セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > フリペ範式 >
  3. 【フリーペーパーの作り方】事前の準備と作成の流れ

【フリーペーパーの作り方】事前の準備と作成の流れ

初心者必読!フリーペーパーの作り方

フリーペーパーは、「フリー(自由)」という単語が付きますが、内容や書き方まで自由に作成していいという訳ではなく、しっかりと企画や記事の内容を煮詰めていく必要があります。
フリーペーパーの作成を考えている必見!フリーペーパーの作り方をご紹介します。

>>イイチラシなら企画段階から制作可能!無料相談はこちらから!


フリーペーパーを作る前に~事前準備

フリーペーパーに必要な事前の取り組みとして、発行目的/対象者の限定/配布方法/予算があります。
発行目的はフリーペーパーの作成において重要となる核心部分になります。媒体がフリーペーパーという必要があるのか広告主・読者にとってどんなメリットがあるのかということに繋がるため、明確にする必要があります。

対象者を限定する理由は、フリーペーパーを効率良く配布できることにも関係あります。
対象者を絞るということは、ある地域に住む人だけに限定することができ、対象者からの反応を上げることに繋がります。

フリーペーパーの配布方法には、配布型設置型の二通りあります。
配布型は人から人へ手渡しで配布する方法設置型は様々な場所の店頭に配置する方法です。
発行し始めたばかりの認知度の低いフリペは、手渡しによる配布の方が効果的で、名前が知られてきたら公共施設のラックに設置する配布方法に変更すると良いでしょう。

フリペの作り方を流れで解説!

フリーペーパーは広告主からの収入を土台に作成することが可能となるため、まずは広告主を募ります。
上記の取り組みが済んだら、タイトルを決め、フリペの用紙を幾つかに分配し、広告枠を作ります。広告の掲載は、枠が大きいほど広告料の相場は高くなりますが、作り始めの場合は継続を第一に考え、広告主が納得する広告費の予算を検討してください。

枠が取れたら企画と内容を作っていきます。
その都度、打ち出される企画は期間限定やシーズン限定のイベントを中心とした内容に偏る傾向にありますが、期間や季節に限らず企画を詰めたら、広告枠に広告主の情報や企画を掲載します。

記事ができたら印刷を行い、配布という流れになります。
配布方法は、上記で説明したとおり二通りあるため、どちらの配布方法で対象者に見てもらうかになりますが、創刊したばかりのフリペは手渡しがおススメ。知名度が上昇してから、設置に切り替えましょう。