セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > フリペ範式 >
  3. フリーペーパー配布の種類 – プル型/プッシュ型 方法選択が効果を左右

フリーペーパー配布の種類 – プル型/プッシュ型 方法選択が効果を左右

【フリーペーパーの配布】決めておくべき配り方

フリーペーパーの配布方法は主に2種類、「PUSH(プッシュ)型」「PULL(プル)型」です。
2種類の配布方法を一言で現すと、「対象者を絞った配布型」「置いてあるだけで読んでもらえる知名度型」です。企画・作成の段階で、配布方法はどちらが適しているのか決めましょう。

>>フリーペーパーの配布などでお悩みならイイチラシへご相談を!無料相談はこちらから!


初心者向け~PUSH(プッシュ)型

プッシュ型は知名度が低い代わりに、対象者を絞り込んだ配布方法です。
読者に直接手渡しする方法と、自宅に投函するポスティング方法に分かれます。作り始めたフリペは、どうしても認知度が低いため、手渡しで受け取ってもらい、名前を覚えてもらうのが継続への一歩と言えます。

手渡しで配布

直接手渡しすることで、手に取ってくれた人に読んでもらえること間違いありません。しかし、中には読んでくれても興味を示さない読者もいます。フリーペーパーと内容をアピールするという意味では効果的ですが、集客は難しいかも知れません。

ポスティング配布

ポスティングは、地域ごとに配布エリアを絞り、住宅の郵便ポストへ直接投函することです。
対象者を性別・年齢・職業などで絞り、対象者が多く暮らす地域にポスティングすることで、広告効果のアップを高めます。
対象者が暮らしている地域は、予めポスティングして歩き確認するなど、リサーチしておきましょう。

新聞折込で配布

新聞配達業者に直接持って行き、新聞と一緒に配送してもらう方法で、新聞購読を行っている読者には確実に届けられます。チラシを確認している際に、読者の興味を惹く可能性は十分にありますが、すぐに捨てられてしまうことも。
また、近年では新聞を購読しない人も増えてきています。若年層を対象としたフリペであれば、あまりオススメできない配送法でもあります。

人気フリペ向け~PULL(プル)型

プル型は知名度のあるフリーペーパーを配布する方法ですが、対象者を絞っての配布も可能という万能タイプです。
読者となっている企業に配送する方法や、駅・コンビニなどのラックに設置し、関心を持ってもらった読者に読んでもらう方法の2種類があります。

オフィス配布

企業など、希望する一定の読者に配送される方法です。配送する企業向けに職種を絞ったフリペを作成すると、オフィス配布の需要が高まるかも知れません。

ラック配置

公共施設などに設置されているラックに配置する方法です。発行したフリーペーパーの存在を知っている人や、興味のある人が自分から持って行きます。ある程度の知名度も必要になりますが、必要としている読者の手元に確実に届きます。

ただし、ラックに配置されたフリーペーパーは、魅力や需要がないと残ってしまいます。フリーペーパーが余っても発行するという動作を繰り返していては、廃刊になってしまいます。

ラック配置で配布する場合は、ラックの中の残数量を目安に人気や需要を確認しましょう。また、配置させてもらうラックの場所が少ないと、フリーペーパーが余ってしまうので、ラックの確保も行いましょう。