セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > オリコミラボ >
  3. 新聞折込チラシの今後の広告効果アップに役立つ5つの要素

新聞折込チラシの今後の広告効果アップに役立つ5つの要素

新聞折込の広告効果をアップ!これからのチラシに必要な5つの要素

新聞折込のチラシ作成の際は、まずは見てほしいターゲットや広告の内容など、「折込チラシを作る目的」を決めることが必要です。

また、ターゲットに対して「どんな気持ちになってほしいのか?」「どういう行動を起こして欲しいのか?」など、促したい意識や行動を明確にすることで、さらにチラシの方向性がはっきりします。

そして、さらにチラシの広告効果を上げるためには、ここで紹介する5つの項目がおすすめです。

>>イイチラシの折込チラシなら広告効果も抜群!無料相談はこちらから!


1.QRコードでスマホと情報を共有する

新聞折込は紙媒体だからといって、決してアナログな広告媒体というわけではありません。スマートフォンの所有率が半数を超えた今、チラシでのQRコードの活用は不可欠といってよいでしょう。

具体的なQRコードの活用例は以下の通りです。

ホームページへの誘導

サイズが限られている折込チラシは紹介できる情報の量にも限りがあることから、チラシよりも多くの情報を扱うことができるホームページを役立てる必要があるのです。
読み手の興味を惹きつけながら、QRコードでHPに誘導することができれば、チラシでは伝えきれないたくさんの情報を知ってもらうことができます。

地図情報の紹介

店舗に足を運んでほしいけれど、折込チラシに詳細な地図を載せるスペースがない、という人におすすめなのが、QRコードからの地図情報へのリンクです。
スマホのGPS機能を使うことで、地図で店舗情報が分かるほか、店舗までの経路を示すことも可能になります。

スマホでチラシが見られる

最近は、ネットでチラシが見られるサイトが人気ですが、QRコードによって、スマホでチラシが見られるというサービスを用意してはいかがでしょう?
外出先でも折込チラシが見られるほか、たとえ捨てられてしまっても、後から何度もチラシを見ることができるので、広告効果の持続に役立つという効果があります。

スマホをポイントカード代わりに使う

ポイントカードを導入しているお店が多い反面、お財布が膨らむからといってポイントカードを持ち歩かない人は多いといわれています。
そこで、折込チラシからスマホにアプリをダウンロードしたり、貯まったポイントをチェックしたりするなど、QRコードによるポイントカードサービスを提供することで、顧客の継続率アップにつながるはずです。

2.お得なクーポンや割引券で集客率を上げる

カフェや居酒屋、ヘアサロン、ドラッグストアなどで抜群の集客効果を誇る、クーポンや割引券を折込チラシに掲載することで、チラシの注目度は確実にアップします。
ただし、チラシにクーポンや割引券を掲載する際は、必ず有効期限を設定するほか、採算を考慮した内容にするなどの点に注意が必要です。

3.広告以外の付加価値をつける

折込チラシを作る際に大切なのが、「捨てられないチラシを作る」ということ。そこでおすすめなのが、広告以外の読み手の役に立つ情報の掲載です。
例えば、カフェなら簡単お料理レシピ、インテリアショップならコーディネート術など。チラシを取っておいて、後でゆっくり読みたいと思わせる情報を掲載することをおすすめします。

4.写真を使って安心感を与える

いくらおしゃれでデザイン性の高いチラシを作っても、読み手にとっては、行ったことのないお店を訪れることはかなり勇気が必要です。
そのため折込チラシには、お店の雰囲気が伝わる写真やスタッフの写真を掲載してみてはいかがでしょう?あらかじめ写真を見ることで、初めて店舗を訪れるお客様に安心感を与えることができます。

5.夕刊への折り込みで目立たせる

曜日によって数が異なる折込チラシは、チラシの数が多い日に折り込んでしまうと、他のチラシに紛れてしまう可能性があるので要注意。もし、手に取ってじっくりチラシを読んでもらいたいなら、販売店に交渉して夕刊に折り込んでみるのはいかがでしょう?
新聞の銘柄にもよりますが、夕刊にチラシを折り込む地域は少ないことから、必ず購読者の目に留まるはずです。