セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > オリコミラボ >
  3. 【折込チラシの作り方】必要な作成ソフトの知識と事前準備

【折込チラシの作り方】必要な作成ソフトの知識と事前準備

折込チラシの作り方が分かる!やっておくべき事前準備とは?

折込チラシの制作が決まったら、早速3つの事前準備を行いましょう!作成準備で注意すべきポイントは、「予算」と「目的」をしっかり考慮することです。

>>イイチラシならお手軽激安でチラシデザインができます!無料相談はこちらから!


1.デザインの作成方法を決める

まずは、折込チラシのデザインをどのように作成するのかを決めます。デザインの作成方法には、大きく分けて以下の4つがあるので、制作者のデザインスキルやデザインの内容に応じて決めると良いでしょう。

  1. ゼロからすべて自分でデザインする
  2. 原稿や写真・素材を用意して、業者にレイアウトのみを依頼する
  3. デザインイメージを作って、デザイン起こしから業者に依頼する
  4. すべて業者にお任せする

2.紙のサイズを決める

新聞は見開きを閉じた状態でA2、四つ折りにするとA4サイズになるってご存知でしたか?そのため、折込チラシのサイズをA版にしてしまうと、配達の際にはみ出てしまうことから、折込チラシはB版にするが一般的だといわれています。

週末の新聞折込に多く見られる、大型店の2つ折りになったチラシはB3ですが、スーパーのセールのチラシのような配布の頻度が高いチラシには、大きさ・価格ともにB4がお手頃です。

3.用紙と印刷方法を決める

印刷の方法は大きく分けて、家庭用のプリンターを使って自分で印刷するか、または、印刷業者に依頼するかのどちらかです。ただし、家庭用のプリンターを使用する場合、家庭用プリンターでは印刷できない特殊紙があるので要注意。購入の際は、お手持ちのプリンターで印刷可能な用紙を選ぶ必要があります。

また、自分で印刷するよりも費用はかかりますが、クオリティの高さを求めるのなら、専門の印刷業者がおすすめ。表面に光沢があるコート紙や光沢を抑えたマットコート紙など、用紙の種類も豊富です。

折込チラシ作成におすすめのソフトウェア

もし折込チラシを自分でデザインするのなら、チラシを作成するソフトを選ぶ必要があります。その際は、デザインされる方のパソコンスキルや、印刷業者の対応などを基準にするとよいでしょう。

チラシ作成ソフトを使う

家庭用のプリンターを使用する場合や、デザイン・イラスト制作の経験がないという人には、チラシ作成用のソフトがおすすめです。

チラシ作成に特化しているので、パソコンになじみがなくても簡単にチラシを作ることができるほか、最近はメニューやPOP、ポイントカード、DMなど、さまざまなアイテムが作れるソフトも増えています。4千円前後から手に入ることから、使い方によってはお得な買い物になるはずです。

アドビ製品を使う

自分で作ったデザインを、専門業者に印刷を依頼する場合におすすめなのが、アドビシステムズから発売されている「Illustrator」や「Photoshop」です。特に、チラシが格安で印刷できるネット印刷や印刷通販では、入稿データとしてアドビ製品の指定が一般的なので、入稿がスムーズでできるはず。

Illustratorのデータの場合は、「テキストのアウトライン化」や「トンボの設定」、また、Photoshopのデータの場合は、「画像の解像度」や「レイヤーの統一」など、入稿には細かな制約があるので、事前の確認が必要です。

Microsoft Officeを使う

デザイン系のソフトは苦手だけど、「Word」や「Excel」はよく使うという人は、Microsoft Office製品を使ったデザインも可能です。ワードは文書作成ソフトというイメージが強いようですが、DTP検定3種の試験で使われていることから、Microsoft Officeソフトの中では、最もチラシ作りに向いているソフトだといえます。

ただし、Microsoft Office製品のデータによる入稿は、一部のネット印刷や印刷通販の業者に限られるほか、入稿の際に別料金を請求されることがあるのでご注意ください。

新聞折込から配布までの流れ

ここまで、折込チラシの作り方について紹介してきましたが、折込チラシの作成はこれで終わりではありません。むしろ、ここが折込チラシのスタート地点だといえます。手塩にかけて作った折込チラシの出来上がってから、各家庭に配布されるまでの流れを簡単に紹介します。

ステップ1:新聞折込業者の選定

新聞折込の業者には、それぞれの地域に根差した小規模な会社から、全国展開している会社まで規模はさまざま。さらに最近は、印刷から新聞折込の手配までを一手に扱う、ネット印刷や印刷通販の業者も増えています。

ステップ2:スケジュールやエリアの打ち合わせ

作成したチラシをいつの新聞に折り込むのか、また、配布するエリアや部数を決める必要があります。また、その際、折込チラシの納品日を決めておくとよいでしょう。

ステップ3:折込チラシの納品

いよいよ折込チラシの配布に向けて、折込業者にチラシを納品します。納品時間や納品場所を事前に確認し、きちんと納品を完了させましょう。

ステップ4:新聞販売店への配送・折込

新聞販売店ごとに仕分けられたチラシは、新聞が配達される前日には発送されます。販売店に到着後、手作業や専用の機械によって新聞への折り込みが行われるのです

ステップ5:各家庭へ配達

折り込みの翌朝、新聞販売店から新聞が配達されて、苦労して作った折込チラシが1枚ずつ、各家庭や事業所に届くのです。