を使用す……
>続きを読む
スキッド梱包
縄などを使って荷造りする梱包方法の一種。包装紙をはがす作業を省略するために、枚葉紙を通常の梱包単位で梱包せず、……
>続きを読む
透かし
光に紙を透かす際に見える模様のこと。「透かし模様」とも呼ぶ。透かしを入れる手法としては、プレス時に凹凸模様をつ……
>続きを読む
森林認証
カナダで創設され、現在はドイツに本部を置く、国際的な森林管理の認証を行う森林管理協議会(FSC)が定めた制度。……
>続きを読む
針葉樹パルプ
製紙の原料として使用されるパルプのうち、針葉樹から作られたもの。主にモミ、ヘムロック、マツ、スプルースなどの木……
>続きを読む
新聞巻取紙
経済産業省が発表した分類指定において、いわゆる「新聞紙」を指す用語。新聞印刷に用いる紙。新聞巻取紙の分類標準の……
>続きを読む
白板紙
紙類の中でも厚みのある「板紙」の一種で、両面・片面が白色をしたもの。原料は主に古紙パルプが使われており、環境保……
>続きを読む
書籍用紙
書籍に使われることを目的につくられた紙。視覚に余計な刺激を与えず、本文の文字を読みやすくするために、淡いクリー……
>続きを読む
植林木
自然環境保護の観点から違法伐採をなくすために考案された、持続して製紙原料となるパルプを得られる木、あるいはその……
>続きを読む
抄紙機
製紙過程において、紙を抄く作業(抄紙)を行う際に使用する機械。抄き網、水を絞るプレス部、乾燥部から構成されてい……
>続きを読む
地合
紙の繊維の分散状態を表す用語。「じあい」と読む。紙を透かして、全面が均等なもの(ムラがない状態のもの)がよい地……
>続きを読む
酸性紙
インクのにじみ防止を目的とした製紙用の薬品「硫酸アルミニウム」を使用して作られた紙。硫酸アルミニウムを使用する……
>続きを読む
更紙
紙の品種分類において、化学パルプ40%未満の下級印刷紙として区別される、塗工が施されていない非塗工印刷用紙の一……
>続きを読む
黒液
化学パルプの製造工程において、木材チップに化学薬品を加え、高温高圧で煮て、繊維を抽出したときに残る黒色をした廃……
>続きを読む
広葉樹パルプ
広葉樹から分離されるパルプ(木材からとれる繊維)のこと。「LP(Laubholz Pulp)」とも呼ばれ、主に……
>続きを読む
高白
アート紙、コート紙など、白色度を高めた高白色の紙。白色度90%以上のものは高白色、70%未満のものは低白色とさ……
>続きを読む
経時変化
時間が経つにつれ、対象となる物事や物体の様子が変化していくこと。印刷物においては、時間の経過により印刷紙の色が……
>続きを読む
グリーンマーク
1981年5月に公益財団法人古紙再生促進センターが定めた、その製品が古紙を40%以上使用していることを示す認証……
>続きを読む
グラシン紙
木材から生成されたバージンパルプを使用した紙に高い圧力をかけ(カレンダリング)、薄く仕上げた紙。強い光沢とツル……
>続きを読む
緊度
紙の密度のこと。紙の締まり具合を表し、数値が大きいほど緻密で締まり程度が大きいと判断できる。紙の1連の重さを示……
>続きを読む
機械パルプ
木材から機械的に分離する植物性の繊維質。製造別にパルプを分類すると、この機械パルプと化学パルプというものに分け……
>続きを読む
黄板紙
ボール紙と呼ばれる板紙の一種であり、麦や稲の藁から製造したパルプを利用して作られたもの。「黄ボール」「黄板」と……
>続きを読む
カール
紙の仕上がり具合のムラや環境の変化が原因で発生する、用紙が湾曲してしまう現象のこと。吸湿・脱湿など湿度の変化で……
>続きを読む
かさ高
「嵩高紙(かさだかし)」とも表記される。繊維間隔が広く空気を含ませていることから、従来の用紙の連量に比べて軽く……
>続きを読む
化学パルプ
化学反応によって、高等植物体中(木材)に2~3割ほど含まれているリグニンと呼ばれる構成成分を分離し、繊維質のみ……
>続きを読む
判型
日本工業標準調査会によって定められた、本の寸法(本の厚みを除く縦横の長さ)を表す規格のこと。「はんがた」とも読……
>続きを読む
スーパーアート紙
高精細印刷用に開発された高級アート紙。ダルアート紙よりさらに白色度や光沢性が高く、上質紙をベースに使用している……
>続きを読む
合成紙
人為的に作られた石油由来の合成樹脂を原料としている紙。木材パルプを用いた天然紙と見た目はよく似ているが、優れた……
>続きを読む
菊判
用紙や本の寸法のひとつ。書籍の場合は152×218mmや152×221mm、紙の場合は636×939mm。菊版……
>続きを読む
クラフト紙
クラフト紙には、漂白を行っていない未晒クラフト紙(両更クラフト紙)や、漂白処理を行っている晒クラフト紙など、様……
>続きを読む
ケント紙
化学パルプを100%原料として作られた上質紙の一種。真っ白な西洋紙で平滑性があり、にじみの少なさや発色性、線の……
>続きを読む
ヤレ
印刷の工程で、製品として使用できなくなった印刷物紙の総称。あるいは紙を仕入れた時点で使用できないと判断される紙……
>続きを読む
予備紙
印刷・製本・加工時の不測の事態を想定し、損紙分(使用できなくなった紙)として一定数用意しておく予備の紙。予備紙……
>続きを読む
横目
紙を抄く工程において、紙の原料となるパルプ繊維の向き(紙の流れ目)が、横に引っ張る力が強く加えられることにより……
>続きを読む
ラフスケッチ
デザイナーや編者が、記事の掲載ページやイラストの仕上がり、レイアウトを簡潔に描き示したアイディアスケッチのこと……
>続きを読む
レターサイズ
米国で規格化され、主に北米圏で使用されている便箋(書簡箋)のサイズのこと。「LTR」または「国際判」ともいう。……
>続きを読む
洋紙
欧米から伝来した機械漉きによる製法で作られた紙のこと。「唐紙」あるいは「西洋紙」とも呼ぶ。印刷紙をはじめ、包装……
>続きを読む
ノーカーボン紙
発色剤が紙面の裏側に塗られており、圧力を加えることで複写できる仕組みとなった用紙のこと。書類に挟み込んで使用す……
>続きを読む
耐水性
水の湿潤に対する、紙の抵抗度合いを示す用語。耐水性は「耐水化剤」という製紙用の薬品の添加、あるいは使用する染料……
>続きを読む
ダルアート紙
上質紙を使用し、マット系の塗料がコーティングされた塗工紙のこと。印刷された箇所の光沢は出るが、印刷されていない……
>続きを読む
再生紙
古紙を溶かし、再び抄き直して作られた紙のこと。製本所などから発生する紙の不要部分(裁ち落とし)は、再生紙を作る……
>続きを読む
代理店
紙流通機構においてメーカーから仕入れ販売を担当する一次卸、一次販売店のこと。紙の商品化や運搬・保管、調査などを……
>続きを読む
パルプ
紙を作る原料として、木材や植物などから生成される繊維質のこと。木材から作られる「木材パルプ」、稲や麦などの藁か……
>続きを読む
ツヤボール
板紙にスーパーカレンダー加工を掛け、光沢感と平滑性を付与したもの。「コートボール」とも表記される。菓子箱のパッ……
>続きを読む
ロール紙
輪転印刷機で用いられる、片面にのみツヤ出しを施した印刷用紙。ヤンキー抄紙機と呼ばれる抄紙機を使って製紙される。……
>続きを読む
面損
一枚の用紙に対して多面付けを施した際に、その一部に汚れや傷などがついてしまい、不良品となり使用できなくなってし……
>続きを読む
マットPP貼り
熱を加えることで変形する、熱可塑性のマットPP(ポリプロビレン樹脂)フィルムに接着剤を塗り、熱風で乾燥させて紙……
>続きを読む
マットアート紙
ツヤを抑えたマット系塗料を、上質紙にコーティングした紙のこと。両面合わせて40 g/m2程度のマット系塗料が使……
>続きを読む
用紙
それぞれの用途に対して使用する紙の総称。用紙サイズは各使い道に応じて決められている。印刷に用いられるインキ受理……
>続きを読む
和紙
日本ならではの伝統的な製紙法により作られた紙。「日本紙」とも呼ばれる。ジンチョウゲ科の「三椏(みつまた)」や「……
>続きを読む
ワンタイムカーボン紙
筆記用紙と複写する紙の間に挟む、使い捨ての複写紙。カーボン紙の原紙に対し、カーボンインキを全面印刷してある。ノ……
>続きを読む
マット紙
紙表面上にツヤ消し用の塗料が施された紙。「無光沢紙」とも呼ばれる。マット紙に対し、塗料によって光沢を出した紙を……
>続きを読む
非塗工紙
印刷面に対し、グロス系・マット系塗料などによるコーティングを一切施していない紙のこと。コーティングを施してある……
>続きを読む
塗工紙
紙面に対し、平滑性や光沢感を向上される塗料によってコーティングを施した用紙のこと。塗被紙(とひし)とも呼ぶ。1……
>続きを読む
ざら紙
砕木パルプを主な原料とし、そこに化学パルプを混ぜて作られた下級の印刷用紙のこと。新聞の折り込みチラシやまんが雑……
>続きを読む
薄葉紙
非常に薄い印刷用紙。日本工業規格(JIS)において、坪量・重さが40 g/m2のものが該当する。薄紙、インナー……
>続きを読む
色上質紙
製紙に使用されるバージンパルプを100%使用した「上質紙」に、色をつけたもの。表面はなめらかで平滑性があり、色……
>続きを読む
色板紙
複数の紙を抄紙機によって張り合わせ、厚みをもたせた紙(板紙)に色づけを施したもので、表層が着色されている。主に……
>続きを読む
板紙
複数枚の紙を抄紙機によって張り合わせることで厚くした紙のこと。板紙に色付けを施したものを色板紙と呼ぶ。経済産業……
>続きを読む
印刷用紙
印刷を目的とした非塗工紙および塗工紙の総称。印刷用紙は白色度によってA、B、C、Dに区分されており、Aは白色度……
>続きを読む
エンボス紙
片面あるいは両面に、凹凸の模様や文字を彫刻した加工紙のこと。embossは「浮き上がらせる」「型押しする」とい……
>続きを読む
アート紙
用紙の表面部にコート紙の倍量のグロス系塗料が塗られたもので、「アートペーパー」とも呼ばれる。アート紙には上級印……
>続きを読む
赤字
校正を行う際に、校正紙に書き込む修正・訂正指示を意味する。赤のエンピツや赤ペンなどで書き込むことから赤字と呼ば……
>続きを読む
アートポスト紙
顔料を両面にコーティングした坪量250g/m2程度の厚紙。アートポスト紙の特徴として挙げられるのが、高い光沢感……
>続きを読む
アイボリー
表・裏ともにバージンパルプを100%原料として使用し、白色の塗工が施された高級白板紙(こうきゅうしろいたがみ)……
>続きを読む
ワイド判
JIS規格に基づき制定された、紙の寸法のひとつ。「AB(変形)判」のこと。A判の長辺(210mm)とB判の長辺……
>続きを読む
リーフレット
一枚の紙に印刷を施した、チラシやDMなどの総称。1枚の紙をコンパクトに折りたたんだものも含めてリーフレットと呼……
>続きを読む
面付け
製本や印刷・断裁の処理を考慮しながら、一枚の版に対し、4ページや8ページ、16ページ単位で同じものを焼き付ける……
>続きを読む
コート紙
上質紙あるいは中質紙に対し、塗料によるコーティングを施した塗工紙の一種。コート紙に使用される塗工量は両面合わせ……
>続きを読む
キャストコート紙
キャストコーターという塗工を行う機械を使用し、鏡面に密着させて乾燥させたのち、剥離してより紙の光沢性を高めた塗……
>続きを読む
A判
日本工業規格(JIS)において定められている用紙の寸法。正式名称は「A列本版」である。原紙をA0とし、長辺にお……
>続きを読む

加工

表面サイジング
製紙工程において、紙の表面に「サイズ剤」と呼ばれる製紙用の薬剤をコーティングすること。毛羽立ち防止だけでなく、……
>続きを読む
ラミネートパウチ
印刷物の表裏にフィルムを貼り、端を留める加工。印刷物が完全密封されて、防水などの表面保護効果が強くなる。
>続きを読む
まわし折り
刷り本のページを正しく並べる折り方の一種。「直角折り」とも呼ばれる。一回目の折り目に対し、折り目が直角になるよ……
>続きを読む
マシン仕上げ
ザラつきのある用紙に対して、抄紙機に付属してある「カレンダー」と呼ばれる機械を使用し、紙の光沢や平滑性を向上さ……
>続きを読む
スーパーカレンダー
カレンダリングと呼ばれる製紙工程を行うための機械。抄紙機に付属された通常のカレンダーに対し、スーパーカレンダー……
>続きを読む
透かし
光に紙を透かす際に見える模様のこと。「透かし模様」とも呼ぶ。透かしを入れる手法としては、プレス時に凹凸模様をつ……
>続きを読む
サイズプレス
製紙過程における加工処理(表面サイジング)、またはその処理を行う機器のこと。サイズプレスでは、インクにじみを防……
>続きを読む
サイズ
紙の毛羽立ちなどのトラブルを防ぐ目的として、サイズプレスという製紙過程での処理で使用される薬剤(サイズ剤)。あ……
>続きを読む
型押し
用紙の表面に対し圧力を加え、特定の箇所を凸凹させ、絵柄や文字を立体的に表現する加工方法。
>続きを読む
カバー
本の表紙の上にかける厚手紙で、絵やタイトルの印刷紙のほか、ビニールを利用することもある。カバーは、表紙の保護と……
>続きを読む
型抜き函
板紙で作られた紙器や木箱の表面に紙を貼って作る化粧箱(貼函)に似せた、小口側を折り返し、接着剤で仕上げる函(か……
>続きを読む
エンボス加工
凹状の型と凸状の型のあいだに紙を置き、圧を加えて紙面を盛り上げ、紙に凹凸を刷り出す加工方法のこと。印刷や箔押し……
>続きを読む
表面加工
紙の装飾や耐水性、耐油性などの強度を高めることを目的として、カバー紙や板紙の表面にニスなどを塗る加工処理。ある……
>続きを読む
仮製本
糸で冊子の中身を確実に綴じ、厚みのある表紙でくるむ上製本(ハードカバー製本)の工程に対し、仮製本は工程上のコス……
>続きを読む
横三方化粧
製本工程のひとつである裁断において、角トンボなどを目安に指定や規格に忠実なサイズで裁断する、最大寸法を目的に行……
>続きを読む
焼き付け
平板印刷において、印刷紙やフィルムなどを対象に、原版を密着あるいは投影し、像を露光する作業のこと。また、このと……
>続きを読む
マスク
カラー印刷時に行うマスキング処理に使用する材料のこと。または、Adobe Systems社のソフト「Photo……
>続きを読む
ポストプレス
印刷物の制作工程において、印刷を行った後の加工作業などを指す。折り、綴じ、断裁などの後処理作業のこと。ポストプ……
>続きを読む
ニス刷り
カバーや表紙などの耐磨耗性、耐水性、汚れ防止などのため、表面に皮膜を貼る加工手法。用紙の風合いを損ねず、表面に……
>続きを読む
ノースーパー品
微塗工紙の仕上げにカレンダー加工を軽めにかけたマット加工品。また、カレンダーを全くかけない場合もある。ノースー……
>続きを読む
ラミネート加工
印刷物などの対象に、ポリエチレンを原料とした透明のフィルムを張り合わせて加熱する加工。「パウチ加工」「ラミ加工……
>続きを読む
マスキング
カラー印刷の際、原稿通りの色情報を再現することを目的として、写真製版の工程上で修正を施す処理のこと。マスキング……
>続きを読む
ノド
書籍の背中側(綴じ目に近い側)のこと。平綴じや無線綴じの場合など、製本する際の綴じ方次第で見づらくかつ開きにく……
>続きを読む
余丁
全ての製本工程が完了した後に余った折丁。「余り丁」ともいう。限定出版などの場合において余丁が発生した際には、発……
>続きを読む
製版
印刷工程における作業のひとつ。印刷用に用いられる刷版と呼ばれる版を作成すること。製版(せいはん)と読む。製版方……
>続きを読む
ページ物
複数ページがある、冊子となった印刷物のこと。「ページもの」「頁物」とも表記する。ページ物の綴じ方には様々な方法……
>続きを読む
ニアレストネイバー法
レタッチソフトのPhotoshopでの操作における、画像をドットで表現したビットマップ画像を拡大縮小する際に画……
>続きを読む
投げ込み
製本後にはがきやカード、アンケート、正誤表などを差し込む作業のこと。あるいは差し込まれた印刷物そのものを指す。……
>続きを読む
中開き
冊子類を開いた際に、左右・天地のページが向き合った状態のこと。または、向かい合った左右のページそのもののこと。……
>続きを読む
断裁
印刷や製本の過程において、断裁機を使って紙をカットする作業のこと。「裁断」と混合されることが多いが、裁断は主に……
>続きを読む
断ち落とし
化粧断裁によってカットする仕上げ位置と断ち位置の間、あるいはそれをカットする作業のこと。また、裁断した紙屑も断……
>続きを読む
ユポ
ユポ・コーポレーションが登録商標を持つ、主原料にポリブロピレン樹脂を用いたフィルム法の合成紙。製造工程において……
>続きを読む
ワンプ
製紙・印刷工場で用いられる、印刷に使う用紙を包む包装紙。または用紙を包む動作のこと。荷崩れ防止や印刷紙を守るた……
>続きを読む
打返し
裏表のページを紙の片側へ面付けし、裏返したのちにもう片面に印刷する方法。どん天返し、またはがんどう返しとも呼ば……
>続きを読む
糸綴じ
糸を用いた上製本の綴じ方。本は中身がバラバラにならないように、折り丁を連合しなければならない。その結合作業を「……
>続きを読む
あじろ綴じ
製本時において、紙を折る際に背の部分に、機械的に細かな切れ目(スリット)を入れ、そこから接着剤で綴じる方法。切……
>続きを読む
四つ折り
版本のページが正しい順番で並ぶように、2回折って小口が4枚になるように加工した状態のこと。「クロス折り」とも呼……
>続きを読む
PP貼り
紙の表面にポリプロピレン(PP)フィルムを貼る加工処理のこと。表面の保護をするために行う。また、PP貼りを行う……
>続きを読む
中綴じ
本の中身を綴じる製本方法のひとつ。紙の折り目部分を、針金を使って綴じる手法である。背がないため背文字を入れられ……
>続きを読む
化粧断裁
印刷物や本を作成する過程において、断裁機で切る方法の一種。「化粧裁ち」とも呼ばれる。四隅に配置される角トンボと……
>続きを読む
グロス
PP(ポリプロピレン)加工の一種で、印刷面に光沢・ツヤを出すために用いられる加工。塗工紙の中でも、印刷用紙に光……
>続きを読む
折り
1枚の紙を、それぞれの使い道に合わせた形で折り畳んでいく加工法のこと。折り加工を使ってページを増やし、レイアウ……
>続きを読む

印刷

枚葉印刷機において、給紙部分で用紙の横方向の位置を規制する金具。あるいは裁断や加工のための基準。くわえ側から右……
>続きを読む
パイリング
印刷機のローラー上やブランケット、版に対しインキが堆積してしまうトラブル現象のこと。印刷機自体の調整が上手くい……
>続きを読む
膜上/膜下
原版フィルムの膜面(感光材が塗られた面)が、文字や画像に対して正しく見える向きか逆向きかを指すワード。正面から……
>続きを読む
円網抄紙機
製紙工程において使用する抄紙機の一種。「丸網抄紙機」とも表記される。板紙など厚みのある用紙の製造に適している。……
>続きを読む
ページもの
冊子などの複数ページの印刷物。「ページもの」に対して「ぺらもの」がある。
>続きを読む
ぺらもの
複数のページではなく、1枚の印刷物のこと。ペラペラしているありさまに由来して名づけられた。「端物(はもの)」ま……
>続きを読む
棒積み
枚葉印刷機で印刷した後、印刷物をパレット(荷役台)に重ねておくこと。「一方積み」とも呼ばれる。棒積みにより紙を……
>続きを読む
端物
冊子ではなく、一枚の用紙で作られたハガキや名刺、伝票、パンフレットなどの印刷物全般を指す。「はもの」と読み、「……
>続きを読む
こすれ
折機や印刷機上などのトラブルによって印刷面に擦れが発生し、汚れや傷などがついてしまう現象。こすれが引き起こされ……
>続きを読む
ローラー目
オフセット印刷や凸版印刷において、用紙の左右方向にできる筋のようなムラ。印刷方向に対し直角にでき、濃度の高いイ……
>続きを読む
ローラー飛び
インキローラーが版面に対し均等に接しないことで生じる、等間隔に繰り返される縞ムラのこと。ローラーの硬度が適正で……
>続きを読む
レインボー印刷
インキを溜めておくインキ溝に仕切りを設置し、複数のカラーで紙の一方向を刷り分けて隣同士の色間を滲ませることで、……
>続きを読む
落丁
冊子類の丁合作業において、一部の折り丁(刷り本を折ったもの)が脱落した状態で製本されてしまうトラブル、または抜……
>続きを読む
枚葉印刷機
A判やB判など、規定されたサイズに断裁された枚葉紙の印刷を行う機械。「シート印刷機」とも呼ばれる。「印刷部」と……
>続きを読む
巻取印刷機
巻取紙に印刷する際に使用される、輪転方式の印刷機。「ウェブ輪転印刷機」ともいう。大量印刷に適している反面、版胴……
>続きを読む
トーンジャンプ
色補正を行う際に、トーンが連続的に変化している原稿が、印刷物上で視覚的に確認できるほど段差的なトーンで再現され……
>続きを読む
通し
印刷機における紙の生産量(紙を通す回数)を示す単位のこと。通し数。1色刷りでは通し数が印刷枚数、多色刷りでは色……
>続きを読む
センタートンボ
印刷物の天地・左右の中央を示す位置トンボで、多色印刷の見当合わせに用いられる目安のこと。見当トンボ、レジスター……
>続きを読む
耐刷力
印刷を行う際に使用する印刷版の性能(その版の限界通し枚数)を表す用語。版の寿命がどれほどの長さを示す用語として……
>続きを読む
損紙
印刷や製本時において発生する、印刷に失敗して使用することができなくなったくず紙。また、使えなくなった・失敗した……
>続きを読む
背標
折り丁をページの順序に集めていく丁合作業において、折本の順序を確認することを目的として、背になる部分に印刷する……
>続きを読む
ストリーク
塗工紙の流れ目方向に現れる、きわめて細い筋ができるトラブルのこと。紙の抄造過程においては、「ブレードコーター」……
>続きを読む
しみ通し
印刷したインキのビヒクルなどが反対の面まで滲みだすトラブルのこと。「ストライクスルー」あるいは「裏抜け」とも呼……
>続きを読む
刷足し
印刷を終えたあとに色の不具合や員数不足がわかった場合、補足するための印刷を行うこと。「補刷(ほさつ)」と呼ばれ……
>続きを読む
スクリーン印刷
穴の開いた版を使って印刷を行う「孔版印刷」の一種。版に絹が使われていたことにより「シルクスクリーン」とも呼ばれ……
>続きを読む
差し込み
雑誌や書籍の作製過程において、「別丁」と呼ばれる扉柄や口柄などの本文以外の印刷ページを折り丁に入れる操作のこと……
>続きを読む
グリーン調達
企業がガイドラインに従い、循環型社会の形成という目的で環境負荷の少ない原料や資材を調達すること。原材料の仕入れ……
>続きを読む
グリーン購入
買い物やサービスを受ける際に、消費者がその必要性を考慮し、環境への負担を最小限にできるものを選びながら購入を検……
>続きを読む
片だるみ
巻取機上での工程において、巻取を行う強度の不具合や印刷環境下の吸脱湿による紙の伸縮によって巻取紙が波打ち、シワ……
>続きを読む
活版印刷
版の凹凸によって印刷を行う「凸版印刷」の一種。鉛で作られた文字(活字)を組み合わせた版を使って刷る印刷方法で、……
>続きを読む
小口印刷
シリコンパッドなどを使って本の小口(切断された面)に行う装飾・印刷のこと。小口というと、一般的には本を読む際に……
>続きを読む
レジスターマーク
印刷・製版工程において、印刷物の中央位置がどこなのかを示し、見当ズレを防ぐために置かれるマークのこと。「レジス……
>続きを読む
ロット
製造数を表す単位。本来は「一組」「一山」といった意味を持つ。一度に作る数量は「ロットサイズ」と呼ばれる。「小ロ……
>続きを読む
ロータリースクリーン印刷機
シルクスクリーン印刷とグラビア輪転印刷の特徴を持つ、円筒型をしたスクリーン版を用いた印刷機。印刷対象が移動する……
>続きを読む
連量
紙1連あたりの重さ(kg)のこと。「連」は紙1,000枚(板紙100枚)を示す単位である。通常、連量が重いもの……
>続きを読む
ユニットタイプ
枚葉オフセット印刷機の型式のひとつ。ユニット型。「ユニット」とは印刷装置の一組あたりの単位で、多色機の場合は色……
>続きを読む
立体印刷
平面物の印刷において、立体感を感じられるように印刷する技法。立体印刷には、赤青メガネを使用することで、立体視が……
>続きを読む
汚れ
平板印刷を行う際、湿し水とインキのバランスが崩れたり、版上のインキが付着しない非画像部分にインキがついたりする……
>続きを読む
UCA
under color addition(下色加色)の略称。濃度が高いシャドウ部分で濃度バランスの崩れが生じて……
>続きを読む
UCR
色の3原色であるCMYが重なることによって、彩りのない無彩色となってしまった際に、刷り重なっている箇所からCM……
>続きを読む
増し刷り
部数の不足などにより、さらに刷数を追加して印刷を行うこと。あるいは追加して印刷した印刷物そのものを指す。「増刷……
>続きを読む
モットリング
ベタ部分やシャドウ部分のインキのつきが不均等になり、印刷物の濃度に斑点状のムラが出てしまうトラブルのこと。イン……
>続きを読む
モアレ
均等に繰り返された模様が重なる際に、それぞれが干渉し合って発生する縞のような模様のこと。「干渉縞(かんしょうじ……
>続きを読む
ピンホール
紙の粉やゴミなどの原因により、印刷面(ベタ面)に発生する細かな白い点のこと。粘度の低いインキを使用した場合にも……
>続きを読む
反転
アナログ製版や写真植字を行う際、画像の向きを左右反対にすること。あるいは、ネガ画像からポジに、ポジ画像からネガ……
>続きを読む
長網抄紙機
製紙を行う抄紙機の一種で、抄紙機としては初めて発明されたタイプである。抄き網部には帯のような長い網を使用してお……
>続きを読む
凸版印刷
凸状に作られた版を使用し、凸部分(画線部)にインキを付けて行う、判子と同じ原理を用いた印刷方法のこと。ヨハネス……
>続きを読む
ツインワイヤマシン
製紙する際に用いられる抄紙機の一種。ツインワイヤマシンは2枚のワイヤの間で紙層を作る縦型設計の抄紙機で、両面か……
>続きを読む
写植
写真技術を応用した写真植字機と呼ばれる機械を利用して、対象に文字や記号を印字し、版下を作成する技術。写植は「写……
>続きを読む
写真版
写真技術により印刷に使用する版を作成する「写真製版」によって作られたプリント、リバーサルフィルム、ネガフィルム……
>続きを読む
ロットナンバー
紙の製品生産時のデータを管理する製造番号のこと。「ロット番号」ともいう。紙は同じ種類のものでも、製造されたタイ……
>続きを読む
モノクロ4色分解
モノクロの原稿を4色印刷(CMYK)で再現することを目的として、カラー分解を行うことを指す。カラーインキを刷り……
>続きを読む
ノンブル
出版・印刷において、印刷物のページ番号を示す数字のこと。印刷時に切られることのないよう、枠外や余白部分ではなく……
>続きを読む
ユニット
一組の版胴と圧胴で一色刷りを行う印刷装置のこと。平版印刷に用いるオフセット印刷機においては、ゴム胴(ブランケッ……
>続きを読む
装丁
書籍の制作において、本の中身を綴じ、表紙や帯などをつける作業のこと。「装幀」「装釘」とも表記する。装丁はその本……
>続きを読む
全判
日本工業規格(JIS規格)において最も大きい紙寸法。断裁前の枚葉印刷紙の原紙サイズで、製紙された直後の大きさを……
>続きを読む
刷版
平板印刷において、印刷物を刷るために使用する印刷機に設置する版のこと。「さっぱん」と読む。平板印刷の一種である……
>続きを読む
箔押し
熱転写箔を用いた転写印刷のひとつ。本の表紙や紙器、プラスチック容器などに機械と金版で熱と圧力を与えて箔を転写す……
>続きを読む
点字印刷
対象となる紙面やプラスチックなどに横2列、縦3行の凸状の点(点字)を形成し、指先で触れることで文字として認識で……
>続きを読む
ライトテーブル
透過光が必要な製版工程において、フィルムデータの訂正やチェック、貼り込み作業、版の見当合わせなどで使用する作業……
>続きを読む
水なし印刷
本来、印刷時に使用される「湿し水」には、イソプロピルアルコール(IPA)やエッチ液といった有害な物質が含まれて……
>続きを読む
焼く
平版印刷において、フィルムや印画紙などに感光させること。データを面付けしていく集版作業においては、「返し」や「……
>続きを読む
約物
文章内で使用される、文字・数字以外の記号を総称した用語。「記述記号」とも呼ばれる。基本的に発音されることはない……
>続きを読む
輪転印刷機
印刷工程で使われる機械のひとつ。「オフ輪」と呼ばれることもある。印刷は巻取紙(ロール紙)で行い、給紙や折部、断……
>続きを読む
本の表紙やカバーにかける帯のような印刷物。別称として「腰帯」「帯紙」などとも呼ばれる。デザイン時にはキャッチコ……
>続きを読む
ゲラ刷り
印刷物においては、誤字や脱字などの不具合がないか、変更が必要ではないかどうかをチェックする工程がある。このチェ……
>続きを読む
グラビア印刷
印刷技術の一種である凹版印刷のうちのひとつ。版(シリンダー)にはセル(くぼみ)によって構成されるイメージが彫り……
>続きを読む
金属印刷
アルミやブリキなど、金属類の板表面に対して印刷を施すこと。金属印刷は主にオフセット印刷(凹凸のない版を用いて行……
>続きを読む
卸商
印刷会社や製本会社などを中心とした紙流通において、印刷物の素材用紙を(一次)代理店から仕入れて販売する(二次)……
>続きを読む
裏移り
印刷済みの用紙の面に、次に印刷した用紙のインクが付き、汚れてしまうこと。用紙のインクが裏にまで染みこむ「裏抜け……
>続きを読む
高精細印刷
オフセット印刷の一種。FMスクリーン印刷とも呼ばれる。印刷物の濃淡を表現する、等間隔の網点(あみてん)の大きさ……
>続きを読む
折込チラシ
新聞媒体に折り込まれる冊子状にされたチラシ。チラシは「散らすもの」、「散らし」から命名されたもの。新聞配達時に……
>続きを読む
カーボン印刷
複写が必要な箇所に対し、前もって紙の裏面にカーボンブラック(炭素主体の粒子)などの着色料を塗っておく印刷方法。……
>続きを読む
紙むけ
印刷時にインクが乗った部分の用紙表面が細かく剥けてしまうトラブルのこと。ピッキング(picking)とも呼ばれ……
>続きを読む
乱丁
丁合作業の際に、折丁の順番に誤りが生じること。または折り作業時の順序を間違えてしまうことで、ページ順が乱れてし……
>続きを読む
焼き込み
フィルムや印画紙などの写真乳剤が塗られた感光材に露光する際、コントラストを変化させるために、露光時間を多く調整……
>続きを読む
激安
通常の値段と比べ、製品が非常に安いさま。「破格」「格安」と同義。市場が成熟し、商品の汎用品化が進むと、差別化を……
>続きを読む
本刷り
本番の印刷を行うこと。または印刷物そのものを指すこともある。本刷りの品質の評価として、前刷りと後刷りでも版の傷……
>続きを読む
版下
印刷に使用する版面を作る際に使用する原稿。ケント紙、アート紙などを台紙ベースとして、文字や図版が張り付けられ、……
>続きを読む
濃度
画像の濃さ(画像濃度)のこと。光を照射した場合、照射した光の量と、画像に吸収されずに戻ってくるか、または透過し……
>続きを読む
付け合わせ
印刷効率を向上させる目的として、使用する紙や刷り色など、印刷条件が同一である複数種類の印刷物を同じ版に焼き付け……
>続きを読む
台割り
製本する際に、ページの構成・設計を行う作業のこと。一度に印刷可能なページ数を示す単位を「台」と呼び、台数を分割……
>続きを読む
オフセット輪転機
浜田初次郎という印刷技術家によって作られた、オフセット印刷機のうち、円筒状の圧胴に版面をセットする方式の印刷機……
>続きを読む
オフセット印刷機
印刷技術の一種である「オフセット印刷」に使用される平版印刷機。オフセット印刷では「転写」を行うことで紙などの対……
>続きを読む
オンデマンド印刷
必要に応じて必要な部数のみを印刷する方法で、名称の「On demand」は「要求に応じて」という意味を持つ。オ……
>続きを読む

カテゴリから選ぶ

読みから選ぶ

最新追加ワード

1月25日(水)は社内研修のため休業日となります。休業期間中にお問い合わせをいただきました件のご返答につきましては、
1月26日(木)以降に順次ご返信させていただきます。
  • 60秒で送信完了!かんたん入力 お気軽にお問い合せください。
  • 初めての方へ
  • 法人の方へ

かんたんチラシ料金計算機

サイズ
用紙
色数
部数
小計 51,000
比べてください!この価格!
この内容でお見積もり
  • 60秒で終わるカンタンなフォームです お気軽にお問い合せください。
お電話が繋がらない方はこちら 折返電話予約

サイト内検索

会員様専用ページ

最新情報

2017.01.04
あけましておめでとうございます。昨年中は格別のご用命を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年もイイチラシを何卒宜しくお願い申し上げます。
2016.12.13
年末年始の営業時間のお知らせ
■年末
12月27日(火)まで営業
12月28日(水)より休業
■年始
1月3日(火)まで休業
1月4日(水)より営業
0120-93-4747
受付時間/10:00~18:30
定休日/土日祝

イイチラシグループサイト

売れ筋商品ランキング

60秒で終わるフォームです 無料見積り