セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > オリコミラボ >
  3. スーパーの「今日のチラシ」の活用法【賢い主婦がおすすめ!】

スーパーの「今日のチラシ」の活用法【賢い主婦がおすすめ!】

スーパーの今日のチラシを活用!折込チラシによる賢い節約術

スーパーの今日のチラシなどの折込チラシには、普段はその値段では買えないようなお宝商品が眠っているかもしれません。チラシや広告の上手な見方を身に付けて、特売品やお買い得な商品をゲットしましょう!
スーパーの折込チラシを賢く活用して、上手に節約してみませんか?

>>チラシについてのお悩みならイイチラシにお任せ!無料相談はこちらから!


折込チラシを見る前にやっておくべき事前準備

折込チラシを使って賢く買い物をするためには、事前にやっておきたい準備があります。まずは、冷蔵後や食料品のストックをチェックして、なくなりそうなものがないか把握しておくことです。特に、醤油や塩など調味料や「これがないと困る」という食材は、常にチェックする習慣を身につけてことをおすすめします。

また、「特売の時に買うものリスト」を作っておくのも、無駄のない買い物術の一つです。なくなってしまったからといって、仕方なく値引きされていない値段で買うのはNG!日頃から、価格が下がった時に買う商品をリスト化しておくことで、損をすることなく買い物をすることができます。

折込チラシの見方を身に付けよう!

スーパーのチラシには、一定の法則があるってご存知ですか?普段、何げなく眺めている折込チラシの見方を変えれば、お買い得品が一目で分かるようになるはずです。

お買い得品はチラシの左上に掲載

広告やウェブサイトなどを見る際、人はZの文字を描くように視線を動かすことから、一般的に折込チラシは、この「Zの法則」を利用してデザインされているのです。

そのため、スーパーのチラシでは、視線のスタート地点である左上から右上にかけて、おすすめの商品が掲載されているといわれています。

カラーよりも単色刷りがお得!

カラー印刷のスーパーのチラシは、お肉や野菜の写真がきれいなので、ついつい目が行ってしまいますよね?ところが、カラーのチラシは、写真の美しさでお客の気を引いている場合が多く、あまりお買い得とはいえません。

それに対して、単色刷りのチラシの売りは、見た目に魅力がない代わりに価格が魅力的。チラシの見た目重視はそろそろ卒業して、折込チラシの内面の魅力に目を向けましょう。

曜日のパターンをチェックする

スーパーによっては、曜日ごとに特売を行っている店舗があることから、その店の曜日パターンをつかむことで、お買い得品をゲットできます。

特に日曜日の午前中に、タイムセールなどの特売を行うスーパーが多いことから、お休みだからといって朝寝坊は禁物!遅くまで寝ていると、お買い得品を逃してしまうかもしれません。

商品ごとの底値をチェックしておく

スーパーのセールで売られる商品には、それ以下には値段が下がらない底値があることから、頻繁に買う商品については、普段からチラシや店頭で底根をチェックしておくことをおすすめします。

いくら「超特価!」とか「〇〇セール」と銘打って、チラシで安く売られているように見せかけていても、底値よりも値段が高い可能性があるのでご注意下さい。

タイムセールは最大の狙い目

「今月のおすすめ品」や「広告の品」「日替わりセール」「タイムバーゲン」など、スーパーの特売にはいろいろな種類がありますが、一般的にセールの期間が短いほど値引きが大きいといわれています。

そのため、セールの中では、時間が限られているタイムセールが最もお買い得。チラシを見る際、まずはタイムセールをチェックしてから、欲しい商品が売り出される時間に合わせて出かけましょう。

スーパーへ出かける際の5つの注意点

買いたい商品が決まり、いざスーパーに出かけるという時、注意すべき点があります。せっかくチラシをじっくり見てお得な商品を探したのだから、これ以上は損をしたくありませんよね?
これさえ守っていれば損をしない!そんな注意点を紹介します。

1.買うものをメモに書き出す

折込チラシを見て買いたいものが決まったら、メモに書き出しておきましょう。メモに書かれた商品以外を絶対に買わないことで、無駄な買い物を防ぐことができます。
「気になる新商品が出た」「試食をしたらおいしかった」などの、誘惑に負けない強い意志も、賢い買い物には必要なのです。

2.決めた予算しかお金を持って出かけない

買うものをメモにまとめたら、その日に使うおおよその予算を決めます。そしてその際、お財布には、予算以上のお金を入れないようにしましょう。
多めにお金を持って出かける、ついつい気持ちが大きくなって無駄な買い物をしてしまうので、お財布の中は予算ギリギリよりも、ちょっと多めぐらいがベストです。

3.その日の献立はチラシを見てから決める

「今日はトンカツが食べたい!」を家族にせがまれても、必ずしもその日に、お買い得なロースのお肉が手に入るわけではありませんよね。賢く買い物をするためには、今日のチラシを見てからその日の献立を決めるのがおすすめ
特に、今日の晩ごはん何にしよう?と悩むことが多い人は、チラシにおかずのヒントがあるので、考える手間が省けるはずです。

4.お腹がすいている状態で出かけない

お昼前や夕方など、お腹がすいている状態で買い物に出かけるのは絶対にやめましょう!お腹がすいていると、何を見てもおいしそうに見えてしまうので、予定外の買い物をする確率が上がるのです。
買い物に出かける前にちょっと小腹がすいてるなと感じたら、何かを一口つまんでから出かけるだけでも、無駄な買い物を防ぐことができます。

5.できるだけ小さな子どもは連れていかない

買い物に出かけて、子どもにジュースやチョコレートをねだられると、ついつい買ってしまうという人は多いのでは?そんな無駄な買い物をしないためには、子供連れで買い物に行かないことがおすすめ。
どうしても、他に面倒を見てくれる人がいないという場合は、出かける前にお子さんと、「お菓子は絶対に買わない」という約束をしてから出かけると良いでしょう。