セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > フリペ範式 >
  3. 無計画では失敗に…フリーペーパー成功のための発行ノウハウ

無計画では失敗に…フリーペーパー成功のための発行ノウハウ

【注意!】フリーペーパー発行のポイント

フリーペーパーは、発行すれば読んでもらえるなんて考えていると、失敗に終わってしまいます。せっかく載せた広告のアピールも無駄になります。発行部数や、それにかかる費用を見直し、印刷後の継続は可能かどうかを検討しましょう。フリペ発行のノウハウをご紹介していきます。

>>イイチラシならフリーペーパーの提案から作成まで激安で対応可能です!無料相談はこちらから!


初めは見本から作る!

フリーペーパーを作るといっても、そう簡単に作れるものではありません。それに必ずしも利益が出たり、お客様から申し込みがあるとは言えません。
そのため、いきなりフリーペーパーを発行しても、読者からの反応によっては広告主からの怒りを買ってしまう恐れもあります。

広告主を募って掲載費からフリーペーパーを作成する前に、一度にサンプルを作り、広告主に見てもらうと良いでしょう。サンプルがあることで広告掲載における話し合いがスムーズに進みます。

発行部数は少なめに

知名度も人気も少ない、初めて発行したフリーペーパーを大部数印刷しても、余ることは目に見えています。

大勢の人に読んでもらいたいから多く印刷したいという人や、読者に渡らなくても発行部数が多ければ、そのうち人気が出るという人は、既に落とし穴に嵌っています。

フリーペーパーは配布されて読まれなければ意味がありません。
創刊したばかりのフリーペーパーは、印刷する部数を控えめにし、読んでもらえるように配布しましょう。

見積もりを見直してみて

フリーペーパーの発行は、広告主にとっても自分のお店をアピールする意味でも、とても重要です。

もしフリーペーパーを発行したとして、もらっていた広告費用に見合う効果は現れるでしょうか?
見積もりは、費用対効果が得られないリスクを考慮し、じっくりと考える必要があります。初めて発行するフリーペーパーは費用の見直しを行うことをお勧めします。

継続を心がける

フリーペーパーは、継続が難しい広告物です。
実際、創刊したばかりなのに、利益が出ない為に即廃刊というケースも珍しくありません。出せば読まれる、という簡単なものではないのです。初めのうちは読まれないのが当たり前です。
それでも発行するのならば、継続が難しいことを理解してから発行してください。

それから継続を心がけることも大事です。
継続できないと考えているならば、初めから発行しないことです。反対に継続できると考える人は、フリーペーパーを継続・ブランド化させるためにやるべきことを見出すのが望ましいです。