セールスプロモーション

イイチラシがお届けする
チラシ印刷物の販促テクニック特集です。
効果的なプロモーション戦略、
販促品の知識や上手な活用法、
デザインも中身も優れた販促チラシを作成するコツなど、
充実の内容となっております。
大幅な集客アップや売上アップなど、
実りあるセールスプロモーションを行いたい方は、
ぜひお読みください!

  1. ホーム >
  2. セールスプロモーション > プロモーション戦略 > オリコミラボ >
  3. 【新聞の折込チラシの効果と特長】効果的な宣伝方法とは?

【新聞の折込チラシの効果と特長】効果的な宣伝方法とは?

紙媒体の強みが分かる!折込チラシの特長と効果とは?

テレビのCMや新聞の広告に比べて、広告媒体としては地味なイメージの折込チラシですが、毎日欠かさず目を通しているという人は多いはず。最近は、住んでいる地域のチラシが、ネットで簡単に検索できるチラシサイトがふえていますが、まだまだ折込チラシの人気は高いようです。

ここでは折込チラシの人気を支える、紙媒体の折込チラシが持つ強みや、チラシがもたらす効果を紹介します。

>>イイチラシでは新聞折込のお悩みも解決します!無料相談はこちらから!


1.配布日や配布エリアが細かく設定できる

新聞は、休刊日以外は毎日配達されることから、ターゲットの日やエリアを設定しやすいのが特長です。さらに、新聞はネット広告とは違って配達日に読まれることが多いため、確実に家庭や事業所に情報を届けることができます。

また、配達エリアを設定できるのも、折込チラシの特長だといえます。駅や商店街の周辺に限定するのか、近郊の住宅街まで広げるのかなど、店舗の規模や商圏によって配布エリアを決めることができるのです。

2.保存性と携帯性が高い

新聞を購読している人で、新聞や折込チラシを毎日捨てるという人は少ないはず。また、スーパーや量販店のように、数日間特売が続くようなお店のチラシを、その日のうちに処分するという人はいませんよね?このように、折込チラシは読み終わってもすぐに捨てられない、保存性が高い紙媒体だといえます。

さらに、たたんでポケットやカバンに入れて持ち歩けるのも、折込チラシの特長。広げるだけで欲しいものがチェックできるので、お店に出かけてスマホからネットでチラシを検索する方が意外と面倒なのです。

3.低予算で広告が出せる

特定のエリアに広告を出す場合、テレビや新聞だけでなく、商店街の街内放送や電柱広告に比べても、安価に広告を出すことができるのが折込チラシの特長。1回の広告費が安く済むことから、数回に分けてチラシを配布することも可能になります。

また、デザインの自由度が高いので、プロに高いデザイン料を払わなくても、パソコンとデザインソフトがあれば、お金をかけずに簡単にデザインすることができるのです。

4.比較的に訴求力が高い

ある調査結果によると、新聞を購読している人の6割が折込チラシを毎日見ているといわれるほど、折込チラシは習慣性の高い広告媒体です。特に家庭の主婦の9割近くが、チラシを見るのが好きだと答えていることから、訴求力の強さも折込チラシの魅力だといえます。

そのため、これらの特長を生かした、定期的な折込チラシの配布がおすすめ。特に、折込チラシは信頼性が高いことから、確実に集客率や売り上げのアップにつながるはずです。

5.ホームページへの拡大

折込チラシには、直接の集客率をアップするだけでなく、ホームページへの集客を高める効果があります。チラシを見て興味を持った人は、「どこにあるの?」「どんなお店なの?」など、折込チラシにはない情報を求めて、Webサイトで検索をするのです。

折込チラシでは効果がないのでは?と思われるような業種でも、折込チラシによる意外な2次効果があることから、紙媒体としての折込チラシを配布する意味はあるといえます。